« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

January 31, 2007

◆おみわたり

全国的に暖冬傾向が続く中、北海道東部の塘路湖標茶町)でようやく「御神渡り」が現れた。氷結した湖面が寒暖の繰り返しで割れ、氷片が山脈のように盛り上がる現象。昨冬は積雪が多く見られなかったが、今冬は2カ所にできた。例年12月に現れるが、今冬はほぼ1カ月遅れ。長い方はキャンプ場付近から稲妻のように約300メートル先の対岸まで延び、ワカサギ釣りに訪れる観光客の目を楽しませている。

塘路湖(とうろこ)
標茶(しべちゃ)
御神渡り(おみわたり)

January 30, 2007

◆こうか

1月28日、競艇発祥の地・大村競艇場を舞台に繰り広げられた新鋭王座決定戦。優勝したのは90期・石野貴之(5枠)だった。決勝に進出したのは、出畑孝典三井所尊春江夏満、大峯豊、石野貴之、山本修一の6選手(枠番順)だった。

出畑 孝典(でばた たかのり)
三井所尊春(みいしょ たかはる)
江夏満(こうか みつる)

January 29, 2007

◆おおじみ

米大リーグ、メッツの大慈彌功極東担当本部長が27日、東京・東伏見の早大グランドを訪れ、ハンカチ王子こと早実・斉藤祐樹投手を視察した。高校時代からマークし続ける同スカウトは身体が小さくても活躍できると、その素質を高く評価。斉藤も小学生時代からの夢であるメジャーへの夢を語り、将来の大リーグ挑戦の可能性のも言及した。

大慈彌(おおじみ)功

January 28, 2007

◆やじ

外務省の谷内正太郎事務次官が、ロシアとの初の戦略対話で存在感を一段と高めている。安倍首相が目指す「主張する日本外交」の先陣役として交渉の前面に立ち、各界の人脈を活用する官僚トップの素顔は、穏やかな物腰、果敢な突撃行動、筋金入りの保守思想と異色だ。谷内氏が23日に表敬訪問したラブロフ外相との会話は北朝鮮問題、イラン、国連改革と多岐にわたり、30分の予定が70分にも及んだ。外相並みの厚遇ぶりに、同行筋は「日本をまともに扱おうという態度の表れ」。

谷内(やじ)正太郎

January 27, 2007

◆かみえす

兵庫県宝塚市のカラオケボックスで3人が死亡、5人が負傷した火災で、同店は年中無休で午前0時までの1日11時間の営業を4人の店員でこなしていたことが、県警の調べでわかった。県警は、無理な勤務態勢が火災の一因になった可能性もあるとみており、これまで明らかになった防火設備の不備などとあわせ、経営者の上江洲安一店長(53)の業務上過失致死傷容疑での立件に向け、捜査を進めている。

上江洲 安一(かみえす やすかず)

January 26, 2007

◆えがらてんじん

鎌倉にある荏柄天神で、1月25日、初天神(筆供養)が行われた。古くなった筆や鉛筆を供養し、勉学や書の上達を祈願する行事。筆供養は、青銅製の梅鉢と呼ばれる大きな鉢の上で古くなった筆を焚き上げ、供養する。参拝客の中には持参した筆を自ら梅鉢に入れ、書道や絵の上達を祈願した。

境内奥には絵筆塚と呼ばれる筆の形をした大きな碑が立っている。「河童」をモチーフにしていた漫画家・清水崑が荏柄天神に「河童」の絵を奉納したのがはじまりだそうだ。その後、弟子らに広まり、多くの有名な漫画家の河童が奉納されるようになったとか。

荏柄天神(えがらてんじん)

◆えがらてんじん

鎌倉にある荏柄天神で、1月25日、初天神(筆供養)が行われた。古くなった筆や鉛筆を供養し、勉学や書の上達を祈願する行事。筆供養は、青銅製の梅鉢と呼ばれる大きな鉢の上で古くなった筆を焚き上げ、供養する。参拝客の中には持参した筆を自ら梅鉢に入れ、書道や絵の上達を祈願した。

境内奥には絵筆塚と呼ばれる筆の形をした大きな碑が立っている。「河童」をモチーフにしていた漫画家・清水崑が荏柄天神に「河童」の絵を奉納したのがはじまりだそうだ。その後、弟子らに広まり、多くの有名な漫画家の河童が奉納されるようになったとか。

荏柄天神(えがらてんじん)

January 25, 2007

◆おとふけ

北海道音更町の独立行政法人、家畜改良センター十勝牧場で、馬の運動不足を解消するための「馬追い」が行われている。この春に子どもを産む母馬の群れは零下10度を下回る冷たい空気の中、白い息を吐きながら大きなおなかを揺らし、1周800メートルの馬場を雪煙を上げて早足で回っていた。馬追いは生後2年以内の育成馬も加わって4月ごろまで続けられる。来月中頃には最初の子が産声を上げる。

音更(おとふけ)町

January 24, 2007

◆あまがつ・うしお

演劇、舞踊の優れた成果を顕彰する「第6回朝日舞台芸術賞」は次のように決定した。グランプリは 「時のなかの時-とき」(山海塾・パリ市立劇場・北九州芸術劇場共同プロデュース、天児牛大演出・振付・デザイン)。

舞台芸術賞(50音順)・麻実れい、段田安則、寺島しのぶ、中村吉右衛門(以上俳優)、東京バレエ団。寺山修司賞・市川亀治郎(俳優)、秋元松代賞・角野卓造(俳優)、特別賞・小幡欣治(劇作家)。

天児牛大は75年に舞踊カンパニー「山海塾」を設立、81年からパリ市民劇場を創作の拠点とし、2年に1作のペースで新作を発表している。

天児 牛大(あまがつ うしお)

January 23, 2007

◆いだきそ

和歌山電鐵は2006年4月1日から和歌山県和歌山市の和歌山駅と和歌山県紀の川市の貴志駅を結ぶ貴志川線の運行を南海電気鉄道から引き継いだ。岡山電気軌道が100%出資する子会社で、両備グループの一員である。本社は和歌山県和歌山市伊太祈曽73番地、貴志川線伊太祁曽駅構内にある。

和歌山電鐵が旧字体の「鐵」となっているのは、「鉄」の文字を分解すると、「金」を「失」うになり縁起が悪い為であるのと、鉄(鉄道)の基本に立ち返るという意味であえて使用したものである。

伊太祁曽(いだきそ)

January 22, 2007

◆うそ

亀戸天神で1820年より続く替神事。鷽は「幸運を招く鳥」とされ、前年の鷽を神社へ返納、新らしいものととり(鳥)替えることによって一年の吉運を招き、開運・出世・幸運を得ることができると信仰されてきた。1月25日(初天神)から授与される。鷽は、首からほおにかけて美しい紅色で頭と尾が黒く、背や腹はネズミ色の小鳥をいう。

鷽(うそ)

January 21, 2007

◆そうら

文化審議会は19日、奈良県吉野地方の吉野林業用具・林産加工用具(奈良県立民俗博物館保管)など2件を重要有形民俗文化財に、新潟県佐渡市に伝わる小木のたらい舟製作技術など6件を重要無形民俗文化財に、それぞれ指定するよう答申した。

◇重要無形民俗文化財▽江名子バンドリの製作技術(岐阜県高山市)▽桑名石取祭の祭車行事(三重県桑名市)▽酒津のトンドウ(鳥取市)▽御嶽神楽(大分県豊後大野市)▽小浜島の盆、結願祭、種子取祭の芸能(沖縄県竹富町)。

酒津(さけのつ)
盆(そーら)
結願祭(しちい)
種子取祭(たなんどぅる)

January 20, 2007

◆この

狐野扶実子さん(37歳)は紅茶やジャムで知られるパリの高級食品店「フォション」の料理部門を統括するエグゼクティブシェフに昨秋、抜擢された。東洋人としても、女性としても初めての起用だ。今年は、創業者の青果商、オーギュスト・フォションがパリに店を構えて120年。節目の年を控え、伝統を踏まえつつ、現代の食に対応できる、新生フォションを象徴する人材を求めていた。

狐野(この)扶実子

*狐野という苗字は日本で3世帯しかない珍名さんだ。

January 19, 2007

◆せいかんてい

京都市左京区にある「石村亭」は谷崎潤一郎氏が「潺湲亭」と名付けてこよなく愛した邸宅で、小説「夢の浮橋」の舞台でもある。谷崎はここに1949年から7年間ほど暮らし、「鍵」「少将滋幹の母」などを書いた。いまは日新電機が所有し、「石村亭」と名を改め、当時のままに保存されている。50年目の節目に当たった昨年より一般公開している。

石村亭(せきそんてい)
潺湲亭(せいかんてい)

January 18, 2007

◆かこい

1月10日から始まった、京王百貨店新宿店の「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」は1966年にスタートした。全国最大規模で現地からの輸送分も含め、約200種類の駅弁がそろう。集客規模は絶大で13日間の売り上げは6億円を越す。今年の名物企画「対決」は下関駅の「ふくめし」と宮古駅の「磯の鮑の片思い」だった。企画した新宿店の栫信一さんが予想した以上の人気となった。特に「あわび」(2000円)を求める行列は7階の会場から1階まで延びた。

栫(かこい)信一

◆とちおうざん

大相撲西十両2枚目の栃煌山(本名・景山雄一郎、19歳)は朝青龍などを輩出した高知・明徳義塾出身、世界ジュニア選手権重量級優勝などの実績を引っさげ、春日野部屋に入門した。05年の初土俵以来2年、10場所でここまで昇進した。次の春場所で新入幕を果たせば、9位タイ(幕下付け出しを除く)のスピード出世となる。

栃煌山(とちおうざん)

January 16, 2007

◆ゆきさらし

地元産の野草を使って染めた麻布を雪の上に並べ、布の品質を高める「雪晒し」が、岐阜県白川村で始まっている。布が柔らかくなり、染料の不純物も取り除くため、村内で草木染を楽しむ「白川郷染めの会」が行っている。布は土産物にするため、のれんやタペストリーに加工される。

雪晒し(ゆきさらし)

January 15, 2007

◆かもみおやま

京都の下鴨神社の正式名称は「賀茂御祖神社」、市内を流れる賀茂川と高野川の合流点にある。境内には樹齢200~600年にもなる老樹が繁る広大な原生林「糺すの森」が広がっている。

上賀茂神社の正式名称は「「賀茂別雷神社」、下鴨神社とともに、古代山城の豪族・賀茂氏の氏神を祀る。毎年5月15日には京都三大祭の一つである両神社の例祭「葵祭」が行われる。

賀茂御祖(かもみおやま)神社
糺す(ただす)の森
賀茂別雷(かもわけいかづち)神社

January 14, 2007

◆はえばる

第56回社会を明るくする運動作文コンテストで、南風原町立南風原中学校3年の糸数萌さん(15)の「よりよい社会をつくるために」が、8万8547点の中から上位16点に選ばれ、優秀賞の日本BBS連盟会長賞を受賞した。糸数さんは、兄の身の上に起きた出来事を通して感じた疑問や思いを作文にし、「よりよい社会をつくることは、夢をもった子どもを増やすことだ」と訴えた。

南風原(はえばる)

January 13, 2007

◆まがりれいき

囲碁棋士の曲励起(58)さんは、岩本薫元本因坊に入門、囲碁界にデビューした。74年9段、59年囲碁選手権優勝のほか本因坊リーグに通算5期在籍、05年対局から引退、囲碁普及の功績を認められお蔵喜七郎賞を受賞。

曲励起(まがり れいき)

January 12, 2007

◆くぼて

修験道の里として知られる福岡県豊前市の「求菩提山」で、穴の中にこもりながら100日間、夜ごと山中を歩く「百日行」を東京都多摩市の鍼灸師末吉龍現さん(48)が昨年末やり遂げた。「百日行」を貫徹したのは、戦後では麓の修験道場「龍王院」の住職を含め3人目となる。

求菩提(くぼて)
鍼灸師(しんきゅうし)

January 11, 2007

◆みくりや

御厨 宏治さん(元兼松江商〈現兼松〉常務)が5日、膵臓がんで死去、76歳。

浅野 長愛さん(前山階鳥類研究所理事長、元学習院中等科長兼高等科長)が6日、心不全で死去、81歳。旧広島藩主だった浅野家17代当主。

莇 益太郎さん(元日本高周波鋼業社長)が6日、肺炎で死去、94歳。

御厨 宏治(みくりや こうじ)
浅野 長愛(あさの ながちか)
山階(やましな)
莇 益太郎(あざみ ますたろう)

January 10, 2007

◆かまいたち

第28回ABCお笑い新人グランプリ(朝日放送主催)の決勝が8日、大阪市のABCホールであり、漫才コンビ「鎌鼬」が最優秀新人賞に選ばれた。「鎌鼬」は、島根県出身の山内健司(25)と、大阪府出身の濱家隆一(23)が04年に結成した。優秀新人賞は「プラスマイナス」と「いがわゆり蚊」、審査員特別賞は「恋愛小説家」が受賞した。

鎌鼬(かまいたち)

January 09, 2007

◆さそい

救助ロボットの研究開発で優れた成果を上げた若手研究者を対象にした「競基弘賞」の第1回授賞式が18日あった。 阪神・淡路大震災で亡くなった神戸大大学院生の名前を冠した賞で、特定非営利活動法人「国際レスキューシステム研究機構」が創設。 学術業績賞は東京工業大学の塚越秀行助教授が、技術業績賞は国際レスキューシステム研究機構の城間直司研究員が受賞した。

競基弘(さそい もとひろ)

January 08, 2007

◆あんどうももふく

日清食品の創業者で即席めんを開発した創業者会長の安藤百福さんが5日急性心筋梗塞で亡くなった。96歳だった。日本統治下の台湾生まれ。日本に渡り、繊維問屋などを営んだ。製塩業、金融業など様々な事業をしながら、48年、日清食品の前身にあたる貿易や卸問屋を営む中交総社を設立、社長に就任した。

戦後の焼け跡でみかけたラーメンの屋台の印象が強烈だったことから、自宅の裏庭にこしらえた作業所で57年初めから即席めんの試作に取り組んだ。翌年、商品化に成功し、インスタント食品の草分けである「チキンラーメン」を発売した。社名も日清食品に変更した。48歳の時だった。その後もカップ入りの即席めん「カップヌードル」など数々のヒット商品を発案、同社を世界10カ国で年間100億食を生産する世界一の即席めん会社に育てた。

安藤百福(あんどう ももふく)

January 07, 2007

◆すきのう

小倉百人一首かるた競技の日本一を決める第53期名人位・第51期クイーン位決定戦が6日、大津市の近江神宮であった。名人位は、永世名人位にある東京都の会社員西郷直樹6段(28)が、福井県あわら市の会社員土田雅7位(31)を下し、9連覇を果たした。クイーン位では、大分県立中津南高校2年、楠木早紀5段(17)が、大阪府池田市の団体職員、鋤納麻衣子6段(24)を破り、3年連続の日本一となった。

鋤納(すきのう)麻衣子

January 06, 2007

◆はえどまり

トラフグの取扱高が日本一という山口県下関市の南風泊市場で4日未明、初競りが行われ、競り人の威勢のいい掛け声とともにフグが次々に競り落とされた。午前3時半ごろ、取引開始のベルが鳴ると、「ええか、ええか」の声とともに競りがスタート。最高値は1キロあたり2万1000円。天然トラフグ3・5トンを含む計18・5トンが取引された。
 
南風泊(はえどまり)

January 05, 2007

◆ししまつり

亥年の2007年にちなんで、標高2007mの山や、「亥」や「猪」のつく地名や島、川、峠などを国土地理院がまとめ、ネット上で公開している。標高2007mの山は1ヶ所だけで、群馬県嬬恋村の「黒湯山」「亥」、「猪」のつく地名では岩手県一関市の「亥年」、福島県棚倉町の「猪集」など274ヶ所、山は宮城県の「猪眠山」など23ヶ所、島は広島県の「猪子島」など6ヶ所ある。

亥年(いのとし)
猪集(ししあつまり)
猪眠山(いねむりやま)
猪子島(いのこじま)

January 04, 2007

◆じょんみじょん

全美貞は一昨年から日本女子ツアーに参戦した韓国女子プロゴルファー。175cm、70kgの恵まれた身体と優雅でゆったりっとしたスイングから、260ヤードクラスの長打を繰り出し、参戦2年目にして3勝、賞金ランク2位に食い込んだ。今年は久し振りに外国人賞金女王になる可能性が高い。

全美貞(じょん みじょん)

January 03, 2007

◆みの

鎌倉市などで開かれている教育プログラム「ニッサン・ワークショップ」で学生を指導する味埜俊東大教授は、地球環境と人の社会生活をどうやって持続させるかをテーマとし、「普段はあまり考えないサスティナビリティー(持続可能性)について、十分意識させるよう刺激したい」と語った。

味埜俊(みの たけし)

January 02, 2007

◆はんのき

本所亀沢町といえば、時代小説によく出てくる場所だ。藤沢周平作「彫師伊之助捕物覚え」の伊之助が住まいを構えるのも亀沢町の裏店だ。現在の両国4丁目が当時の亀沢町で、JR総武線のガードからすぐ近くである。江戸時代には、亀沢町に接して、東西およそ185メートル、南北およそ22メートルの馬場と呼ばれる馬場があった。現在、榛稲荷神社の境内に何本かの榛が茂っている。

榛(はんのき)

January 01, 2007

◆やたのかがみ

三種の神器とは、天皇が皇位を継承する際に、そのしるしとされる古代より伝わる宝物のことをいう。八咫鏡天叢雲剣八尺瓊勾玉の3つである。現在八咫鏡は伊勢神宮、天叢雲剣は熱田神宮、八尺瓊勾玉は皇居に安置されている。

八咫鏡(やたのかがみ)
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

« December 2006 | Main | February 2007 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks