« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 31, 2005

◆ういきょう

インド発祥のカレーは医食同源から生まれた家庭料理だった。使われている主な香辛料は以下の通り。

鬱金(ターメリック)、丁子(クローブ)、大蒜(ガーリック)、蕃椒(レッドペッパー)、茴香(フェンネル)、生姜(ジンジャー)、桂皮(シナモン)、月桂樹(ローリエ)、陳皮(マンダリン)、八角茴香(スターアニス)、万年老(ローズマリー)、黒胡椒(ブラックペッパー)、立麝香草(タイム)、花薄荷(オレガノ)、コリアンダー、ナツメグ、カルダモン。

鬱金(うこん)
大蒜(たいさん)
茴香(ういきょう)
立麝香草(たちじゃこうそう)

December 30, 2005

◆おおつき

東京ドーム約5つ分の広さの築地市場は水産物と青果を取り扱い「首都圏の台所」とも称される。水産物の1日の取扱高は世界一を誇る。ただ建物の老朽化と常態化した交通渋滞もあり、東京都は豊洲地区への移転を計画中で、早ければ7年後に引っ越す予定だ。大朏秀次・副場長は「元々、築地は列車輸送用に作られ、車を止めるスペースがない。豊洲新市場は約1,6倍の広さがあり、物流ラインの効率化を図り、築地以上に、首都圏のハブ市場の役割を果たす」と胸を張る。

大朏秀次(おおつき ひでじ)

December 29, 2005

◆りんねてんしょう

歌手というよりマルチタレント中島みゆきが、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に材をとった、昨年の夜会「24時着0時発」公演は大評判となった。その作中歌がアルバム「転生」として発表された。朝日新聞のインタビュー記事によると、「24時着0時発」のテーマは輪廻転生だそうだが、そのルビには(りんねてんせい)とあった。あの大歌手がへんな間違いをするのかと思い、中島みゆきのHPを見ると、「てんしょう」では仏教的な説教臭さを感じるので、敢えて「てんせい」としたとあった。

輪廻転生(りんねてんしょう)

December 28, 2005

◆とうふつこ

2005年11月8日のラムサール条約で、国際的に重要な湿地として、日本の20地域が新たに登録された。新登録された地域は下記の通り。

雨竜沼湿原 、サロベツ原野、濤沸湖、阿寒湖、野付半島・野付湾、風蓮湖・春国岱(以上、北海道)、仏沼(青森)、蕪栗沼周辺水田(宮城)、奥日光の湿原(栃木)、尾瀬(福島・群馬・新潟)、三方五湖(福井)、藤前干潟(愛知)、串本沿岸海域(和歌山)、中海(鳥取・島根)、宍道湖 (島根)秋吉台地下水系(山口)、くじゅう坊ガツル・タデ原湿原(大分)、藺牟田池(鹿児島)、屋久島永田浜(鹿児島県)、慶良間諸島海域、 名蔵アンパル(以上、沖縄)。

濤沸湖(とうふつこ)
春国岱(しゅんくにたい)
蕪栗沼(かぶくりぬま)
三方五湖(みかたごこ)
宍道湖(しんじこ)
藺牟田池(いむたいけ)
慶良間(けらま)

December 27, 2005

◆きりたっぷ

ラムサール条約は、1971年に制定され、1975年発効した湿原の保存に関する国際条約。水鳥にとって貴重な生息地である湿地を、乱開発から守る目的で作られた。今年11月の国際会議で、新たな登録地20ケ所が追加された。従来の登録地12ケ所は下記の通り。

釧路湿原、クッチャロ湖 、ウトナイ湖、霧多布湿原、厚岸湖別寒辺牛湿原、宮島沼(以上、北海道)、伊豆沼・内沼(宮城)、佐潟(新潟)、谷津干潟(千葉)、片野鴨池(石川)、琵琶湖(滋賀)、漫湖(沖縄)

霧多布(きりたっぷ)
厚岸湖(あっけしこ)
別寒辺牛(べかんべうし)
漫湖(まんこ)

December 26, 2005

◆あまたつ

「とくダネ!」はフジテレビ系列で放送している朝のワイドショー・情報番組である。1999年3月まで長年放送していた「おはようナイスデイ」を大幅にリニューアルする形で同年4月1日よりスタート。『「件・事故に芸能も!全部まとめて 情報プレゼンショー」「ワイドショーを超えたワイドショー」をモットーに、芸能ネタから社会問題まで幅広く取り上げている。

司会は、元テレビ東京アナウンサーの小倉智昭、フジテレビアナウンサーの佐々木恭子、笠井信輔というメインに加え、芸能デスクの前田忠明、そして2005年10月3日から、気象予報士の天達武史が加わったメンバーである。また、毎日様々なジャンルで活躍する人をコメンテーターとして招いている。

天達武史(あまたつ たけし)

December 25, 2005

◆ぜぜ

廃校になった足立区入谷南小学校に再生計画を、東京理科大学建築学科4年の6人がまとめ、住民たちに提案している。たとえば島崎絵里さんと膳所茜さんは旧校舎の一部を切り取り、音楽の専門学校に再生する案をまとめた。指導に当たった建築家の陶器二三雄さんは「昨今の建築会はデザインに走りすぎるきらいがある。設計演習といえば仮想の場を設定するのが一般的だから、学生たちにとっては貴重な経験となる」と語った。

膳所茜(ぜぜ あかね)
陶器二三雄(とうき ふみお)

December 24, 2005

◆かどの

拘置所から手紙を出し、公判で偽証をそそのかしたとして、池袋署は上遠野皇容疑者を偽証教唆の容疑で逮捕し、公判で偽証をしたとして、茨城県神栖市在住の杉岡正彦容疑者を偽証容疑で逮捕した。

上遠野皇(かどの こう)
神栖市(かみすし)
賀(かむら)

December 23, 2005

◆わお

宝塚歌劇団宙組のトップスター和央ようかさんが21日午後8時20分ごろ、大阪市北区の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティであったライブショー「W―WING―」(ウィング)のフライングシーンで、過って約2メートルの高さから舞台上に落下した。公演はそのまま中止となり、和央さんは大阪市内の病院に救急車で運ばれ入院した。意識ははっきりしており、精密検査を受けている。

宙組(そらぐみ)
和央(わお)ようか

December 22, 2005

◆くわい

正月が近づいてくると、活気づくのは慈姑の生産地である。全国生産高の8割以上を占めるのが、意外にも埼玉県越谷市だ。綾瀬川が運んでくる豊潤な土砂が堆積した湿地が主生産地となっている。

漢字の「慈姑」は種球のまわりの地下茎の先端に芋のついた状態が、 慈悲深い姑が子供に乳をあげている姿に似ていることから来ていると言われてる。(本当かな?)大きな芽が出る。必ず芽が出るというところが縁起物の理由だ。いくつか難読野菜名を挙げる。甘藍、莢豌豆、草石蚕、薯蕷

慈姑(くわい)
甘藍(きゃべつ)
莢豌豆(さやえんどう)
草石蚕(ちょろぎ)
薯蕷(やまのいも)

December 21, 2005

◆かばさわ

江戸川区清新町の出版会社社長椛澤英二さんは山口県下関市~東京の完歩を目指し。東海道の旧道を歩いている。17日朝、静岡県富士市の吉原宿を出て、夕方には三島市に到着した。これまでに計29日間で964kmを歩き、残りは約130km、いったん帰京し、年内に4日間かけ、日本橋を経てゴールの自宅にたどり着く。なお、大田区には糀谷という地名がある。

椛澤(かばさわ)
糀谷(こうじや)

December 20, 2005

◆どうむ

スノーボードのワールドカップ(W杯)は11日、カナダのウィスラーで男女ハーフパイプ第5戦があり、男子は成田童夢、女子は山岡聡子が優勝した。10日にウィスラーであった第4戦でも国母和宏(北海道・登別大谷高)、中島志保が優勝し、日本勢の男女アベック優勝は3戦連続となった。国母はスイスでの第3戦に続く栄冠で通算2勝目。日本の男女同時優勝も2戦連続となった。今大会は一部の海外有力選手が欠場し、6人で競う女子決勝に日本は5人が進んだ。女子で2位の水木奈歩と3位の田村弥生も初めて表彰台に立った。なお成田童夢の妹は今井メロ(夢露)、弟は成田緑夢である。

童夢(どうむ)
国母(こくぼ)
緑夢(ぐりむ)

December 19, 2005

◆まめだ

この冬一番の寒気が18日、日本列島に入り込み、北海道や日本海側で大雪となった。北陸を中心に積雪は2メートル近くになっており、18日午後6時現在の積雪は、新潟県津南町で197センチ、青森市酸ケ湯で196センチ、岐阜県白川村で193センチ、福井県大野市九頭竜で177センチなど。

金沢市では、積雪が40センチを超え、12月の積雪量としては過去20年で最多となった。犀川や浅野川の河原など市内の6カ所に臨時の雪捨て場が設けられ、除雪した雪を積んだトラックが終日列をなし、犀川右岸の大豆田大橋付近には、高さ5メートル、ほどの“雪の山”が出現した。

酸ケ湯(すかゆ)
九頭竜(くずりゅう)
大豆田(まめだ)

December 18, 2005

◆このみ

産業再生機構は16日、カネボウとカネボウ化粧品の再建支援企業に、花王と国内の3投資ファンドで構成する企業連合を選んだ、と発表した。最終入札した3陣営が提案した買収価格の中で、花王陣営が最高の約4400億円を示したためとみられる。支援した大型案件で機構が、保有する支援先企業株すべてを手放すのはマンション分譲最大手・大京に次いで2社目。まだ大手スーパー・ダイエーの株を保有しているが、機構の大型案件処理はおおむね終了したことになる。

企業再生研究のNPO理事長を務める許斐義信・慶大教授は「再生機構は多額の国民負担のリスクを背負っている割りには、日本の産業界にどう貢献しているのかが見えてこない。民間企業が市場原理の中で身売りしたり、民事再生法など法的処理で出直したり、といった既存の枠組みで十分だったと指摘する。

許斐義信(このみ・よしのぶ)

December 17, 2005

◆しかしょ

国土交通省は16日、コンサルタント会社総合経営研究所(総研)から事情を聴き、総研が開業指導した全ビジネスホテル238軒についてリストの提供を受けた。このうち24軒で偽装が見つかっていることから全ホテルを早急に調べる。

事情を聴いたのは、ホテルの設計業者に鉄筋量の削減を指示したとみられる書類を書いた総研の四ケ所猛チーフコンサルタントら。四ケ所氏は「書類に書いた鉄筋量は他の物件と比較して構造上問題ないと判断した」と説明。姉歯秀次元建築士の偽装については「(偽装ではなく)ミスだと考えていた」と述べたという。(朝日新聞)

耐震強度偽装問題で、14日の衆院国土交通委員会の証人喚問で民主党の馬淵澄夫議員が、総合経営研究所(総研)による鉄筋量削減指示の根拠として示したメモについて、総研の四ケ所猛チーフコンサルタントが16日、作成を認めた。国土交通省が同日、任意の事情聴取を行い、この席で認めたという。証人喚問で総研の内河健所長は「そのメモは知らない。調査して回答したい」と強調していた。(スポニチ)

四ケ所猛(しかしょ・たけし)

December 16, 2005

◆おおぎ

プロ野球の近鉄とオリックスで監督を務め、大リーグの野茂英雄投手やイチロー選手らを育てた仰木彬さんが15日午後4時10分、福岡市の病院で呼吸不全のため死去した。70歳だった。88~92年、近鉄監督。巧みな選手起用で勝機をつかむ采配は「仰木マジック」と呼ばれた。94~01年、オリックス・ブルーウェーブ(当時)監督。若手の鈴木一朗選手の登録名を「イチロー」と変えて話題を呼んだ。阪神大震災の起こった95年、「がんばろう神戸」をスローガンに掲げてリーグ優勝。96年、日本シリーズで巨人を倒して日本一となった。

仰木彬(おおぎ・あきら)

December 15, 2005

◆やぶ

11日午前10時10分ごろ、兵庫県養父市大屋町の飲食店敷地内に駐車していたワゴン車内で、男性3人女性1人の計4人が死亡しているのを、出勤してきた女性従業員が見つけ、110番通報した。養父署の調べでは、車内後部に七輪三つが置いてあり、練炭を燃やした跡があった。車両前部のエアコンの吹き出し口は粘着テープで目張りがしてあり、車内から女性の遺書らしきメモが見つかった。同署は集団自殺とみて、身元などを調べている。

養父(やぶ)
筏(いかだ)

December 14, 2005

◆むら

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権が10日、長野・ビッグハットで開幕。男子ショートプログラムが行われ、11月のジュニアグランプリファイナルを制した小塚崇彦(中京大中京高)が62.10点で首位に立った。2位は無良崇人、3年ぶりの優勝を狙う柴田嶺は3位。 女子SPは、ジュニアGPファイナルで準優勝した沢田亜紀が56.74点で首位。昨年は妹の浅田真央に次いで2位だった姉の浅田舞は6位と出遅れた。

無良崇人(むら・たかひと)

December 13, 2005

◆さきたま

駅伝大会に出場する中学生15人を乗せた大型観光バスを酒気を帯びて運転したとして、大田原署は11日、那須塩原市鍋掛のバス会社「光観光バス」の役員、益子正光容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕した。横林小を出発地点にして開かれた、市の駅伝大会に出場する黒磯北中学校の生徒15人を乗せ、同市埼玉の黒磯北中から横林小まで(直線距離7・4キロ)の間、バスを走らせたという。同容疑者は、「酒を飲んだのは昨日の午後4時から10時ごろまで」「急に運転手がキャンセルになった」と話しているという。同日午前8時ごろ、同署に匿名の通報があり、わかったという。

埼玉(さきたま)

December 12, 2005

◆じょか

最近の焼酎ブームで、専用のグラスやサーバーなどを取り揃えた専門店も多くなった。中でも、急須を平たくしたような酒器「千代香」。直径15cmのものは2000円前後で購入できる。使い方はとっても簡単、水と焼酎を入れて暖めるだけだ。焼酎と水の割合は均等、2、3日前から水で
割っておくとまろみ出て飲み口がいいという。それを炭火や湯煎、遠赤外線を使った調理器で37度前後の人肌に温める。千代香によっては直火に対応するものもあるが、繊細な薩摩焼は直火に耐えないから注意が必要だ。

千代香(じょか)

December 11, 2005

◆こうやつ

スポニチの釣り欄を見ると、南房総・館山の香海岸は最近まで砂浜に松林が林立した美しい浜だったが、いまは海辺の砂浜は少なく階段堤防が整備された近代的な海岸に様変わりしている。それでも海には変化がないようで、25cm強の落ちギスなどがよく釣れている。葉山・鐙摺港から出港した釣り船では、城ケ崎沖で1kgもある本ガツオと3kg前後のメジマグロをゲットしたという。

香海岸(こうやつかいがん)
鐙摺(あぶずり)

December 10, 2005

◆たなかまさひろ

巨人が来秋の高校生ドラフトで、駒大苫小牧の田中将大投手(17)の1巡目指名を決めた。巨人がこの時期に来年の指名選手を決めるのは、異例中の異例だ。MAX150キロの速球を武器に高校球界では無敵の右腕には、数球団の競合が必至だが、巨人は、早い時期から意思表示をすることで、誠意を示していく。

田中 将大:1988年11月1日、兵庫・伊丹市生まれ。17歳。昆陽里小学1年から野球を始め、松崎中では「宝塚ボーイズ」に在籍。駒大苫小牧では2年春夏と甲子園に出場し、夏は優勝。さらに国体、明治神宮大会と制覇した。家族は両親と弟。185センチ、81キロ、右投右打。

田中 将大(たなか・まさひろ)
昆陽里(こやのさと)

December 09, 2005

◆もこし

日本の錠の歴史は古く、7世紀末に建立された法隆寺金堂には錠が取り付けられていた。ほとんどの扉は内側から樫材の落し猿によって締めるが、東面の扉は外部から猿を操作して開閉できる鍵穴がつけられ、裳階東面の戸口は大きな海老錠で施錠した。

別個の錠前を用いずに、敷居や鴨居や柱に彫った穴に桟を差し込んで固定する方法を「落し猿」「上げ猿」「横猿」という。「海老錠」は錠の本体を海老の胴、ぶら下げておく鉄の横棒をヒゲに見立てて、全体の形が海老に似ていることから名付けられた。

裳階(もこし)

December 08, 2005

◆ゆすら

日本酒には様々な銘柄があって、凝った名前がつけられている。酒を飲む前に酔ってしまいそうな雰囲気だ。「山桜桃」「楽々鶴」「猩々」「吉四六」「喜量能」「春鶯囀」「上善水如」

山桜桃(ゆすら)
楽々鶴(ささずる)
猩々(しょうじょう)
吉四六(きっちょむ)
喜量能(きりょうよし)
春鶯囀(しゅんのうてん)
上善水如(じょうぜんみずのごとし)

December 07, 2005

◆ひろうじんじゃ

三重・奈良・和歌山の3県にまたがる「吉野・大峯」「熊野三山」「高野山」の三つの山岳霊場とそれらを結ぶ参詣道は04年7月に世界遺産に登録された。那智の滝を祀る飛滝神社は、熊野那智大社の別宮で、同大社は熊野本宮大社や熊野速玉大社などと並ぶ熊野三山の一つで、熊野信仰の聖地だ。那智の滝の落差は133m、日本有数の大滝を拝むには、飛滝神社の鳥居をくぐらなければならない。なにしろ滝そのものが「ご神体」なのだ。

飛滝神社(ひろうじんじゃ)

December 06, 2005

◆ちゃさんばい

狂言師で人間国宝の野村万作の狂言公演が開催される。演目は「茶子味梅」「小傘」のほか、素囃子「早舞」など。

茶子味梅(ちゃさんばい)
小傘(こがらかさ)

December 05, 2005

◆すぐり

フィギュアスケート女子シングルで、安藤美姫(17)が滑り込みでGPファイナル進出を果たした。フリーでも連続ジャンプをすべて失敗してショートプログラム4位のままだったが、上位選手のミスに助けられた。トリノ五輪へ向けて、ファイナルで巻き返す。SP2位の中野友加里(20)が逆転でGP初優勝、村主章枝(24)は2位だった。

イラク南部サマワの陸上自衛隊宿営地などを視察した額賀防衛庁長官は4日夕、帰国した。記者団に「治安は良くなりつつあるのかなという感じはした。ただ、いつ何時どういうことが起こるか予測不可能なこともある。十分に警戒し、緊張感を持っていかなければならないのは当然だ」と述べた。

村主(すぐり)
額賀(ぬかが)

December 04, 2005

◆さいかちざか

千代田区の神田駿河台、猿楽町界隈の坂巡り、猿楽通りに面する明治中学・高校脇に立つ「東京音楽大学発祥の地」の碑を右折すると、男坂が見えてくる。73段の急な石段を上がると「とちの木通り」、ここをさらに進むと突き当たりの左右が「皀角坂」となる。枝に棘があるサイカチの木が密生していたという。坂の中腹に神田上水掛樋跡の説明板がある。文京区関口の大洗堰で取水された神田上水は、坂の北側を流れる神田川の対岸からここまでは樋で結ばれ、神田や日本橋に分水されていた。

皀角坂(さいかちざか)
掛樋(かけひ)
大洗堰(おおあらいせき)

December 03, 2005

◆かみこ

人間国宝の歌舞伎俳優、中村鴈治郎さん(73)が上方歌舞伎の大名跡、坂田藤十郎を襲名し、その披露となる「吉例顔見世興行」が京都の南座で始まった。坂田藤十郎の復活は231年ぶりのことだ。

最初の演目は、和事の祖、初代藤十郎の出世作「夕霧名残の正月」。和紙製の着物「紙衣」をまとい、亡き恋人の幻と舞う甘美な姿に、超満員の客席からは、藤十郎の屋号「山城屋」の声が盛んに飛んだ。

紙衣(かみこ)

December 02, 2005

◆とうた

日本芸術院(三浦朱門院長)は29日、新会員に俳句の金子兜太氏ら9人を内定したと発表した。(敬称略)

洋画、寺坂 公雄、彫塑、蛭田 二郎、工芸(陶芸)、河合 誓徳、小説・戯曲、小川 国夫、詩歌(俳句)、金子兜太、詩歌(短歌)前 登志夫、評論・翻訳、川村 二郎、邦楽(能囃子方太鼓)、金春 惣右衛門、邦楽(長唄)、杵屋 五三郎。

金子 兜太は前衛俳句の旗手として既成の権威に風穴をあけ、現代俳句を革新した。朝日俳壇選者。02年蛇笏賞、03年芸術院賞。埼玉県出身。86歳。同県熊谷市在住。

金子 兜太(かねこ・とうた)
蛇笏(だこつ)
金春(こんぱる)

December 01, 2005

◆ごこうのみや

29日午前9時50分ごろ、京都市伏見区御香宮門前町の御香宮神社で、情報番組収録中の女優山村紅葉さんに男が殴りかかり、スタッフが取り押さえ、伏見署に現行犯逮捕された。CS放送の「京都チャンネル」の番組「山村紅葉のキラリ」で、山村さんが生まれ育った京都を紹介している。なお怪我は軽傷の模様。

御香宮神社は大型の五間社流造で屋根は桧皮葺、正面の頭貫、木鼻や蟇股、向拝の手挟に彫刻を施し、全ての極彩色で飾っている。また背面の板面の板壁には五間全体にわたって柳と梅の絵を描いている。全体の造り、細部の装飾ともに豪壮華麗で、よく時代の特色をあらわし桃山時代の大型社殿として価値が高く、昭和60年5月に重要文化財として指定された。

御香宮(ごこうのみや)
桧皮葺(ひわだぶき)
頭貫(かしらぬき)
蟇股(かえるまた)
手挟(たばさみ)

« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks