« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 28, 2007

◆さいおうだい

京都三大祭りの一つ、葵祭で女人列の主役を務める「斎王代」に京都市左京区の英語教室講師、森川香絵さん(26)が選ばれた。母の薫さん(58)も40年前に斎王代を務めた。親子2代で選ばれたのは2例目。葵祭は5月15日に京都市内で催される。森川さんは十二単姿で腰輿という輿に乗り、平安装束の約500人の行列に加わる。

斎王代(さいおうだい)
腰輿(およよ)
輿(こし)

April 27, 2007

◆あくつ

話し言葉に方言があるように、漢字にも「地域文字」がある。江戸中期の儒学者、新井白石は「日本で作られ、漢籍には見られず、訓しかない字」と定義した。「峠」「畑」「働」などが有名で、地名に地域特有の文字があることも、江戸時代から知られていた。地域文字は、山形県鶴岡市で使われる「」をはじめ、名古屋市の「」や京都市の「」、茨城県の「」など地名や人名として残っている。

寉(つる)
杁(いり)
椥(なぎ)
圷(あくつ)

April 26, 2007

◆やまのは

14日に封切された、劇映画仕立てのドキュメンタリー映画「恋しくて」(中江裕司監督)は沖縄・石垣島の高校生5人組の日常生活をユーモアたっぷりに活写する。歌が一杯の内容も楽しいが、主演5人組のうち4人が素人というのも異色だ。空手少女役の山之端佳美、ボーイフレンド役の東里翔斗、友達役の宜保秀明と大嶺健一。この4人が公募で選ばれた沖縄の若者だが、個性をのびのびと発揮している。

山之端 佳美(やまのは よしみ)
東里 翔斗(あいざと しょうと)
宜保 秀明(ぎぼ ひであき)

April 25, 2007

◆しころやま

東京都江東区に新築した錣山部屋の落成式が21日にあり、繁栄を願う土俵祭りが行われた。錣山親方(元関脇寺尾)、兄の井筒親方(元関脇逆鉾)ら200人が出席した。

錣山(しころやま)

April 24, 2007

◆おおつき

22日に行われた統一地方選挙後半戦の議員選挙で、最後の1議席をめぐり、得票が同数だったため、くじ引きで決めたケースが市議選で3、町議選で1と各地で相次いだ。当選者から珍名さんを拾うと、市長選では栃木市長日向野義幸(無所属現)、佐倉市長蕨和雄(無所属新)、江東区議大嵩崎かおり(共産現)がある。

日向野(ひがの)義幸
蕨(わらび)和雄
大嵩崎(おおつき)かおり

April 23, 2007

◆みたに

文化審議会は20日、隅田川にかかる清洲橋、永代橋、勝鬨橋や旧松本高等学校(長野県松本市)、愛珠幼稚園園舎(大阪市中央区)、旧旭東幼稚園園舎(岡山市)など11件を重要文化財に指定するよう文部科学相へ答申した。

永代橋と清洲橋は関東大震災の復興事業としてそれぞれ1926(大正15)年と28(昭和3)年に完成。40(昭和15)年にできた勝鬨橋は国内で最大級の跳開橋(跳ね上げ橋)。いずれも当時の最先端技術を用いて建設された点が評価された。

旧松本高等学校は大正期の木造学校建築の典型の一つ。1901(明治34)年完成の愛珠幼稚園園舎は現存する最古の幼稚園建築で、旧旭東幼稚園園舎(1908年)とともに幼稚園舎として初の指定となる。そのほかの答申は次の通り。

【重要文化財】鈴木家住宅(浜松市北区)▽旧美歎水源地水道施設(鳥取市)▽岩屋寺大師堂(愛媛県久万高原町)▽旧鍋島家住宅(長崎県雲仙市)▽阿蘇神社(熊本県阿蘇市)

愛珠(あいしゅ)幼稚園
美歎(みたに)

April 22, 2007

◆ほうらく

国の重要無形民俗文化財「壬生狂言」が21日、京都市中京区の壬生寺で始まり、厄よけを願って約1000枚の素焼きの土鍋「炮烙」を豪快に割る目玉の演目「炮烙割」が上演された。

壬生狂言は鎌倉時代、壬生寺の中興の祖、円覚上人が身ぶり手ぶりで仏の教えを説いたのが始まりとされる。炮烙割は市場の一番の出店をめぐり、炮烙売りと太鼓売りが競争する物語。

午後1時、「カンデンデン」とかねや太鼓が鳴る中、仮面をかぶった役者が無言のまま出店争いをユーモラスに演じ、敗れた太鼓売りが舞台の端に積まれた炮烙を次々に払い落とすと、約400人の観客から大きな歓声が上がった。

炮烙(ほうらく)

April 21, 2007

◆せはた

地方議会の議員定数は、地方自治法で人口規模に応じて上限が決められているが下限はない。多くの市町村では、条例で法定定数よりも少ない定数にしている。ところが北海道夕張市が財政破綻を機に定数を9に減らし、市として初の一けた議会になったのをはじめ、統一選を見すえた定数削減が町村で相次いだ。

一けた議会の急増が目立つのが北海道。昨年7月時点で2村だったのが、統一選後は28市町村となる。道町村議会議長会の勢籏了三事務局長は「道内自治体は地方交付税の依存率が全国的に見て高い。ここ数年の交付税削減で、経費節減策として極端な削減が相次いでいるのだろう」とみる。

昨年11月の選挙で定数が9から6になった長野県清内路村では、二つあった常任委員会を統合。議員は議会広報を一軒一軒回って配り、集落ごとの出張説明会「どこでも村役場」に出る。

勢籏(せはた)了三
清内路(せいないじ)村

April 20, 2007

◆あとり

埼玉県吉見町の八丁湖公園で、「花鶏」約30羽の群れに出会った。雄の成鳥は黒とオレンジの鮮やかな夏羽に衣替え。草木がもえ、桜が咲く里山を群れが飛び交う光景にも魅了された。まもなく北へ旅立って行く。

花鶏(あとり)

April 19, 2007

◆あしくらじ

18日午後0時半ごろ、富山県立山町芦峅寺の北アルプス・雷鳥沢(標高2700メートル付近)で雪崩が発生し、「スキーやスノーボードで滑っていた人が巻き込まれた」と110番通報があった。県消防防災ヘリコプターと県警山岳警備隊員が現場に向かい、3人を救出したが、スノーボードをしていた1人が窒息して死亡、スキーの2人がけがをした。

芦峅寺(あしくらじ)

April 18, 2007

◆ひのえまた

連続10回無投票が続いた福島県檜枝岐村の村長選が1963年以来の選挙戦となった。現職が引退を表明し、前村議会議長で旅館業の星守氏(59)以外に立候補の動きはなく無投票になると見られていたが、17日に前村総務課長の星光祥氏(56)が立候補を届け出たため、2氏の争いとなった。

桧枝岐(ひのえまた)村

April 17, 2007

◆ゆい

男子ゴルフの東建ホームメイトカップ最終日は15日、三重・東建多度CC名古屋であり、昨年2位タイの上田諭尉が1イーグル、2ボギーで通算8アンダーを守り、初日から首位を譲らず男子開幕戦を制した。プロ11年目でツアー初優勝。1打差の2位に5バーディー、2ボギーで三つスコアを伸ばしたドンファン(韓国)が入った。

上田 諭尉(うえだ ゆい)

April 16, 2007

◆しゃっきょうだい

古い町並みに華麗な祭り屋台が勢ぞろいする春の高山祭が14日、岐阜県高山市で始まった。市中心部の日枝神社の例大祭。屋台の曳き揃えやご巡幸などの行事は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

午前11時すぎから、中橋近くなどで三番叟石橋台龍神台のからくり奉納が相次いで始まった。小雨のぱらつくあいにくの天気となったが、周辺の桜のつぼみもほころび、観光客の目を楽しませた。

三番叟(さんばそう)
石橋台(しゃっきょうたい)
龍神台(りゅうじんたい)

April 15, 2007

◆くにえ

損保に続き、生保でも膨大な不払いが判明した。主要生保12社は13日、2001年度から5年間の保険金不払いは12社合計で約23万件、約268億円に達した。各社首脳は東京都内で相次いで記者会見。不払いが約11万件、約75億円と最も多かった日本生命の岡本圀衛社長は不払いが増えた理由について「顧客の立場に立った支払い体制がつくられていなかった」と説明した。

岡本圀衛(くにえ)

April 14, 2007

◆ひいな

「ややありて 流れ始めし かな」
俳句の世界に折々新風を吹き込む「黛まどか」は鳥取市用瀬に伝わる「流しびな」が好きでよく出かける。用瀬の桃の節句はいつも旧暦、今年は4月19日である。<旧暦に立ち返ると、春の風は香りも違う。「風光る」です>と語る。

雛(ひいな)
黛(まゆずみ)まどか
用瀬(もちがせ)

April 13, 2007

◆いでん

バレーボールのプレミアリーグは8日、決勝ラウンド第3日があり、男子はサントリーと東レが優勝決定戦へ進出。女子はJTがパイオニアを直接対決で下し、前日の久光製薬に続いて進出を決めた。優勝決定戦は男子が14日、女子が15日、ともに、さいたまスーパーアリーナである。JTは寺廻太監督率いる「JT」はモレーノ・ピーノケニー( コロンビア出身)、位田愛の強力スパイカー・コンビが活躍し決勝進出を決めた。

寺廻 太(てらまわり ふとし)
位田 愛(いでん あい)

April 12, 2007

◆この

11日午前、岐阜県大垣市の市立小野小学校(児童数841人)の校庭で、ロープにぶら下がるなどする遊具で児童らが遊んでいたところ、ロープを支える木製の支柱が突然折れ、児童らが転落、3~5年生の児童13人が、肩を打撲するなど軽傷を負った。大垣署の調べでは、けがをした児童らが遊んでいたのは「ワーワーロープ」と呼ばれる木製遊具。高さ約4メートル、直径約30センチの木製の柱2本を約9メートル間隔で東西に立てて、その間にロープが3本、高さ約4メートル~約2メートルに渡されている。児童らはロープにぶら下がって足をかけたり、つかまったりして遊ぶ。

小野(この)

April 11, 2007

◆ささぐり

10日午前9時ごろ、福岡県篠栗町尾仲のJR篠栗線篠栗駅構内の踏切で、博多発直方行きの上り普通列車(6両編成)が、踏切内で立ち往生していたの軽乗用車に衝突した。男性と列車の乗客約80人にけがはなかった。JR九州によると、上下線計9本に運休や遅れが出て、約1500人に影響があったという。

篠栗(ささぐり)

April 10, 2007

◆めのゆ

東京西部から山梨県にわたる地域の、人々の足として働いている西東京バスには、ちょっと変わった名前のバス停が多い。「夕焼小焼」は、八王子市の中心街から陣場高原に向けて進む途中、恩方地区にある。童謡「夕焼け小焼け」を作詞した、中村雨紅の出身地だそうだ。電車の終点奥多摩駅よりもさらに進むと「女の湯」があらわれる。さらに「雲風呂」、「金風呂」、そこからさらに奥に進むと「雨降り」、そのお隣は「下り」。国道まで一旦戻り、再び山梨方面に進み、県境を越えると「お祭」。

夕焼小焼(ゆうやけこやけ)
女の湯(めのゆ)

April 09, 2007

◆そうぼう

かつてブラジルへの移民が渡航前に一時滞在するため、約80年前に建てられた神戸市の「旧神戸移住センター」が、移民ミュージアムや在住外国人支援の拠点として生まれ変わる。来年ブラジルへの移民100年を迎えるのを前に、故郷を遠く離れた日系1世たちも「感無量だ」と喜んでいる。

同センターは1928年、「国立移民収容所」として設置され、出発前の約1週間ポルトガル語やブラジルの文化などの研修を受ける施設となり、約25万人を送り出してきた。鉄筋コンクリート4階建て。ブラジルに渡った作家・石川達三は、ここで過ごす移民を描いた「蒼氓」で第1回芥川賞を受賞した。

蒼氓(そうぼう)

April 08, 2007

◆おおやまずみ

大山祗神社は、瀬戸内海の大三島に位置する神社。所在地は愛媛県今治市大三島町宮浦。大山積神を祭神とし、全国の山祇神社、三島神社の総本社である。国宝8件、国の重要文化財75件を有し、天然記念物「大山祇神社のクスノキ群」がある。なお、社名の「祇」は正式には「示」へんに「氏」と表記し、「祗」は誤用である。

山の神、海の神、戦いの神として歴代の朝廷や武将から尊崇を集めた神社である。源氏、平家をはじめ多くの武将が武具を奉納し、武運長久を祈ったため、国宝、重要文化財の指定をうけた全国の甲冑の8割がこの神社に集まっている。

大山祗神社(おおやまづみじんじゃ)

April 07, 2007

◆みとも

4月9日、群馬・伊勢崎市にある境共同トレーニングセンター(TC)で「第1回サラブレッドセール2007」が行われる。購買希望者の目の前で、2歳馬を走らせる形式の競り市には、好成績で注目されるジャングルポケット、アドマイヤコジーンの子を含む31頭が上場を予定している。初の試みに同社の見供晋也・専務取締役は「このセールを恒例にしたいし、トレセンの知名度も上げたい」と話す。

04年12月31日を最後に廃止された高崎競馬の調教施設が境共同TCの前身だ。元高崎競馬関係者らが集まり、育成施設として再スタートを切ったのは05年9月。実績を積み上げ、06年8月には南関東4地方競馬場(大井、船橋、浦和、川崎)の「認定厩舎」になった。東京・大井競馬場まで車で約2時間という地の利を生かし、境共同TCでトレーニングを積んだ馬たちがレース当日、直接競馬場に向かい、出走している。

見供晋也(みとも しんや)

April 06, 2007

◆あくと

民放とNHKでつくる「放送倫理・番組向上機構」の飽戸弘理事長は3日の就任会見で、捏造などの放送界の不祥事に触れ「番組チェック機能などを強化した新体制で、できるだけ多くの番組に厳しい判断で臨み、放送局といい緊張関係を持ちたい」と述べた。

情報番組「発掘!あるある大事典2」に関しては「連続して多数の捏造が行われるなど、これまでの不祥事とは全く違う。とても考えられないことだ」と批判した。捏造番組を放送した放送局への規制強化を盛り込む方針の放送法改正案については「権力の介入につながる危険性があり、反対」とした上で、放送局に対しても「大変な影響力を持っていることを片時も忘れてもらっては困る」と注文した。

飽戸 弘(あくと ひろし)

April 05, 2007

◆すいとう

都道府県庁の金庫番、出納長は知事、副知事と並ぶ三役ポストだったが、4月の法改正で姿を消す。兼務が増え、名が体をなさないことが廃止の背景にある。出納は中学で習う熟語だが、大修館書店の円満字二郎さんによると、中国古典での正当な読み方は「すいどう」だという。年度替りには中小企業を中心に出納帳がよく売れ、パソコンの会計ソフトにも「出納帳」を冠したものも目立つ。官からは消えるが民には残ることになる。

出納(すいとう)
円満字二郎(えんまんじ じろう)

◆とこはきくがわ

第79回選抜高校野球大会第12日の3日、東海勢同士の戦いとなった決勝戦は、常葉菊川(静岡)が大垣日大(岐阜)を6―5で破って、初優勝を飾った。静岡県勢の選抜優勝は第50回(78年)の浜松商以来のことである。

常葉菊川は準々決勝の大阪桐蔭戦、準決勝の熊本工戦と同様に、終盤での逆転勝利で栄冠をつかんだ。初出場で希望枠初の決勝進出を果たした大垣日大は、これまで戦った4試合と同じく、この試合も初回に得点を挙げ、持ち前の積極的な野球を展開したが、終盤の守りのミスが痛かった。

常葉菊川(とこはきくがわ)

April 03, 2007

◆うすずみざくら

岐阜県本巣市根尾板所の国の天然記念物、淡墨桜が例年より10日ほど早く咲き始め、5分咲きになった。支柱が受け止める枝々が薄いピンク色の花弁に彩られ、訪れる人の目を引き付けている。標高約200mの山あいに立つ淡墨桜は樹齢約1500年。高さ約17m、枝が直径20mにも広がるエドヒガンザクラで、散り際、花びらに淡い墨色が混じることからこの名が付き、日本三大桜の一つにも数えられる。

淡墨桜(うすずみざくら)

April 02, 2007

◆すぎむら

山陰中央日報1面を飾っていた、小さなコラム「四季ごよみ」が終了した。2005年4月3日からスタートし約2年間、回数は494回となった。企画は花好きの撮影者6人が集まり、元島根大学助教授の杦村喜則氏に監修を仰いだ。「読者に日々、季節を感じてもらえたら」-そんな思いが発端だった。各人、花に向き合うスタンスが微妙に異なったが、一点共通したのが「山陰の野にある植物を紹介しよう」ということだった。

杦村 喜則(すぎむら よしのり)

April 01, 2007

◆てんがい

京都府宇治市の世界遺産、平等院鳳凰堂の本尊、阿弥陀如来坐像の頭上を飾る国宝「天蓋」の一部「円蓋」が31日、院内の展示施設鳳翔館で一般公開された。直径約3メートルでハスの花をイメージ。透かし彫りのヒノキ材に金箔を押し、中心部に鏡がある。本尊を照らし荘厳さを醸し出したと考えられるという。

普段は約6メートルの高さにあるが、約100年ぶりに04年から始まった「平成の大修理」で下ろし、作業を終えた。天蓋のうち残りの「方蓋」も昨秋から公開中。

天蓋(てんがい)
円蓋(えんがい)
方蓋(ほうがい)

« March 2007 | Main | May 2007 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks