« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

May 31, 2005

きょうばて

奈良県を走るJR、私鉄各線には、次のような難読駅がある。
JR桜井線京終、畝傍、櫟本、JR和歌山線御所、JR関西本線、JR奈良線平城山、近鉄生駒線平群、JR和歌山線掖上

京終(きょうばて)
櫟本(いちのもと)
御所(ごぜ)
平城山(ならやま)
平群(へぐり)
掖上(わきがみ)

May 30, 2005

◆うてな

愛媛県今治市大三島の鷲ケ頭山で28日午後4時ごろに起きた山火事は、まる1日が過ぎた29日夜になっても鎮火せず、延焼が続いている。29日午後5時50分現在で約120ヘクタールが焼けたが、民家への被害や怪我人はない。県災害対策本部などによると、自衛隊や県のヘリコプター計12機と、消防車55台が出動した。約900人態勢で消火に当たったが、東西約1.3キロ、南北約0.9キロが燃えた。火は一時、地区の集落の手前約150メートルにまで迫ったが、放水で食い止められた。

台(うてな)

なお、ウテナ化粧品の社長名は「」である。

臺(うてな)

May 29, 2005

◆とい

南伊豆地方の著名な温泉観光地、修善寺町、土肥町、天城湯ケ島町、中伊豆町は合併し、2004年4月1日「伊豆市」として発足した。堂ヶ島町のある西伊豆町はこの合併には加わらなかった。一方、隣接する温泉観光地、伊豆長岡町、韮山町、大仁町は「伊豆の国市」として2005年4月1日に発足した。お互いややこしい市名をつけたもので、ライバル同士の強烈な対抗意識が垣間見られる。観光客の迷惑なんか、これっぽっちも考えていないようだね。

土肥(とい)

なお、土肥に隣接する戸田村は沼津市と合併した。ややこしいね。

戸田(へた)

May 28, 2005

◆くつな

トライアスロンはラテン語の3の意味と連動の意味を持つ「athlon」の合成語だ。シどニー五輪から男女ともに正式五輪種目になり、「オリンピック・デイスタンス」は水泳1、5km、自転車40km、長距離走10kmという過酷な距離に挑戦する。マラソンより過酷で鉄人レースとも呼ばれている。
この壮絶な競技に鉄の意志を持って挑戦している女子選手のホープ、「忽那静香」選手は日本水球代表からトライアスロンに転向して4年になる。月収14万5千円、食事代1日500円のプロ選手だ。修行僧のようなストイックな練習を重ね、北京五輪出場を目指している。

忽那(くつな)

May 27, 2005

いざり

北海道、千歳・苫小牧地方拠点都市地域整備推進協議会(構成市町村:千歳市、苫小牧市、恵庭市、白老町、早来町、追分町、厚真町)は21世紀の国際空港都市地域を目指す話し合いを続けている。恵庭市には「漁町」「漁太」という地名がある。通常「漁」という字は、漁業、漁師、漁火のように「ぎょ」「りょう」「いさり」などの読み方がある。1字だけだと、古くは「すなどり」とも読んだ。恵庭市に問い合わせたところ、以下のような地名だった。

「漁町」「いざりまち」
「漁太」「いざりぶと」

May 26, 2005

◆あがほ

25日午前7時50分ごろ、兵庫県姫路市飾磨区山崎のJR山陽線英賀保駅で、網干発奈良行きの団体臨時列車(6両編成)が、所定の停止位置を約450メートル行き過ぎて止まった。運転士が同駅を通過しようとしたため、車掌が非常ブレーキをかけて止めたという。列車は所定の位置まで後退した後、乗客142人を乗せ、19分遅れで発車した。この列車は、同市内にある二つの小学校の児童の修学旅行用に臨時に編成されたもので、英賀保駅と姫路駅で計362人を乗せ、京都経由で奈良に向かう途中だった。

英賀保(あがほ)

May 25, 2005

◆ぴんざさら

江戸三大祭の一つ、東京・浅草の「三社祭」は最終日の22日、本社神輿が浅草神社を出て街に繰り出す勇壮な「宮出し」があり、下町は熱気に包まれた。5月20日、初日のメインは「大行列」、お囃子屋台や鳶頭の木遣り、都の無形民俗文化財の神事「びんざさら舞」、芸妓連の手古舞、白鷺の舞などが、浅草の街を練り歩いた。

びんざさら」は編木、拍板、拍木板、佐々良、笹良などの漢字があてられている。楽器としては最も原始的な木片と木片とを打ち合わせて音を出す古代楽器で、他に石とか竹材、鉄といったものまであり、楽器的名称からいえば「合撃型打楽器」といえる。びんざさらの語源は、木を編んだ小板を打ち合わせてサラサラと音を出すところから、編サラサラがづづまってびんざさらに転化したものとも、チベット語の「ビンザサーラ」からきているとの説がある。

May 24, 2005

◆ゆのつ

平成17年10月1日、大田市、仁摩町、温泉津町は合併し、新「大田市」がスタートする。
国の文化審議会は20日、石見銀山遺跡=大田市、仁摩町、温泉津町の一部を国の史跡に追加指定し、新たに旧堀氏庭園=津和野町=を国の名勝に指定するよう文部科学相に答申した。石見銀山の追加指定答申は02年3月、今年3月に続き3度目で、県内の名勝の指定答申は38年の隠岐布施海岸=隠岐の島町=以来、67年ぶり5件目となる。今回追加答申されたのは、銀山柵内=大田市大森町▽羅漢寺五百羅漢=同▽鞆ケ浦=仁摩町馬路町▽沖泊=温泉津町薫畑=の4カ所。

温泉津(ゆのつ)
大田市(おおだし)

May 22, 2005

◆あまるべ

兵庫県を走っているJR、私鉄各線の難読駅は次の通り。
JR山陰本線「餘部」、JR福知山線「石生」「柏原」、神戸電鉄粟生線「志染」、三木鉄道「西這田」、山陽電鉄本線「別府」、山陽電鉄本線「八家」、JR山陰本線「養父」、「八鹿」。

JR山陰線の餘部鉄橋は兵庫県の日本海沿いに架かり、高さが41mある。86年12月28日、強風に煽られた回送列車が、この鉄橋から転落し、車掌と下のカニ工場で働いていた主婦ら計6名が死亡した。

餘部(あまるべ)
石生(いそう)
柏原(かいばら)
志染(しじみ)
西這田(にしほうだ)
別府(べふ)
養父(やぶ)
八鹿(ようか)

May 21, 2005

◆かみかけて

片岡仁左衛門が東京・歌舞伎座で始まる「六月大歌舞伎」で、約30年前の復活上演時から取り組んでいる「盟三五大切」の三五郎を演じる。今年生誕250年を迎えた四世鶴屋南北が書き、復活後、年々評価を高めている作品だ。三五郎と対立する源五兵衛には中村吉右衛門は初役で臨み、二人の大立ち役の共演となる。

盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)

May 20, 2005

◆あせり

京都府内を走るJR、私鉄沿線には、次のような難読駅名がある。

JR山陰本線「安栖里」、JR山陰本線「石原」、JR奈良線「黄檗」、京福北野線「帷子ノ辻」、京福嵐山線「車折」、北近畿タンゴ鉄道宮津線「栗田」、「公庄」、京福嵐山線「西院」、京都市営地下鉄東西線「椥辻」、JR片町線「祝園」、京阪京津線「御陵」。

安栖里(あせり)
石原(いさ)
黄檗(おうばく)
帷子ノ辻(かたびらのつじ)
車折(くるまざき)
栗田(くんだ)
公庄(ぐじょう)
西院(さい)
椥辻(なぎつじ)
祝園(ほうその)
御陵(みささぎ)

May 19, 2005

◆さいとばる

九州最大の古墳群で、特別史跡の「西都原古墳群」(宮崎県西都市)から、国内最古級とみられる前方後円墳が確認された。長さ52メートルで、卵形の後円部と短いバチ状の前方部を持つ「纒向型前方後円墳」と呼ばれるタイプだ。本格的な巨大古墳の登場に先立つもので、3世紀中ごろまでに造られたとされる奈良県桜井市の纒向石塚などと同じ形だ。纒向型は全国で30例を超えるともいわれるが、南九州での発掘は初めて。南九州は「地下式横穴」など独自の埋葬文化を持ち、のちに「隼人」と呼ばれる人々が中央政府に反乱を起こすなど、長く中央とは一線を画してきた土地柄だ。

西都原(さいとばる)
纒向(まきむく)
隼人(はやと)

May 18, 2005

◆くじゅう

大分県竹田市久住町の久住滑空場で、第23回久住山岳滑翔大会の開会式前に練習飛行していた2人乗りグライダーが上空約70mから墜落し、教官を含む二人が死亡した。

久住(くじゅう)
滑翔(かっしょう)

平成17年4月1日、直入郡荻、久住、直入の3町は竹田市と合併、新「竹田市」が誕生した。旧竹田市は九州のほぼ中央、大分県の南西部に位置し、周囲を久住連山、阿蘇外輪山、祖母傾山連山に囲まれた盆地で、その一部は祖母傾山国定公園に指定されている。日本名水百選「竹田湧水群」や「荒城の月」の岡城跡で有名だが、南画の田能村竹田や音楽家の瀧廉太郎をはじめとして、朝倉文夫など多くの人材も輩出している。久住町は九州最高峰の久住山や大船山を仰ぎ、町内の半分が「阿蘇くじゅう国立公園」に含まれている。

田能村竹田(たのむらちくでん)
祖母山(そぼさん)
傾山(かたむきさん)

May 17, 2005

◆あてらざわ

山形県を走るJRなどの鉄道路線には、次のような難読駅がある。

JR左沢線「左沢」JR羽越本線「五十川」JR奥羽本線「置賜」山形鉄道フラワー長井線「蚕桑」JR奥羽本線「高擶」JR奥羽本線「及位

左沢(あてらざわ)
五十川(いらがわ)
置賜(おいたま)
蚕桑(こぐわ)
高擶(たかたま)
及位(のぞき)

May 16, 2005

◆しめ

福岡都市圏は福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町、古賀市、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、宗像市、福津市、前原市、二丈町、志摩町の9市10町で構成されている。福岡都市圏は地の利と温暖な気候に恵まれ、福岡市のベッドタウンとして住宅開発が進み、人口は着実に増加している。

福岡市にある筥崎宮は、宇佐八幡宮、石清水八幡宮と並ぶ日本三大八幡宮である。粕屋町には、筑前三大池の一つである駕輿丁池をはじめとする大小の溜池が散在している。

志免(しめ)
篠栗(ささぐり)
筥崎(はこざき)
駕与丁(かよいちょう)

May 14, 2005

◆みせん

安芸宮島の弥山は島がそのまま山になっている。「利尻島はそのまま利尻岳であった」というのは、深田久弥さんの「日本百名山」の有名なフレーズだが、弥山は利尻岳ほどシャープではない。山の形が仏教の聖なる山、須弥山(しゅみせん)に似ているのでそう呼ばれていたのが、いつの間にか「須」がはずれて弥山となった、とガイドブックにあった。「厳島神社では御山と書くことが多い」とも併記されていた。「御山」と書き「みせん」と読む方が納得できる。宮島は日本三景の一つで世界文化遺産にも登録されている。千畳閣、不消霊火堂、三鬼堂など、見るべき名勝や史跡が少なくない。

弥山(みせん)
不消霊火堂(きえずのれいかどう)

May 13, 2005

◆おえ

平成16年10月1日、徳島県北部中央に位置する麻植郡4町村(鴨島町・川島町・山川町・美郷村)が合併し、吉野川市が誕生した。
美郷には、日本の滝100選に選ばれた「母衣暮露滝」がある。

麻植(おえ)
母衣暮露(ぼろぼろ)

May 12, 2005

◆かんまき

北側国交相は、JR西日本に対し全線に速度超過した列車を減速させる、新型の自動列車停止装置(ATS―P)を設置することを義務付けると発表した。これは安全対策より効率優先の姿勢を是正するよう求めたものでもある。大阪府内を網羅する交通網はJR、私鉄が入り乱れ、熾烈な競争を繰り広げている。そこで、大阪を走っているJR、私鉄各線には難読駅が多く見られるので、以下列記する。

阪急京都本線「上牧」、京阪交野線「私市」、南海本線「孝子」、大阪市営地下鉄谷町線「喜連瓜破」、京阪本線「樟葉」、京阪交野線「郡津」、近鉄南大阪線「川堀口」、近鉄南大阪線「清児」、近鉄南大阪線「布忍」、大阪市営地下鉄谷町線「野江内代」、JR片町線「放出」、南海多奈川線「深日町」、JR東西線御幣島」、JR阪和線「百舌鳥」。

上牧(かんまき)
孝子(きょうし)
喜連瓜破(きれうりわり)
樟葉(くずは)
川堀口(こぼれぐち)
清児(せちご)
布忍(ぬのせ)
野江内代(のえうちんだい)
放出(はなてん)
深日町(ふけちょう)

御幣島(みてじま)
百舌鳥(もず)

May 11, 2005

◆あずみ

平成17年4月1日、南安曇郡安曇村は松本市、東筑摩郡四賀村、南安曇郡奈川村、南安曇郡梓川村と合併し新「松本市」になった。上高地、乗鞍高原、白骨温泉、沢渡温泉など、著名観光地が松本市に含まれる。周辺市町村である安曇野の中心地「豊科町」、聖高原で有名な「麻績村」などは今回の合併には参加しなかった。

安曇(あずみ)
沢渡(さわんど)
麻績(おみ)

May 10, 2005

◆ちろり

銚釐は、酒の燗をつける銅・真鍮または錫製の金属製の容器。円筒形で注ぎ口と把手がついたもので、酒を暖めるのに用いる。徳川時代以降、ちろりを用い燗をしてから、銚子に移し変えるようになった>と「灘の酒用語集」にはある。してみると時代小説の舞台となる事が多い、江戸時代中後期に飲み屋では、客の前で使われていなかったようだ。

銚釐(ちろり)

羅宇屋は、煙管と雁首をつなぐ竹の管を交換するのをなりわいとしたが、このラオって言葉の響きもバッテラと同じように、おかしなもんだよなあ。それもそのはず、羅宇は東南アジアのラオスから転じた言葉で、同国産の竹が由来となっているだけでもオドロキだが、煙管の語源もカンボジア語のクシエル(管)からきているっていうんだから、江戸時代の鎖国制度も穴だらけだよねえ。

羅宇屋(らうや、または、らおや)

May 09, 2005

◆せいてつ

合成された地名とは、例えば国分寺と立川で国立、昭和と拝島で昭島、蒲形と西郡で蒲郡、行事と大橋で行橋などの様に元の地名を組み合わせてできた地名のことである。全国には市町村の統廃合でこのような例が沢山ある。

二つの市町村が合併する際に元の地名のそれぞれ一字を持ってきて二文字の地名が出来る例が多いが、神保原のように石神、忍保、八町河原の三つの地名から一字ずつ採って三文字の地名が出来上がっている場合もある。

もっと凄いのが山梨県韮崎市清哲町である。ここはもとは清哲村といい水上、青木、折居、樋口の四つの大字が合わさって出来た村だった。水上の「水」と青木の「青」で「清」、折居の「折」と樋口の「口」で「哲」、これで「清哲」としたらしい。これは漢字を使う国でしか出来ない地名の作り方である。

清哲(せいてつ)

May 08, 2005

◆はなてん

4月25日午前9時18分頃、JR宝塚線尼崎~塚口駅間の踏切付近で発生した未曾有の脱線事故のため、尼崎~宝塚駅間で列車の運転は見合わせになった。尼崎駅で連絡するJR東西線は、JR西日本で始めての地下鉄路線である。尼崎から京橋駅まで地下で繋ぎ、学研都市線(片町線)と神戸線(東海道本線)、宝塚線(福知山線)と直通で運行している。

東西線には「御幣島」、学研都市線には「放出」「住道」「河内盤船」「祝園」という難読駅名がある。

御幣島(みてじま)
放出(はなてん)
住道(すみのどう)
河内盤船(かわちいわふね)
祝園(ほうその)

オマケ、大阪市東住吉区には「住道矢田」という地名がある。

住道矢田(すんじゃった)

May 07, 2005

◆きしく

1市10町の五島列島は、8月1日の合併で下五島(福江市、富江、玉之浦、三井楽、岐宿、奈留の5町)による「五島市」、上五島(新魚目、有川、上五島、若松、奈良尾の5町)による「新上五島町」の1市1町になる。

岐宿(きしく)

なお、旧福江市には本窯、籠淵、旧三井楽町には濱の畔、濱窄などの難読地名がある。

本窯(もとがま)
籠淵(こもりぶち)
濱の畔(はまのくり)
濱窄(はまさこ)

May 06, 2005

◆つげ

4月1日に月ケ瀬村とともに奈良市へ編入合併する都祁村で26日、閉村式があった。同村交流センターに村職員や関係者ら330人が集まり、55年の誕生から50年間親しんできた古里の名前に別れを告げた。

都祁(つげ)

May 05, 2005

◆らんじゃたい

神田神保町の路地裏にある「蘭奢待」は秋田比内鶏の専門店だが、店名の「蘭奢待」は岐阜県養老郡の地酒メーカー、玉泉堂酒造が醸造する県外向けブランド「醴泉」の大吟醸ブランドから取ったものらしい。

蘭奢待とは正倉院に保護されている国宝"香木"の名前で"天下第一の銘香”といわれ、過去に足利義政・織田信長・明治天皇が切り取ッたとい割れている。蘭奢侍の文字の中に「東大寺」の3文字が隠されているという。「蘭」には「東」、「奢」には「大」、「待」には「寺」というわけだ。

蘭奢待(らんじゃたい)
醴泉(れいせん)

May 04, 2005

◆へんざ

平成17年4月1日、沖縄県具志川市、石川市、中頭郡勝連町、与那城町、2氏町が合併し「うるま市」が誕生した。沖縄では、2002年、具志川村と仲里村の合併で久米島町が誕生して以来のことで、4市町による合併は初めてのこと。市の合併では、コザ市と美里村が合併してできた沖縄市以来となる。勝連半島と平安座島を結ぶ海中道路は与那城町管轄になる。うるまとは「 珊瑚の島」という意味で、沖縄の美称だそうだ。

勝連(かつれん)
平安座(へんざ)

May 03, 2005

◆くびき

2005年4月1日、新潟県十日町市と中魚沼郡川西町、中里村、東頸城郡松代町、松之山町が合併、新「十日町市」、同じく妙高市、中頸城郡妙高高原町、妙高村が合併、新「妙高市」としてスタートした。

頚城(くびき

May 02, 2005

◆きっちゅうじょ

恐れ入りましたを難しく表現すると、マリのように身を縮めて恐縮するってことから「鞠躬如」というそうだ。
「雲を遏む」とは、行く雲も聞きほれて止まってしまうという意味で、音曲または歌う声の優れていることを形容する言葉だそうだ。

鞠躬如(きっちゅうじょ)
遏む(とどむ)

May 01, 2005

◆かたがみ

平成17年3月22日、秋田県天王町、昭和町及び飯田川町は合併し、「潟上市」が誕生した。潟上市は秋田県のほぼ中央の沿岸部に位置する。
市名の由来として<平安初期、878年に出羽の国に反乱があり、秋田城への反乱12村落の中で「方上村」が記録されており、自然発生的村落の初見である。その地域は今日の天王、昭和、飯田川の3町地域と推定されている。「方上」の「方」は潟の意味で「潟上」にして市名とした>とある。

潟上(かたがみ)

« April 2005 | Main | June 2005 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks