« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

July 31, 2006

◆ゆうか

30日午後2時50分ごろ、島根県美郷町都賀本郷の江の川の河原で遊んでいた広島県廿日市市阿品台北、看護師向井木綿花さん(29)の長女望和ちゃん(2)と長男空和ちゃん(4)が流されたと、江津邑智消防組合に通報があった。一緒にいた木綿花さんが、約80メートル下流の浅瀬で望和ちゃんを助け、病院に運んだが、死亡が確認された。消防や川本署などが約50人態勢で空和ちゃんを捜したが見つからず、午後9時40分に捜索をいったん打ち切った。31日朝から再開する。

廿日市(はつかいち)
江津邑智(ごうつおおち)
木綿花(ゆうか)
望和(のわ)
空和(くおん)

July 30, 2006

◆あぼし

高松塚古墳(奈良県明日香村)発掘やインドの仏跡調査などで知られる考古学者で、関西大名誉教授の網干善教さんが29日、奈良県生駒市の病院で死去した。78歳だった。明日香村生まれ。1972年の高松塚古墳発掘を当時の末永雅雄・奈良県立橿原考古学研究所長(故人)の指揮の下で実施。わが国初の壁画古墳となった高松塚古墳壁画を発見した。その後も同村の中尾山古墳、牽牛子塚、マルコ山古墳発掘やキトラ古墳の非発掘探査を手がけた。86年からは関西大の調査隊を率い、インドの仏跡調査をした。

網干善教(あぼし よしのり)
牽牛子塚(けんごしづか)

July 29, 2006

◆さんかくぶち

これからの考古学や関連分野を担う優れた研究者に贈られる第19回浜田青陵賞に大阪大教授の福永伸哉氏(46)が選ばれた。福永氏は考古学専攻。「三角縁神獣鏡と国家形成の研究」が選考委員会で高く評価された。賞は同市出身の浜田氏の没後50周年を記念して創設された。

三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)

July 28, 2006

◆いわいぶね

大阪天満宮の天神祭が24日に宵宮を迎え、大阪市北区の堂島川では、祭りの安全を祈る鉾流神事があった。神職ら5人が乗り込んだ斎船は川の中ほどにこぎ出し、今年の神童に選ばれた大阪市立西天満小5年の栗巣慎也君(10)が、白木の神鉾を流した。本宮の25日は、午後6時から約100隻の船が大川を行き交う船渡御があり、午後7時からは約4千発の花火が打ち上げられた。

鉾流(ほこながし)
斎船(いわいぶね)

July 27, 2006

◆そうすけ

NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」のヒロインを熱演中の人気女優・宮崎あおい(20)と、イケメン若手俳優との交際が20日、発覚した。21日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じているもので、お相手は映画「パッチギ!」での番長役などで知られる高岡蒼甫(24)。同誌は、高岡が都内の宮崎の自宅マンションと仕事先の劇場とを連日、車で行き来する様子などを紹介。ともに多忙ですれ違いが続くものの、2人のラブラブぶりを「同棲生活」と伝えている。

高岡蒼甫(たかおか そうすけ)

July 26, 2006

◆まさひろ

第88回全国高校野球選手権南北海道大会決勝が25日、札幌円山球場であり、駒大苫小牧が札幌光星を11―1で破って、4年連続6回目の甲子園出場を決めた。昨夏、57年ぶりの全国選手権2連覇を成し遂げた駒苫はこの夏、73年ぶり史上2校目の3連覇に挑む。球場には満員の2万4千人の観客が詰めかけ、駒大苫小牧は本塁打3本を含む18安打で得点を重ね、投げては田中将大主将(3年)が9安打を許しながらも16三振を奪って、要所を抑えた。

田中将大(たなか まさひろ)

July 25, 2006

◆ひろの

岩手県洋野町の会社員上野紀子さん(52)と次女の会社員友紀さん(25)が行方不明になっている事件で、県警久慈署捜査本部は25日未明、青森県八戸市の塗装業若を死体遺棄容疑で緊急逮捕した。調べによると、若林容疑者は紀子さんの遺体を洋野町種市の山林に遺棄した疑い。県警は紀子さんの遺体を発見した。また、友紀さんの殺害を認める供述も始め、遺体を遺棄した場所も話しており、県警は捜索を進める。

洋野(ひろの)町

July 24, 2006

◆くみやま

7月22日、京都府八幡市の木津川にかかる「上津屋橋」を、自転車で久御山側から八幡方面へ向かっていた小学校3年生の女児が自転車とともに増水した4m下の川へ落下したが、30分後にヘリコプターで救助された。「上津屋橋」は通称流れ橋と呼ばれ、全町356m、幅3,8m。欄干のない日本最長級の木製の橋で、時代劇ドラマや映画撮影のロケ地としてよく利用されている。

久御山(くみやま)

July 23, 2006

◆あもりがわ

国土交通省などによると、九州では、この大雨で各地で川が増水し、鹿児島県、宮崎県、熊本県のあわせて6つの河川で氾濫の恐れのある危険水位を超えた。7月22日午後2時20分現在、危険水位を超えているのは、次の6河川である。鹿児島県大口市やさつま町、湧水町、宮崎県えびの市を流れる「川内川」、鹿児島県菱刈町の「羽月川」、鹿児島県出水市の「米ノ津川」、鹿児島県霧島市の「天降川」、宮崎県国富町の「本庄川」、熊本県人吉市と球磨村を流れる「球磨川」。

川内川(せんだいがわ)
天降川(あもりがわ)

July 22, 2006

◆きゅうしつ

文化審議会は21日、重要無形文化財保持者(人間国宝)に、沖縄の伝統芸能「組踊」で立方(役者)を務める宮城能鳳氏(67)・(沖縄県与那原町)ら3人を認定するよう小坂憲次文部科学相に答申した。答申はほかに、漆工芸の◆漆で小森邦衛氏(61)・(石川県輪島市)、鍛金で田口寿恒氏(66)・(東京都文京区)をそれぞれ人間国宝に追加認定するよう求めた。これにより、人間国宝は重複認定1人を含め116人となる。故人も含めた延べ認定数は312人となる。なお、「◆漆」とは、へらや刷毛で漆を塗る技法のことをいう。

組踊(くみおどり)
立方(たちかた)
◆漆(きゅうしつ)◆は髪という字の友が休
田口寿恒(たぐち としちか)

July 21, 2006

◆いおきべ

政府は19日、第8代防衛大学校校長に、五百旗頭真神戸大教授(62)を起用する人事を内定した。防大校長は、西原正・前校長が3月に勇退した後、空席となっていた。五百旗頭氏は京都大法卒。日本政治外交史や日米関係が専門で、2004年4月に小泉首相の私的諮問機関「安全保障と防衛力に関する懇談会」のメンバーに就任。防衛力整備について、弾道ミサイルなど「新たな脅威」への対処や国際平和協力への積極的取り組みなどを求めた報告書づくりに参画した。

五百旗頭真(いおきべ まこと)

July 20, 2006

◆かんど

活発な梅雨前線の影響で、18日から19日にかけて全国的に強い雨が降り、各地で土砂崩れなどの被害が相次いだ。島根県出雲市では、車で避難所に向かった家族3人の行方不明となった。近くの神戸川に車が流された可能性があるとみて捜索していたが、下流約20キロで、家族に一人、高校1年生の遺体を発見した。

京都府京丹後市丹後町間人では午前4時10分ごろ、天理教竹都分教会長、増田さん方に隣接する斜面が崩壊し、2階建ての教会兼民家に土砂が入り込んだ。増田さんと次女の恭子さんの行方がわからず、京丹後市消防本部が救出活動にあたっている。

神戸(かんど)川
間人(たいざ)

July 19, 2006

◆なこうどじま

小笠原諸島は聟島列島(聟島、嫁島、媒島、北ノ島等)、父島列島(父島、兄島、弟島等)、母島列島(母島、姉島、妹島等)、火山列島(北硫黄島、硫黄島、南硫黄島)の4つの列島と孤立した島である南鳥島、沖ノ鳥島、西之島からなる。父島と母島以外は無人島である。媒島などではヤギが野生化して、小笠原固有の植物などが食害を受けている。都はノヤギの駆除と植生の回復を図る事業を進めている。

聟島(むこじま)
媒島(なこうどじま)

July 18, 2006

◆かびらきえい

久米宏の「ニュース・ステーション」スポーツ・コーナーでサッカー担当となり、その旺盛なパフォーマンスですっかり人気者となった「かぴら」はその後もサッカー解説などで活躍する傍ら、俳優・ミュージカルスターとしての地歩を固めている。この川平慈英は沖縄生まれ、日本人の父とアメリカ人との間に生まれたハーフだ。4つ違いの兄はデイスク・ジョッキーとして有名な川平慈温で、2人とも元サッカー選手だった。

川平慈英(かぴら じえい)
川平慈温(かぴら じおん)

July 17, 2006

◆おうが

「弓取り」とは大相撲結びの一番の勝者に代わり、立行司から弓を受け取り、決められた所作で弓を振る力士の儀式をいう。弓取り関取、皇牙は西十両7枚目、中日まで6勝2敗の好成績を残している。場所前から横綱朝赤龍の稽古相手に指名され、しごかれ続けた成果が出ている。午後1時に場所入りし、6時の打ち出しまで仕事をする忙しい15日間だが、十両優勝のチャンスも出てきた。

皇牙都嵯(おうが とさ)

July 16, 2006

◆かきやま

博多祇園山笠のフィナーレを飾る「追い山」が15日早朝行われ、7つの舁き山と上川端通の飾り山が福岡市博多区の街を駆け抜けた。約5キロの追い山コースの沿道には多くの見物客が詰めかけ、必死の形相で約1トンの山を担ぐ男衆に声援と「勢い水」を送った。

流(ながれ)
舁(か)き山
勢(きお)い水

July 15, 2006

◆こあくつ

6月後半の朝日新聞「声」投稿者の中から。
「卒業式判決について」 小圷洋仙
「参院の調査費」蘇武昌春
「自殺予防」栢沼藤乃


小圷洋仙(こあくつ ようせん)
蘇武(そぶ)昌春
栢沼(かやぬま)藤乃

July 14, 2006

◆いざわ

松阪市の指定無形民俗文化財・射和祇園祭が12日、同市射和町でにぎやかに繰り広げられた。悪霊や病魔の退散を祈り、元禄年間から続くとされる伝統行事。かつて水銀を原料とした、化粧品や薬などに珍重され、隆盛を極めた射和軽粉の製造道具が祭ばやしに用いられるなど、地元の特徴的な歴史を刻んだ祭りとして、今日まで引き継がれている。

射和(いざわ)

◆ゆすはら

作家司馬遼太郎は「街道をゆく」にこう書いた。「千年来、檮原の山々にきざみつけてきた先人の営みはこの田が証明している」。高知県梼原町を訪れ、「神在居の千枚田」を見ての感想だった。95年9月梼原町で第1回の棚田サミットが開かれ、全国142町村から1200人が集まった。棚田ブームの起爆材となり、農水省は「棚田百選」を選定し、助成金を出すようになった。

檮原(ゆすはら)
神在居(かんざいこ)

◆さきとう

米アップルコンピュータ副社長で、同社日本法人代表取締役としてデジタル携帯音楽プレーヤー「iPod」シリーズの日本市場戦略を推進してきた前刀禎明氏(47)が、10日付で退社したことが分かった。関係者によると起業を目指している模様だ。

前刀氏はソニー、米AOL日本法人を経て、99年に無料インターネット接続会社「ライブドア」を設立した。旧ライブドアは経営に行き詰まり、民事再生法を申請してオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)に事業譲渡。前刀氏は04年4月にアップルに入った。

前刀禎明(さきとう よしあき)

July 11, 2006

◆がが

峩々温泉は蔵王山麓に建つ一軒宿。「峩々」は山が険しくそびえ立つさまを表す言葉。湯は蔵王山の火山活動が活発だった9世紀中期に湧いたといわれる。19世紀中期に、傷ついたシカを追ってきた猟師が発見、「鹿の湯」と名付けられた。その後、荒廃したが、明治初期に、群馬県人の竹内時保が再発見し、開業した。

峩々(がが)温泉

July 10, 2006

◆むしし

日刊スポーツ社は、人気アニメ「蟲師」のDVD第5集収録分の先行上映「蟲の宴」を全国6大都市8会場で総勢3360人を招待して行う。今回上映されるのは今年5月から6月にかけてBSフジにて放映された全6話「綿胞子」「沖つ宮」「錆の鳴く聲」「篝野行」「眼福眼禍」「草を踏む音」 。

動物や植物でもない、命の原生体に近いものたちを総じて「蟲」と呼ぶ。この「蟲」と「ヒト」とをつなぐ「蟲師」のギンコ。放浪の旅をしながら、蟲がヒトの世界に及ぼす不可思議な現象を解決していく。現在、月刊アフタヌーン(講談社)で大人気連載中。「第30回講談社漫画賞」を受賞し、アニメーションとして新しい命を吹き込まれた。原作・漆原友紀、監督・長濱博史。

蟲師(むしし)
篝野行(かがりのこう)

July 09, 2006

◆やはぎ

太平洋戦争末期の山口県徳山沖で、沖縄海上特攻作戦に向けて準備中の戦艦大和を撮影した米軍の偵察写真が米国立公文書館で見つかり、広島県呉市の大和ミュージアムが3日、発表した。出撃の5時間前の姿をとらえた写真といい、年内に同館で展示される。写真は45年4月6日午前10時、米軍の偵察機が高度約9300メートルから撮影した。一緒に特攻に向かった巡洋艦矢矧なども写っていた。大和を旗艦とする第2艦隊は撮影直後の6日午後に出撃。大和は翌7日午後、東シナ海で米軍機の攻撃を受けて沈没した。

矢矧(やはぎ)

July 08, 2006

◆みすず

伊那市美篶の笠原区で第13回ホタル祭りがあり、区民多数が飲食や演芸を楽しみ、夜空に舞うホタルを観賞した。同区はホタルが生息する自然を守ろうと地域住民が立ち上がり、美篶土地改良区による農業用水の改修工事に伴い、昨年度までに延長約200mの水路を整備、水路斜面への芝張り、カエデやヤナギなどの樹木を植栽して、よりよい環境に整えた。

伊那市は次の9地区に分かれている。伊那、手良、美篶、富県、東春近、西春近、西箕輪、高遠町、長谷。

美篶(みすず)
手良(てら)
富県(とみがた)

July 07, 2006

◆ふりょ

公開中の映画「バルトの楽園」は公開から13日間で50万人を突破した。この映画は第1次世界大戦で日本軍の捕虜となったドイツ兵に、軍の方針に逆らってまで人道的に接した徳島県板東俘虜収容所長・松江豊寿夫妻の実話に基づいて製作された。捕虜となったドイツ兵が帰国の際、人道的に扱った収容所員に対し、ベートーベンの「第九」の演奏で、感謝の意を表した史実がクライマックスになっている。松平健、高島礼子らが出演している。

板東(ばんどう)
俘虜(ふりょ)
収容所

July 06, 2006

◆ながれ

博多祇園山笠が1日、開幕した。福岡市内14カ所で、華やかな人形や飾り物を載せた「飾り山」が一斉に公開された。同日夕には、各の当番町が東区の箱崎浜で真砂を集める「お汐井取り」に臨む。男衆がかつぐみこし「舁き山」に対し、飾り山は博多人形や色とりどりの飾りで趣向を凝らす。博多祇園山笠は10日夕の「流れ舁き」から舁き山が登場。本番のリハーサルとされる12日夕の「追い山ならし」を経て、15日早朝にフィナーレの「追い山」を迎え、博多の街は山笠の熱気に包まれる。

流(ながれ)
お汐井(しおい)取り
舁(か)き山

July 05, 2006

◆なぎはら

豊和銀行は3日、整理回収機構の幹部だった2人を取締役含みで顧問に迎えたと発表した。同機構の元執行役員の梛原憲治氏と、元企業再生部担当部長の武内雅生氏で、就任は1日付。梛原氏は次期頭取への就任が有力視されている。梛原氏は大分県中津市出身で、旧日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)の福岡支店長などを経て、2000年に同機構に転じた。

梛原(なぎはら)憲治

July 04, 2006

◆かたばみ

大賞2000万円という文芸作品への賞金で日本最高額の公募新人賞、ポプラ社小説大賞の第1回受賞者が30日発表された。大賞は方波見大志「3分26秒の削除ボーイズーぼくと春とコウモリとー」、優秀賞は眞田コジマ「鉄塔の上から、さようなら」、長谷川安宅「見つめていたい娘」が選ばれた。

方波見大志(かたばみ だいし)
長谷川安宅(はせがわ あたか)

July 03, 2006

◆いんにゃく

能登のキリコ祭りシーズンの到来を告げる七尾市府中町の印鑰神社の「互市祭り」は1日夜行われ、旧九町から大小12基の奉燈や山車が繰り出し、町内を勇壮に巡った。小雨の中、午後7時半ごろ、太鼓や鉦の音が響き、そろいの法被姿の若衆らは威勢の良い掛け声に合わせ、神社へと練り歩いた。

印鑰(いんにゃく)神社
互市(ごいち)祭り

July 02, 2006

◆うばがい

サッカーJ1「ジェフ千葉」のイビチャ・オシム監督(65)の次期日本代表監督就任が1日、事実上内定した。千葉の合宿先である岐阜県飛騨市でオシム監督、千葉の淀川隆博社長、祖母井秀隆GM)、日本サッカー協会の田嶋幸三技術委員長による話し合いを行い、千葉側が日本代表監督への就任に意欲的なオシム監督の意思を尊重する形で“合意”。W杯ドイツ大会終了後にもオシムジャパンが正式に誕生する。

祖母井(うばがい)秀隆

July 01, 2006

◆たじき

松尾邦弘検事総長(63)が辞職することになり、政府は30日の閣議で、新しい検事総長に但木敬一東京高検検事長を充てるなどの法務・検察幹部の人事を決めた。但木氏の後任には上田広一最高検次長検事(62)が、上田氏の後任には横田尤孝広島高検検事長(61)が、それぞれ就任する。

但木敬一(たじき けいいち)
横田尤孝(よこた ともゆき)

« June 2006 | Main | August 2006 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks