« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

June 30, 2007

◆おびつ

フジテレビは29日、計913万円の会社経費を私的に不正流用していたとして、鈴木哲夫前報道局長(54)を同日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。また、管理責任を問い、報道担当の小櫃真佐己常務を減俸3か月の処分にした。同社によると、鈴木前局長は2004年5月から07年3月までの間に、私的な飲食の領収書や白紙の領収書などを使い、取引先を接待したように装うなどして経費を不正に請求していた。

小櫃(おびつ)真佐己

June 28, 2007

◆きんしゅう

宮本輝のロングセラー小説「錦繍」が、「レ・ミゼラブル」で知られる英国の演出家ジョン・ケアードの脚本・演出によって初めて舞台化される。離婚した男女の14通の往復書簡でつづられる作品には、これまで多くの映画化や舞台化の依頼が寄せられた。ケアードは元夫婦に鹿賀丈史、余貴美子を配し、高橋長英、馬渕英俚可、西牟田恵らが手紙に登場する他の人物を実際に演じるスタイルをとる。邦楽界のホープ、藤原道山の尺八の生演奏を採用するなど、日本人の美的感覚や情緒にも正面から挑む。

錦繍(きんしゅう)

June 27, 2007

◆きむすこ

金沢市には古くから続く花街(旧遊廓)が三つある。そのうちの一つ、「ひがし茶屋街」は幅の狭い木虫籠と呼ばれる紅殻格子が連なる風情のある街並みである。2001年に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された。

一階側面に仕込まれた木虫籠(紅殻格子)は、建物の内側から外を伺い見やすく、逆に外からは中の様子を見られにくくした工夫がされている。「紅殻格子」とは防腐剤として漆にニ酸化鉄をまぜたものを塗り固めた格子である。漆は外部に塗ると太陽光のため白く変色する。外部の木虫籠は、弁柄と柿渋を混ぜて塗り、仕上にもう一度柿渋で押さえたものである。なお、木の格子を「木虫籠」、竹のすだれ状の格子を「簾虫籠」と呼ぶ。

木虫籠(きむすこ)
紅殻(べんがら)
簾虫籠(すむしこ)

June 26, 2007

◆いちののおうじ

市野々王子は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある神社。熊野九十九王子のひとつ。伝承によれば、市野々は八咫烏の子孫が住む土地であるという。 杉屋社は、市野々王子社地の北にある文明の岡の比定地。社殿の礎石と、天照大神が地上に降り立った跡とされる影向石なる石が残されている。

市野々王子(いちののおうじ)
東牟婁郡(ひがしむれぐん)
八咫烏(やたがらす)
杉屋社(すぎやしゃ)
影向石(ようどういし)

June 25, 2007

◆こゆるぎ

今秋、徳島県内各地で開催される第22回国民文化祭・おどる国文祭の開幕、閉幕のイベントの概要が決まった。オープニングフェスティバルは3部構成で県内外から総勢約800人が出演し、阿波踊りや阿波人形浄瑠璃など、阿波文化をテーマにした舞台を壮大なスケールで展開。グランドフィナーレでは、徳島市出身の作曲家三木稔さんの新作フォークオペラ「幸せのパゴダ」が初演される。

阿波木偶箱廻しを復活する会による「三番叟まわし」で幕開けし、第2部では、お鯉さん(本名・多田小餘綾)らが出演する阿波踊りの舞台があるほか、徳島祝祭管弦楽団などによる「ふるさと交響曲」の演奏がある。

阿波木偶(あわでこ)
三番叟(さんばそう)
多田 小餘綾(ただ こゆるぎ)

June 24, 2007

◆まぶに

沖縄県は23日、「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では、県主催の沖縄全戦没者追悼式が開かれ、安倍首相、仲井真弘多知事、遺族ら4476人が参列した。平和祈念公園には、沖縄戦の戦没者ら約24万人の名を刻んだ「平和の礎」が立ち並んでいる。

摩文仁(まぶに)
平和の礎(へいわのいしじ)

June 23, 2007

◆いっすんぼうし

フリージア・マクロス社の社長に奥山一寸法師氏が就任する。79年東京都立秋川高校卒。91年谷藤機械工業(現フリージア・マクロス)に入り監査役、05年副社長、東京都出身、47歳。兄の奥山治郎社長は6月28日付で退任する。

奥山 一寸法師(おくやま いっすんぼうし)

June 22, 2007

◆どのはし

高松塚古墳(奈良県明日香村、7世紀末~8世紀初め)の石室解体で、22、26両日に取り外される東西の男子群像2組は、「飛鳥美人」と呼ばれる女子群像に比べるとかなり地味な印象だ。漏水に含まれた鉄分で両壁とも南側半分が汚れているせいもある。だが、よく見たら美人たちに負けない「飛鳥のイケメン」がいた。男子群像は、女子群像と同様に、緑や青緑などカラフルな古代衣装を着た4人が東壁と西壁に1組ずつ計8人が描かれている。このうち、姿がはっきりわかるのは計4人だ。

「東壁の左から2人目」は専門家も引きつける。文化庁の増記隆介技官(仏教絵画史)は「肌色が最もよく残り、絵に柔らかさがある。上まぶたの濃い線で表情が引き締まり、上唇と下唇の間の線が唇に陰影を付けている」。百橋明穂・神戸大教授(美術史)は、モデルは皇族や高級官僚ともいわれる被葬者に仕えた人物だったと推測。「平安時代の貴族は若くたくましく、見目麗しい若者を仕えさせた。高松塚は平安期より古いが、同じような様子が想像できる」という。

増記 隆介(ますき りゅうすけ)
百橋 明穂(どのはし あきお)

June 21, 2007

◆つきがみ

23日に全国公開される日本映画「憑神」は「鉄道員」の原作者、浅田次郎と監督、降籏康男が再びコンビを組んだ作品だ。主演する妻夫木聡は婿養子から離縁され、無役で兄の家に居候する武士・彦四郎を演じる。神頼みに出世を願うが、神様を間違え3人の災いの神に取りつかれてしまうというブラック・コメデイだ。

憑神(つきがみ)
鉄道員(ぼっぽや)
妻夫木 聡(つまぶき さとし)

June 20, 2007

◆しょうとう

19日午後2時半ごろ、東京都渋谷区松濤1丁目の温泉施設「渋谷松濤温泉シエスパ」の関連施設で、爆発が起きた。東京消防庁によると、5人がけがをして救急車で病院に運ばれ、そのうち女性2人の死亡が確認された。渋谷松濤温泉シエスパは女性専用の9階建ての施設で、昨年1月に開業した。爆発したのはこの施設に隣接している。現場は渋谷の繁華街の一角で、東急百貨店本店などの商業施設が立ち並ぶ地域。

松濤(しょうとう)

June 19, 2007

◆ゆずきれおん

宝塚歌劇団星組の日生劇場特別公演「Kean」の製作発表が13日、都内ホテルで行われた。19世紀に実在したシェークスピア役者、エドモンド・キーンの波乱に富んだ人生を描いたミュージカルで、1961年にブロードウエーで初演。専科の轟悠がキーン役で主演。柚希礼音、南海まり、蒼乃夕妃ら星組選抜メンバーが出演する。

轟 悠(とどろき ゆう)
柚希 礼音(ゆづき れおん)
蒼乃 夕妃(あおの ゆき)

June 18, 2007

◆ひちりき

杉木立に夕闇が迫る境内で、平安の衣装に身を包んだ雅楽家・東儀秀樹さんが舞い、篳篥、笙、龍笛が響き渡った。国内の世界遺産を会場にした「世界遺産劇場」の第4幕が15日、栃木県日光市の日光東照宮で始まった。

国の重要文化財の五重塔をバックした特設舞台で東儀さんは「古の調べ」と題して「篳篥即興」「星空につつまれて」など12曲を演奏。会場を埋めた約900人が聴き入った。

篳篥(ひちりき)
笙(しょう)
龍笛(りゅうてき)

June 17, 2007

◆そうすけ

俳優の宮崎あおい(21)と高岡蒼甫(25)が結婚したと、2人の所属事務所が15日発表した。同日、都内の区役所に婚姻届を出したという。宮崎あおいは昨年のNHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」に主演。来年の同局大河ドラマ「篤姫」の主役を務めることも決まっている。高岡蒼甫は映画「パッチギ!」やドラマ「東京タワー」などに出演している。

高岡 蒼甫(たかおか そうすけ)

June 16, 2007

◆はった

沖縄県・慶良間諸島阿嘉島沖で6日夜、サンゴの一斉産卵があった。海底のサンゴから、卵と精子が詰まったピンク色の粒(バンドル)が無数に放出され、真っ暗な海中で粉雪のように舞った。

現場は、同島沿岸の水深2~3メートル。服田昌之・お茶の水女子大准教授(進化発生学)らのグループが、直径30センチの円錐形のナイロン製ネットをサンゴにかぶせ、粒の採取をした。この日産卵したのは、サンゴ礁を形成する主要種のミドリイシ類で、採取した卵は阿嘉島臨海研究所で稚サンゴに育てる。1年半後には高さ5~7センチになり、海底に移植する計画だ。

慶良間(けらま)諸島
阿嘉島(あかじま)
服田(はった)昌之

June 15, 2007

◆さらそうじゅ

沙羅双樹の庭で知られる妙心寺塔頭の東林院(京都市右京区)で12日、恒例の「沙羅の花を愛でる会」が始まった。苔に覆われた本堂前庭では、若木10数本が直径5センチほどの白いツバキのような花をちらほら咲かせている。朝に咲いて夕方に散るはかなさから、無常の象徴として「平家物語」でもうたわれている。

沙羅双樹(さらそうじゅ)
塔頭(たっちゅう)

June 14, 2007

◆ほうねんいけ

香川県観音寺市の豊稔池で、農業用水を下流に放水する初夏の恒例行事「ゆる抜き」が13日、例年より約1カ月早く行われ、昨年国の重要文化財に指定されたダムからの放水を一目見ようと多くの人が集まった。豊稔池をせき止める豊稔池ダムは、周辺の軟弱な地盤に合わせ、コンクリート製のアーチを5つ並べて設計され、1929年に完成。国内で数例しかない独特の構造が評価され、昨年12月に国の重要文化財に指定された。

豊稔池(ほうねんいけ)

June 13, 2007

◆みかもと

春のオーラス競馬、3回東京8日の11R、 第24回 エプソムカップ(GⅢ)でグラスポジション(尾形厩舎)に騎乗した御神本訓史は1999年公営、益田競馬でデビュー、2000年 第33回内閣総理大臣杯プロスポーツ大賞新人賞を受賞。 2002年の益田競馬廃止に伴い大井競馬に移籍した。所属厩舎は三坂盛雄厩舎(大井・小林分場)、1881年生れ、美男騎手として有名である。

御神本 訓史 (みかもと のりふみ)

June 12, 2007

◆みかも

10日午前9時50分ごろ、栃木県佐野市と岩舟町などの境にある三毳山付近で落雷があり、ハイキング中の佐野市立北中学校3年の男子生徒6人が足のしびれなどを訴えて病院に運ばれた。いずれも症状は軽く、ほかの生徒にけがはなかった。

 佐野署の調べや同校によると、このハイキングは同校の毎年恒例のイベント「三毳・唐沢縦走」で、全校生徒675人と職員42人が午前8時10分に入山した。落雷後はすぐに下山し、引率の職員が同校に連絡。同校に残っていた職員が119番通報した。

三毳(みかも)山

June 11, 2007

◆おそごえ

タクシーの運転手を刃物で刺したとして、山口県警周南署は9日、同県下関市綾羅木本町8丁目、医師尾曽越俊彦容疑者(53)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。「乗車を拒否され腹が立った」と容疑を認めているという。

尾曽越(おそごえ)俊彦

June 10, 2007

◆なぎなた

日本三大祭りの一つ、京都・祇園祭の山鉾巡行で、先頭の長刀鉾に乗って出発時にしめ縄を太刀で切る稚児と補佐役の禿2人が5日、発表された。稚児はノートルダム学院小3年の岡諄三郎君(8)。禿は同小3年の森田圭一郎君(8)と立命館小3年の浅見幸悠紀君(9)。

山鉾(やまほこ)
長刀(なぎなた)
禿(かむろ)
浅見 幸悠紀(あさみ こうき)

June 09, 2007

◆いぼのいと

播州名産の手延べそうめん「揖保乃糸」の製造を手がける兵庫県手延素麺協同組合は、播州産の小麦だけでつくった“特別限定品”を今夏、販売する。県産小麦と赤穂の塩、揖保川の水で製造した正真正銘の播州の味。地元産小麦のみのそうめんづくりは約半世紀ぶりという。

揖保乃糸(いぼのいと)

June 08, 2007

◆みすず

伊那市美篶小学校の6年生68人が1日、美篶の三峰川右岸堤防に植えてある桜の木約70本に肥料を与えた。信州大学農学部教授でNPO法人「BECS」理事の井上直人さんが協力。井上さんの研究室で学ぶ学生9人とともに、ゆっくり溶けて病気やストレスに強いという発酵鶏ふん肥料を施した。BECSの肥料を使用してから、桜は年間70cmほど成長しているという。

美篶(みすず)

June 07, 2007

◆うめもと

大阪出身の人気歌舞伎役者、片岡愛之助(35)が、上方舞「楳茂都流」で三代目「扇性」を襲名し、四代目家元になることが内定した。楳茂都流は井上流、山村流、吉村流とともに上方舞四流と呼ばれ、江戸末期に初代扇性が大阪で創設。三代目家元だった陸平さんが85年に亡くなった後は家元の不在が続き、理事として運営に当たる高弟の高齢化も進んでいた。

楳茂都(うめもと)流
扇性(せんしょう)

June 06, 2007

◆おおち

農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」(川崎市)が発注する林道整備の調査業務をめぐる入札談合事件で、逮捕された同機構森林業務部担当理事の高木宗男容疑者(59)らが東京地検特捜部の調べに対し、島根県で発注した大規模事業での調査業務でも談合を行ったと認めていることが、関係者の話で分かった。

この事業は同機構が国の補助を受け、森林や農地を整備する「特定中山間保全整備事業」。島根県江津市などの「邑智西部区域」(3080ヘクタール)が対象で、05年度に実施設計に着手し、今年から工事を進めている。

邑智(おおち)

June 05, 2007

◆にえなみ

宮崎県南郷町贄波の道の駅なんごうで「熱帯の桜」と呼ばれるジャカランダの木が涼しげな薄い青紫の花を咲かせ始めた。キリの花に似ていることから別名「キリモドキ」ともいうジャカランダは南米原産。広さ約19ヘクタールの道の駅構内に「ジャカランダの森」として約200本が植栽されている。

贄波(にえなみ)

June 04, 2007

◆すみい

競馬の第74回日本ダービーは5月27日、東京競馬場の芝2400メートルに18頭が出走して行われ、ウオッカが優勝、04年に生まれたサラブレッド8470頭の頂点に立った。2着はアサクサキングス、3着はアドマイヤオーラだった。牝馬の優勝は1943年のクリフジ以来64年ぶり。また父タニノギムレットに続く父娘2代制覇となった。四位洋文騎手、角居勝彦調教師はともにダービー初優勝だった。

四位洋文(しい ひろぶみ)
角居勝彦(すみいかつひこ)

June 03, 2007

◆かきょう

文化審議会は先月18日、新たに14件を史跡や名勝、天然記念物に指定するよう文科相に答申した。福井県からは敦賀市市野々の名勝、柴田氏庭園の対象範囲の追加指定と、越前市粟田部町の花筐公園の登録記念物(名勝地)への新登録が答申された。 

花筐公園(かきょう こうえん)

June 02, 2007

◆みまや

愛媛県西条市丹原町臼坂の松山自動車道上り線で、27日午後11時5分ごろ、高松市御厩町の松田智恵子さん(33)運転のワゴン車が中央分離帯にあるのり面にぶつかって横転した。いずれも後部座席に乗っていた3人の子どもが車外に投げ出され、松田さんの次女で高松市立檀紙小5年生が頭などを強く打って死亡。三女(1)と長女の6年生(11)も全身打撲の重傷。智恵子さんと助手席にいた夫(35)も軽いけがをした。

御厩(みまや)
檀紙(だんし)

June 01, 2007

◆もがり

第60回カンヌ国際映画祭が27日夜に閉幕を迎え、コンペティション部門に日本から唯一参加した、河瀬直美監督(37)の「殯の森」が最高賞パルムドールに次ぐ2席のグランプリを受賞した。日本作品の過去のグランプリ受賞には、90年の小栗康平監督「死の棘」がある。

「殯の森」は河瀬監督の4本目の劇映画で、04年の「沙羅双樹」に続くコンペ出品作。子供を亡くしたばかりの介護施設の女性職員と、妻と死別した認知症の老人が、墓参の途中で深い森に迷い込む。監督の故郷で、今も活動拠点を置く奈良市郊外の山里を舞台にした。

殯(もがり)の森
死の棘(とげ)

« May 2007 | Main | July 2007 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks