« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

May 31, 2007

◆ちかのり

和歌山県の発注工事をめぐる談合・汚職事件で、大阪地裁は30日、競売入札妨害(談合)の罪に問われた元出納長の水谷聡明被告(61)に対し、懲役2年執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。また、大手ゼネコン・大林組(大阪市)の元顧問、日沖九功被告(64)に懲役1年6カ月執行猶予3年を言い渡した。一連の事件で判決が言い渡されたのは初めて。

日沖九功(ひおき ちかのり)

May 30, 2007

◆すっつ

27日午前1時ごろ、後志管内島牧村栄浜の海岸の岩場で、釣りをしていた人が高波にさらわれたと、釣り仲間から118番通報があった。寿都署によると、釣った魚が岩場に引っかかり、下りて取ろうとしたところ、高波にさらわれ溺死した。当時、波の高さは3-5mだった。なお、後志支庁の中心地は倶知安である。

寿都(すっつ)
後志(しりべし)
倶知安(くっちゃん)

May 29, 2007

◆さかいいずみ

「ZARD」のボーカルで作詞家の坂井泉水さん(40)=本名・蒲池幸子)=が27日午後、脳挫傷のため、東京都新宿区の慶応大学病院で亡くなったことが28日わかった。坂井さんは昨年6月、子宮頸がんを患い、入退院を繰り返していた。所属事務所などによると、26日早朝、日課の散歩後に病室に戻る途中、病院の非常用スロープの踊り場から転落したという。

坂井さんは、モデルとして活動していた91年、「Good‐bye My Loneliness」でデビュー。「揺れる想い」「君がいない」など、次々と大ヒットをとばした。164万枚(オリコン調べ)を売り上げた「負けないで」は、94年の選抜高校野球の入場行進曲になった。経歴を明かさず、テレビ出演を控えて限られた映像しか公開しないなど、独特の露出手法で話題を集めた。

坂井泉水(さかい いずみ)
蒲池幸子(かまち さちこ)

May 28, 2007

◆しゅすいぜき

東京湾に注ぐ多摩川をアユなどが自由に上れるようにと、魚にとって最初の障壁となる調布取水堰が今春、大幅に開放されている。今月末までの予定で、川を管理する国土交通省と、堰を管理する東京都水道局の協力で初めて実現した。地元漁協も歓迎している。

河口から約13キロの位置にある調布取水堰は1936年に完成した。多摩川本流の堰やダムでは最も下流にある。左岸は東京都大田区、右岸は川崎市。コンクリート製の魚道が2カ所あり、毎年、春先には跳びはねて急流を上るアユが見られる。

取水堰(しゅすいぜき)

May 27, 2007

◆せいらい

第18回伊藤整文学賞の選考会が14日、東京都内で開かれ、小説部門に青来有一氏の「爆心」(文芸春秋)、評論部門に出口裕弘氏の「坂口安吾 百歳の異端児」(新潮社)が選ばれた。副賞100万円。

青来(せいらい)有一

May 26, 2007

◆ねのひ

サクラの名所として知られる北海道厚岸町の子野日公園で19日、第58回「あっけし桜・牡蠣まつり」が始まった。27日まで9日間の日程。会場の子野日公園にはエゾヤマザクラ、クシロヤエザクラ、チシマザクラ、ソメイヨシノなど約1200本のサクラが植えられ、現在は6―7分咲き。この日はあいにく肌寒い天気だったが、午前中から花見客が訪れ、炭火で焼いた厚岸特産のカキなどを満喫していた。

厚岸(あっけし)
子野日(ねのひ)

May 25, 2007

◆かたちもなく

 「三匹の蟹」「寂兮寥兮」などで知られる、作家で日本芸術院会員の大庭みな子さんが24日午前9時14分、腎不全で死去した。76歳だった。30年、東京生まれ。津田塾大卒。結婚後、夫の勤務の関係で59年から米国に住み、ウィスコンシン大などで学ぶ。米国に暮らす日本人夫婦を中心に現代人の孤独を描いた「三匹の蟹」で68年、群像新人文学賞と芥川賞を受賞。

寂兮寥兮(かたちもなく)

May 24, 2007

◆もがり

世界最大の映画イベント「カンヌ国際映画祭」が今年、60回目を迎え、16~27日、南フランスで開かれる。早い時期から、日本映画も受賞を重ねた同映画祭。節目の今回も、記念企画として世界の監督35人に委嘱した短編集に、北野武監督が参加。過去の受賞監督とフレッシュな才能が並んだ花形部門のコンペティションには、河瀬直美監督が「の森」で2度目の出品を果たした。

殯(もがり)

May 23, 2007

◆はしか

早稲田大学は21日、学生30人が麻疹を発症したとして、東京・西早稲田など7キャンパスの全16学部と大学院(北九州を除く)の授業を29日まで休講とし、学生の学内への立ち入りを禁止した。麻疹は首都圏の大学を中心に広がりを見せており、早大によると、感染の報告は約1か月前からあり、21日午前中だけで12人。このため、同日4限目から約5万5000人の学生を対象に休講の措置を取った。

麻疹(はしか)

May 22, 2007

◆ひじかい

18日午後8時50分ごろ、千葉県八街市文違の市道で、私立千葉黎明高1年の男子高校生3人の自転車の列に、後方から軽乗用車が突っ込んだ。先頭にいた生徒が胸を強く打ち、まもなく死亡。最後尾の生徒(15)も腕に軽いけがをした。中央の生徒にけがはなかった。佐倉署は軽乗用車の同市八街い、派遣社員(25)を業務上過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べる方針。

八街市(やちまたし)
文違(ひじかい)

May 20, 2007

◆おにのすみか

第25回朝日オープン将棋選手権五番勝負の第4局は14日、静岡県伊豆市の旅館「鬼の栖」で指され、羽生善治選手権者(36)が挑戦者の阿久津主税五段(24)に96手までで勝ち、対戦成績3勝1敗で防衛、4連覇を達成した。残り時間は阿久津五段1分、羽生選手権者19分。

鬼の栖(おにのすみか)

May 14, 2007

◆さそい

救助ロボットの研究開発で優れた成果を上げた若手研究者を対象にした「競基弘賞」の第1回授賞式が行われた。 阪神・淡路大震災で亡くなった神戸大大学院生の名前を冠した賞で、特定非営利活動法人「国際レスキューシステム研究機構」が創設。 学術業績賞は東京工業大学の塚越秀行助教授が、技術業績賞は国際レスキューシステム研究機構の城間直司研究員が受賞した。

競基弘(さそい もとひろ)

May 12, 2007

◆あくといちろう

本場英国の専門誌「ウイスキーマガジン」の日本産ウイスキーの誌上品評会で、埼玉県秩父市のベンチャーウイスキー社長肥土伊知郎さんが作った、シングルモルトウイスキーが、サントリーなど名だたる企業の酒も出品される中で、最高得点の金賞を受賞した。

水を加えると漂う香りが、白檀、柑橘系と移り変わり、口に含むと香辛料のような香りから花の香りへと変化する。その味わいの深さが批評家をうならせた。肥土さんは会社が行き詰まり、再起をかけて起業したが、蒸留所を建てる土地や費用がなく、原酒の樽は遠い他県の企業に間借りする身の上だった。

肥土伊知郎(あくと いちろう)
白檀(びゃくたん)

May 10, 2007

◆くぼて

修験道の里として知られる福岡県豊前市の「求菩提山」で、穴の中にこもりながら100日間、夜ごと山中を歩く「百日行」を東京都多摩市の鍼灸師末吉龍現さん(48)が昨年末やり遂げた。「百日行」を貫徹したのは、戦後では麓の修験道場「龍王院」の住職を含め3人目となる。

求菩提(くぼて)
鍼灸師(しんきゅうし)

注:パソコンがパンクし、最新情報が消失してしまったので、当分の間、旧記事を再掲載します。

« April 2007 | Main | June 2007 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks