« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 31, 2006

◆たいら

遺伝子制御にかかわる「リボ核酸(RNA)」の専門家、多比良和誠教授らの解析プログラム論文疑惑について、東京大学大学院工学系研究科の調査委員会が30日最終報告を発表し、詳しく調べた4論文について「再現性、信頼性はない」と判断した。客観的データを管理保存して論文の正しさを説明する責任を、多比良教授や実験を担当した川崎広明助手が果たさなかったとした。松本委員長は「極めて捏造したと言えるに近い状態にあるが、断言するのは難しい」と話した。

多比良 和誠(たいら かずなり)

March 30, 2006

◆かんぜい

第78回選抜高校野球大会7日目の29日、2回戦第3試合の関西(岡山)―早稲田実(東京)戦があり、延長15回の末、7―7の引き分けで終わった。9回延長以降は早稲田実は先発の斎藤が投げ抜き、関西はリリーフしたダース・匡が、ともに無失点の力投を見せた。30日、第4試合に再試合が行われる。

関西(かんぜい)

March 29, 2006

◆かいた

6年3月26日、福岡県飯塚市と筑穂、穂波、庄内、頴田町の1市4町がが合併し、新「飯塚市」が誕生した。

頴田(かいた)

◆ばると

大相撲春場所は朝青龍の優勝で決着したが、十両ではエストニア出身の把瑠都が、初場所の幕下優勝に続き、1963年九州場所の北の富士以来、43年ぶりの十両全勝優勝を達成した。把瑠都は身長1、97m、体重164k、21歳。なお幕下優勝は琴禮、以下、三段目は前田、序二段は升光理、序の口は拓錦が優勝した。前田、升光理、拓錦の3力士は学生相撲出身者。

把瑠都(ばると)
琴禮(ことゆたか)
前田(まえた)
升光理(ますひかり)
拓錦(たくにしき)

March 27, 2006

◆ふるせ

瀬戸内海春の風物詩、いかなごの新子漁が兵庫県の垂水港などでピークを迎えている。今年は3月1日に播磨灘と大阪湾で解禁された。垂水港などで水揚げされた後、新鮮なまま調理され、出荷される釘煮(佃煮)が特産品として有名だ。明石浦漁協の山嵜清張さんによると、この小さな魚は日本各地の内湾に生息するが、本州以南のいかなごの寿命はわずか2-3年で、瀬戸内では成魚でも15センチくらい、この季節にピークを迎えるのは、生後2-3カ月、体長60ミリくらいまでの稚魚~若魚だという。

山嵜(やまざき)
成魚(ふるせ)

March 26, 2006

◆まきむく

最古級の古墳とされる奈良県桜井市の纏向石塚古墳(3世紀初めごろ)の周濠が、これまで考えられていた前方後円形ではなく、馬蹄形だったことが分かった。古墳の移り変わりを知る上で重要な手がかりとなりそうだ。

纏向石塚(まきむくいしずか)

March 25, 2006

◆たばいも

朝日新聞夕刊連載小説で、3月24日から吉田修一の「悪人」が始まった。吉田修一は02年に、「パレード」で山本周五郎賞、日比谷公園を舞台にした「パークライフ」で芥川賞を受賞した。今回が初めての連載小説で、題字と挿絵は現代美術家・束芋が担当する。

束芋(たばいも)

March 24, 2006

◆あさくちし

岡山県の金光、鴨方、寄島の三町が合併し、21日浅口市が発足した。浅口市は、中国地方では旧合併特例法の適用を受ける最後の合併。岡山県では04年10月1日の高梁市と吉備中央町を最初に、井原市(05年3月1日)など新市町が次々と発足。浅口市まで17件の合併が成立した。

愛知県西春日井郡の師勝、西春両町が合併して20日、北名古屋市が誕生した。名古屋市の北に隣接し、人口は約7万8000人。同県内で34番目の市となった。

浅口市(あさくちし)
師勝(しかつ)
 

March 23, 2006

◆ひながた

米国企業の日本法人が所得隠しをしたとするNHKの報道をめぐり、NHKの記者が民事裁判の尋問で取材源に関する証言を拒否したことについて、東京高裁・雛形要松裁判長は17日、証言拒絶を正当と認める決定をした。「取材源に(秘密を漏らすという)国家公務員法違反の行為を要請する結果になるとしても、ただちに取材活動が違法となることはないし、社会的公共的な価値のために取材源を秘匿する必要が相応に認められる」と判断。同じ問題で読売新聞記者の証言拒絶を認めなかった14日の東京地裁決定がとった論理を全面的に否定する内容となった。

雛形要松(ひながた ようまつ)

March 22, 2006

◆むく

秩父市蒔田の神社で、晩秋に山へ戻っていた農耕の神を里に迎え豊作を祈る「お田植え祭り」が行われた。氏子から選ばれた12人が、烏帽子に白装束、はだし姿となり、田んぼに見立てた境内で田植えの一部始終を再現。割った竹で作ったくわを振り、神馬2頭が代かきをして、稲わらを苗の代わりにして田植えを繰り広げた。「一本植えれば千本になぁーれ とうとうぼうしの種…」というのどかな田植え歌が流れ、春到来を奏でていた。

椋(むく)
烏帽子(えぼし)
千本(ちもと)

March 21, 2006

◆からと

神戸市北区有野町唐櫃の神戸電鉄有馬線・有馬駅構内で下り普通電車が脱線した事故で、兵庫県警は実況見分を始めた。

埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園では、マンジュシャゲの花が見頃を迎えている。残暑が厳しかった今年は発芽が遅れ、昨年より10日も遅く開花した。敷地内には100万本以上のマンジュシャゲが群生している。

唐櫃(からと)
巾着田曼珠沙華(きんちゃくだまんじゅしゃげ)

March 20, 2006

◆まっさき

防衛庁は17日、陸海空3自衛隊の指揮・命令系統を一元化するために新設する統合幕僚監部の初代幕僚長に先崎一・統合会議幕僚会議長を充てるなどの人事を決めた。

先崎一(まっさき はじめ)

March 19, 2006

◆まそびょう

横浜中華街(横浜市中区)で17日、中国の海の女神をまつる媽祖廟が開廟された。商売の神・関羽をまつった関帝廟に続く中華街の二つ目の廟だ。この日の式典には華僑や観光客らが集まり、中華街伝統の獅子舞で廟の完成を祝った。

媽祖は、海を渡って病や災いから人々を守ったとされ、福建省など中国沿岸部や台湾でとくに信仰があつい。2階建てで八角形の廟堂や牌楼と呼ばれる門は、赤や金、青など鮮やかな色合いと細かい彫刻が特徴だ。

媽祖廟(まそびょう)
牌楼(ぱいろう)

March 18, 2006

◆たいざ

冬の食材の王様は「ずわい蟹」、京都以西では「松葉蟹」、北陸では「越前蟹」、ロシアからの冷凍輸入物はただの「ズワイガニ」と呼ぶ。カニもマグロと同じく水揚げされた漁港によってその価値が変わる。松葉ガニとしては丹後半島の間人港が最高ブランド、以下津居山港、柴山港と続く。越前ガニとしては三国港が有名だ。

間人(たいざ)

March 17, 2006

◆うるいど

12日午前3時ごろ、埼玉県蓮田市閏戸のホームセンター「カインズホーム蓮田店」で、現金自動出入機(ATM)コーナーのガラスが破られ、武蔵野銀行のATM1台が現金4769万円ごと盗まれた。調べでは、駐車場に1月下旬から今月上旬にかけて、近県で盗まれたショベルカーと4トントラックが放置されており、これらが犯行に使われたと見ている。

閏戸(うるいど)

March 16, 2006

◆ほうぜ

若狭を代表する秋祭り、小浜市の放生祭(県無形民俗文化財)の料理を復活させようと、小浜公民館で9日、料理の試作会が開かれた。「放生の味さがし」の女性たちが巻きずし、焼き鯖そぼろの押しずし、あえなます、煮しめ、鯖のぬた、小鯛のそうめん、金時豆の甘煮の七品を料理した。祭りの日には焼き鯖、紅白のかまぼこ、赤飯の三点セットを親せきなどに届けたり、来客に持ち帰ってもらったりするという。

放生(ほうぜ)

March 15, 2006

◆いずみ

06年3月13日、鹿児島県出水市と野田、高尾野町が合併し、新「出水市」がスタートした。
富山県氷見市で市長選が行われ、堂故茂氏が無投票で3選された。

出水(いずみ)
氷見(ひみ)
堂故茂(どうこ しげる)

March 14, 2006

◆たかぎむら

イチゴ狩りの観光農園スタートからことしで20周年を迎えた喬木村で5日、イチゴ祭りが開かれた。喬木村のイチゴ狩りは県内の先駆けで、1987年に開始、ピーク時は年間約6万3000人が足を運んだ。県内に同様の観光農園が広まり、2万人台まで落ち込んだ時期もあったが、味の良さが口コミで広がるなどして3万人台まで盛り返している。

喬木村(たかぎむら)

March 13, 2006

◆あきら

学術情報サービス会社「トムソンサイエンティフィック社」(本社・米国)は引用回数が多く、影響力の大きい科学論文の世界ランキング(04~05年度)を発表した。研究者別で、11本の論文が入った阪大の審良静男教授(免疫学)が世界1位に、新潟大の田村詔生教授(物理学)が8本(米国研究者と同数)で2位に入った。

ランキングは、04~05年度に発表された論文で、直近の05年9~10月の2カ月のうちに他の研究者に引用された回数を、22の研究分野ごとに分析。上位0.1%に入った論文数を比べた。

このほか、日本からトップ21に、東工大の渡辺靖志さん、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の羽澄昌史さん、名古屋大の飯嶋徹さんら計5人が入った。国別の人数で日本は、計10人が入った米国に次いで2番目に多かった。

審良静男(あきら しずお)
田村詔生(たむら のりお)
羽澄昌史 (はずみ まさし)

March 12, 2006

◆さいとう

酒に酔って路上で女性に抱きついたとして、警視庁は9日、福生署巡査部長歳桃涼二容疑者を強制猥褻容疑で逮捕した。調べでは深夜八王子市の路上で、通行中の20代の女性に一緒に飲もうなどと声をかけ、断られると抱きついてキスをした疑い。

90年11月、足立区の路上で刺された上に車でひかれた死亡事件で、時効成立の直前の昨年11月、殺人罪で起訴された神酒年雄被告の初公判が行われ、神酒被告は全面的に無罪を主張した。DNA鑑定が起訴の決め手とされたが、弁護側は鑑定に信用性がないと争う姿勢を示している。

福生(ふっさ)
歳桃(さいとう)
猥褻(わいせつ)
神酒(みき)

March 11, 2006

◆ひろし

3月10日付け、朝日新聞お悔やみ記事から

三原 坦さん(元九州朝日放送専務、元朝日新聞西部本社社会部長、福岡総局長)が8日、肝臓がんで死去、70歳。葬儀は11日正午から福岡市西区姪浜駅南2の20の25の天国社姪浜会館で。

大谷 坦さん(元富士火災海上保険常務)が8日、肺炎で死去、74歳。葬儀は11日午前11時から神奈川県綾瀬市寺尾南3の16の10の綾瀬寺尾会館で。

三原 坦さん(みはら・ひろし)
大谷 坦さん(おおたに・あきら)

◆はざま

健康食品として知られるキノコ「アガリスク」を生産する岐阜県郡上市の第3セクター「岐阜アカリスクファーム」が事実上操業停止に追い込まれた。厚生労働省が2月、アガリスク製品の一部に発ガンを促す作用があると発表して以来、注文が止まってしまったためだ。この施設は99年設立、資本金6100万円のうち当時の和良村(現郡上市)が4000万円を出し、現在の社長は硲孝司市長が務める。施設は約5億円かけて建設し、栽培ハウスは12棟、国内最大規模のアガルスク栽培設備だ。

硲孝司(はざま こうじ)

◆たうたまつり

浜松市雄踏町宇布見の息神社で5日、伝統の田遊祭りが行われた。本殿に集まった同神社に奉仕する宮座や氏子などの前で、神主が祝詞と玉ぐしを奉じた。参加者が「田遊神楽歌」を詠じる中、本殿内に作られた畳2畳分の「田所」に参加者が種もみをまいた。神楽歌の最後に、全員で「万歳楽」と21回唱和する声に合わせて、稚児衣装に身を包んだ4人の少女が田所を3回まわり、今年1年の五穀豊穣を祈った。

田遊祭り(たうたまつり)

March 08, 2006

◆いちざわはんぷ

厚手の布製かばんで知られる「一澤帆布工業」(京都市東山区)が6日、休業状態になった。経営権をめぐる兄弟らの争いの影響で2月末には製造が止まっており、在庫もなくなったという。同社では、亡くなった先代会長の遺産相続の遺言をめぐって、前社長で弟の一澤信三郎氏(57)と信太郎氏が訴訟で争い、信三郎氏の敗訴が確定。臨時株主総会で信三郎氏らは役員を解任され、新たに信太郎氏らが選出された。

一澤帆布(いちざわはんぷ)

March 07, 2006

◆まりこ

上田市、丸子町、真田町、武石村の合併による新しい上田市が3月6日発足した。人口は163、645人となり、長野県では長野市、松本市に次いで3番目。面積は552平方キロメートルとなる。

丸子(まりこ)

March 06, 2006

◆いちひめ

女人厄よけの神様で知られる京都市下京区の市比売神社の「ひいな祭り」が3日、同神社と近くの「ひと・まち交流館京都」で営まれた。大ひな壇には平安時代の衣装をまとった「ひとびな」が登場。三人官女が優雅な舞を奉納し、会場は春めいた空気に包まれた。同神社では古くからひな祭りを祝ってきたが、春の訪れを喜ぶ貴族の姿を再現しようと約20年前に始まった。
 
市比売(いちひめ)

March 05, 2006

◆まゆずみ

今週から中央競馬に新人ジョッキーが参戦する。今年は公営・園田から移籍してきた岩田康誠騎手(31)=栗東・フリー=が注目されているが、GIジョッキーで現調教師の的場均師ジュニアの勇人騎手(18)も期待のルーキー。土日とも中山で、師匠でもある父の管理馬など4頭に騎乗。その他、東西合わせて、船曳文士黛弘人など7名がデビューする。

田康誠(いわた やすなり)
船曳文士(ふなぶき ぶんし)
黛弘人(まゆずみ ひろと)

March 04, 2006

◆かみくいしきむら

山梨県上九一色村が3月1日に分村し、北部は甲府市、南部は富士河口湖町に編入合併する。「平成の大合併」で全国初の分村合併で、オウム真理教の拠点として知られた「上九一色」の地名が地図から姿を消す。富士山北ろくにある村は1889年、九一色村から分割して誕生。御坂山地が村を南北に分断し、北部と南部で生活圏が異なるため、分村合併が持ち上がった。北部は古関・地区、南部は精進・本栖・富士ヶ嶺地区だった。

上九一色村(かみくいしきむら)
梯(かけはし)
精進(しょうじ)

March 03, 2006

◆みつはし

興産信用金庫が暴力団関係企業に4億円を不正融資したとされる事件で、警視庁は2日、同金庫の首脳が不正融資を主導した疑いが強まったと、興産信金会長、理事長、常務理事など信金側5名と、住吉会系暴力団組長、会社役員三觜邦介ら暴力団関係者2名を背任容疑で逮捕した。

三觜(みつはし)

March 02, 2006

◆ところ

06年3月1日、北海道北見市、端野町、常呂町、留辺蕊町の1市3町は合併し新「北見市」として発足した。トリノ冬季五輪で、すっかりお馴染みとなったカーリング女子チーム、小野寺歩スキッパーなど主力選手は旧常呂町の出身だ。

常呂(ところ)
留辺蕊(るべしべ)

March 01, 2006

◆いやさん

06年2月28日、新しい7つの市がスタートした。徳島県三野、池田、山城、井川町と東祖谷山、西祖谷山村が合併し「三好市」、高知県赤岡、香我美、野市、夜須町が合併し「香南市」、高知県土佐山田、香北町と物部村が合併し「香美市」、その他である。

祖谷山(いやさん)
香南市(こうなんし)
香美市(かみし)

« February 2006 | Main | April 2006 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks