« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

July 31, 2007

◆さきさか

トウモロコシやコメなどを原料とし、二酸化炭素(CO2)を減らす切り札として注目されるバイオ燃料。補助金や権益をめぐる省庁、業界の思惑も絡んで足並みがそろわず、世界的な特需から飼料や一部食料品の値上がりを招いている。独立法人・産業技術総合研究所ライフサイクルアセスメン研究センターの、匂坂正幸副センター長は「肥料を作るときにはCO2の300倍の温室効果がある亜硫酸窒素が出る。効率のいい施設にしなければ逆効果になる」と話す。

匂坂 正幸(さきさか まさゆき)

◆さきさか

トウモロコシやコメなどを原料とし、二酸化炭素(CO2)を減らす切り札として注目されるバイオ燃料。補助金や権益をめぐる省庁、業界の思惑も絡んで足並みがそろわず、世界的な特需から飼料や一部食料品の値上がりを招いている。独立法人・産業技術総合研究所ライフサイクルアセスメン研究センターの、匂坂正幸副センター長は「肥料を作るときにはCO2の300倍の温室効果がある亜硫酸窒素が出る。効率のいい施設にしなければ逆効果になる」と話す。

匂坂 正幸(さきさか まさゆき)

July 30, 2007

◆すがま

朝日新聞声欄から

7月19日「票持たぬ人の重み」 州鎌千恵(北名古屋市)
7月23日「インドの怖さ」熊埜御堂幸子(新宮市)
7月26日「噴水からの帰還」垰本照代(安城市)

州鎌 千恵(すがま ちえ)
熊埜御堂 幸子(くまのみどう さちこ)
垰本 照代(たわもと てるよ)

July 29, 2007

◆あさ

山陽小野田市の夏本番を告げる「厚狭花火大会」(山陽商工会議所主催)が25日午後8時から、同市厚狭の厚狭川河畔で開かれた。1933年から続く厚狭天神夏祭りのフィナーレを飾る奉納行事だ。

厚狭(あさ)

July 28, 2007

◆ごほうれん

大阪の天神祭は25日、フィナーレを飾る船渡御があり、祭神の菅原道真を祭る御鳳輦船など約100隻の飾り船が大阪市中心部を流れる大川を行き交った。約102万人の見物客が詰めかけ、川面に揺れるかがり火や夜空を彩る約5000発の奉納花火を楽しんだ。

船渡御(ふなとぎょ)
御鳳輦(ごほうれん)

July 27, 2007

◆ほていともやす

作家でパンク歌手の町田康(45)が、千葉県君津市内でギタリストの布袋寅泰(45)に顔などを殴られてけがをしたとして、同県警君津署に被害届を提出していたことが26日、わかった。同署によると、町田が6月18日、顔や上半身にけがをしたとの診断書を添えて届けを提出したという。同署は布袋から任意で事情を聴いている。

布袋 寅泰(ほてい ともやす)

July 26, 2007

◆ななほかい

800年以上の歴史を持つ、福島県南会津町の会津田島祇園祭の中心行事「七行器行列」が23日朝に行われた。神酒や赤飯などが入った七つの器を神社に奉納するため、裃の男性と、花嫁に扮した女性が行列をつくって歩いた。22日から始まった祭りは、氏子が12年ごとの輪番制で取り仕切る「お党屋制度」で支えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

七行器(ななほかい)

◆だんじり

伊賀市の国指定重要無形民俗文化財、の楼車の一つ、上野小玉町の「小蓑山」が約80年ぶりに解体修理され、22日、住民らに披露された。昨年10月の上野天神祭の後、点検のために解体したところ、木材の割れや虫食いが多数みつかったという。今回修理したのは1階部分の「白木」と呼ばれる骨組みで、主にけやきを使用。市内の大工を中心に、住民も組み立てに参加したが、構造が複雑で苦労したという。

楼車(だんじり)
小蓑山(こみのやま)

July 24, 2007

◆おきひき

三重県を訪れていた皇太子さまは21日午後、伊勢神宮で、20年に1度の式年遷宮のための用材を運ぶ伝統行事「お木曳」を視察し、同日夕帰京した。午前中に同神宮の外宮と内宮に参拝した皇太子さまは午後には五十鈴川の川岸へ。小雨のなか、木やり歌やほら貝の音とともに、川に入った大勢の市民が「エイヤ」のかけ声でヒノキの巨木を綱で引く「川曳」を視察した。また参道の砂利道では、木を引く人々の列に法被姿で加わり、笑顔で引き綱をとる場面もあった。

お木曳(おきひき)
川曳(かわびき)

July 23, 2007

◆てすき

文化審議会は20日、狂言の野村万作(76)、宮薗節浄瑠璃の宮薗千碌(62)ら7人を重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定するよう伊吹文部科学相へ答申した。宮薗節浄瑠璃からの人間国宝は30年ぶり。これで人間国宝は芸能58人、工芸技術59人の計117人となる。

なお、選定保存技術の保持者に表具用手漉和紙(補修紙)製作の江渕栄貫(59)、表具用古代裂(金襴等)製作の広瀬賢治(63)、保存団体に屋根瓦葺(本瓦葺)の日本伝統瓦技術保存会をそれぞれ認定した。

宮薗 千碌(みやぞの せんろく)
手漉(てすき)
古代裂(こだいぎれ)

July 22, 2007

◆まえあわくら

ゴルフの世界ジュニア選手権は20日、米カリフォルニア州サンディエゴのトーリーパインズGCで最終ラウンドがあり、男子15~17歳の部(7260ヤード、パー72)で前粟蔵俊太(茨城・鹿島学園高)が通算11オーバーの19位タイ、石川遼(東京・杉並学院高)が通算12オーバーの23位に終わった。

前粟蔵 俊太(まえあわくら しゅんた)

July 21, 2007

◆よしあき

ニッポン放送株をめぐり証券取引法違反(インサイダー取引)の罪に問われた村上ファンド前代表、村上世彰被告(47)に対し、東京地裁の高麗邦彦裁判長は19日、懲役2年罰金300万円(求刑懲役3年、罰金300万円)の実刑判決を言い渡した。また、追徴金は、インサイダー事件での過去最高額を大きく超える約11億4900万円を言い渡した。

村上 世彰(むらかみ よしあき)
高麗 邦彦(こま くにひこ)

July 19, 2007

◆ほうらいばし

静岡県島田市の大井川にかかる世界最長の木造歩道橋、蓬莱橋が台風4号による増水で15日に一部流失した。この橋が大雨などで流失か破損したのは、平成に入って既に8度目となる。

蓬莱橋(ほうらいばし)

July 18, 2007

◆しな

衆院岩手1区補選が17日告示され、いずれも新顔の弁護士で民主の階猛氏(40)=国民新推薦=、元団体職員で自民の玉沢正徳氏(36)=公明推薦=、政党役員で共産の瀬川貞清氏(57)が立候補した。同補選は、知事選に前民主党衆院議員の達増拓也氏が立候補したことに伴うもの。

階 猛(しな たけし)
達増 拓也(たっそ たくや)

July 17, 2007

◆おうみがわ

17日午前に発生した「中越沖地震」、JR信越線の青海川駅(柏崎市)では、駅裏のがけが幅80メートル余りにわたって崩れ、ホームの一部や線路が大量の土砂で埋まった。地震発生の9分前に列車が通過したばかりだった。駅は無人駅。「日本一海に近い駅」と呼ばれる。上下線とも、ほぼ1時間に1本が止まる。1日の乗降客は、学生や高齢者を中心に数十人程度という。

青海川(おうみがわ)

July 16, 2007

◆さめうら

水不足に陥っていた四国の水がめ、「早明浦ダム」(高知県)の貯水率は台風4号に伴う大雨の影響で、14日午後7時に100%に回復した。四国地方整備局は5月24日から実施していた香川、徳島両県の取水制限を全面解除し、渇水対策本部も解散した。同整備局によると、13日に50.9%だった貯水率は1日で約50ポイント上昇した。早明浦ダムは吉野川水系における水資源施設の中核をなす四国地方最大のダムである。

早明浦(さめうら)ダム

July 15, 2007

◆しゅんのうてん

山梨県増穂町の萬屋醸造店(1790年創業)が醸造する地酒「春鶯囀」は奈良・法隆寺蔵元を訪れた歌人与謝野晶子が詠んだ歌「法隆寺など行く如し甲斐の御酒春鶯囀のかもさるる蔵」がその名の由来。南アルプスの清冽な伏流水で、酒銘のとおり馥郁たる香りのきめ細やかな酒を造る。

春鶯囀(しゅんのうてん)

July 14, 2007

◆おおちょう

大崎下島(広島県呉市)は斎灘の島々の一つで瀬戸内海中央部に位置する。温暖少雨な瀬戸内海式気候と、水はけがいい石積みの段々畑で育つ「大長ミカン」は、全国的に有名な島の一大ブランドだ。若胡子屋跡は江戸時代の茶屋跡で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれている御手洗地区を代表する建物の一つ。屋久杉の天井板や土塀が当時の隆盛をうかがわせる。
 
大長(おおちょう)
斎灘(いつきなだ)
若胡子(わかえびす)
御手洗(みたらい)

July 13, 2007

◆しんげ

12日午前8時10分ごろ、大阪府泉佐野市泉ケ丘のJR阪和線東佐野―和泉橋本にある「新家陸橋」付近で、熊取発天王寺行きの上り普通電車(4両編成)が走行中、陸橋の下の道路を通り抜けようとしたクレーン付きトラック(2トン)の車体の一部が線路に接触し、衝撃でレールを押し上げたため、車両が脱線した。この事故で、乗客1人とトラックに乗っていた2人が軽いけが。

新家(しんげ)

July 12, 2007

◆めんじょう

朝日新聞声欄より
6月21日、「高尾山を守ろう」校條清(47歳)川越市
6月26日、「温泉のメタン、環境にも有害」稲昇(52歳)横浜市
7月11日、「透明な飲み水、世界の子に」数住光平(14歳)横浜市

校條 清(めんじょう きよし)
稲 昇(いね のぼる)
数住 光平(すずみ こうへい)

July 11, 2007

◆へぐり

作家の中上健次(1946~92)が自作の俳句を記した直筆の色紙がみつかった。奈良県平群町在住の俳人・茨木和生さん(68)が中上から託され保管していた。中上の自作・直筆の俳句は極めて珍しい。「あきゆきが聴く幻の声夏ふよう」。独特の筆跡で、墨と醤油を混ぜて色紙に書いてあり、全体が薄茶色い。

平群(へぐり)

July 10, 2007

◆おおくさ

ドラッグストアでの風邪薬の売れ方から、インフルエンザなど感染症の流行をいち早く察知できることが分かった。感染研感染症情報センターの大日康史主任研究員らは2年あまりに渉って全国600薬局のデータを基に検証し、市販薬の「予知能力」を立証した。発生が懸念される新型インフルエンザや新型肺炎SARSなど深刻な感染症を早期に察知するシステムに応用できる。

大日 康史(おおくさ やすし)

July 09, 2007

◆うんそうどう

美術出版社、芸艸堂は明治24年(1892)木版摺技法による美術書出版社として創業、屋号の由来は初代・山田直三郎が文人画家の富岡鉄斎より「芸艸は香りくさ」の書を拝受した事から。「芸艸」とはミカン科の多年草で、漢名は「芸香」といい「芸」の字は本来この植物の本字であり、「藝」の略字「芸」とは別字だった。大正7年東京店を開店。和装品や工芸品の柄、配色参考本や写真集の出版、鑑賞用木版画を制作している。現在では日本唯一の手摺木版和装本を刊行する出版社であり、数々の作品の複刻制作をしている。

芸艸堂(うんそうどう)

July 08, 2007

◆ねむのさと

三重県志摩市浜島町大崎半島のリゾート施設「合歓の郷」で、志摩特産のヒオウギガイの貝殻を短冊代わりにした七夕飾りが人気を呼んでいる。ヒオウギガイは、バタ貝、アッパッパとも呼ばれ、黄色や紫、だいだい、赤など貝殻の鮮やかな色彩が特徴。願い事を書く貝殻は、同施設のマリーナでバーベキューしたものを使っている。

合歓の郷(ねむのさと)

July 07, 2007

◆からもも

奈良県などから同和対策事業で20億円の無利子融資を受け、返済が滞っている飼料・油脂製造業の「ヤマトハイミール食品協業組合」(奈良市杏町)が5日、2回目の不渡りを出して銀行取引停止処分を受け、事実上倒産したことが分かった。東京商工リサーチ奈良支店によると、負債総額は約44億円。事業の継続は不明だが、今後、県の融資金の回収は困難になるとみられる。同組合への融資をめぐっては、「回収を怠り、県に損害を与えた」として前知事を含む歴代県幹部に賠償を求める住民訴訟が起きている。

杏(からもも)町

July 06, 2007

◆とうふつこ

ヒオウギアヤメの大群落が北海道網走市北浜の濤沸湖畔で開花した。濃い青紫色のお花畑と湖、遠方の斜里岳(1547メートル)が一体になった景観が訪れる人を魅了している。ヒオウギアヤメは雑草などに日差しをさえぎられ、一時減った。網走支庁が05年、ヒオウギアヤメに動物が嫌う毒性があることに着目し、雑草だけを食べさせようとポニーを放牧。狙いは当たり、大群落がよみがえった。今年は親子8頭が放牧されている。

濤沸湖(とうふつこ)

July 05, 2007

◆こじょうはま

北海道・白老町虎杖浜のアヨロ川河畔の桜並木で30日、緑と水の保全協議会が下草刈りを実施。地域が大切にしている並木の順調な成長を願い、せっせとボランティア作業に取り組んだ。アヨロ川河畔では、いぶり中央漁協虎杖浜女性部が18年前から桜並木づくりを続けており、環境保護を目指し町内の自然保全団体と行政、企業などでつくる同協議会が育成を支援している。

虎杖浜(こじょうはま)

July 04, 2007

◆かきやま

博多祇園山笠が1日、開幕した。福岡市内14カ所で飾り山笠が一斉に公開され、人だかりができた。JR博多駅前では博多駅商店連合会の飾り山が公開。地元の子どもたちが和太鼓演奏を披露し、山笠ムードを盛り上げた。男たちが博多の街を疾駆する動の舁き山は、10日夕の舁きから登場。15日早朝の追い山でフィナーレを迎える。

舁(か)き山
流(ながれ)

July 03, 2007

◆おうち

発達した梅雨前線の影響で、九州北部・山口は2日未明から強い雨に見舞われている。福岡、佐賀両県では、降り始めからの総雨量が各地で軒並み100ミリを超え、新幹線など鉄道にもダイヤの乱れが発生。福岡県によると、県南部の八女市でがけ崩れが2カ所起きたほか、久留米市などで住宅6棟が床下浸水。道路冠水も県内20カ所で確認された。佐賀県では、唐津市相知町の2世帯2人が自主避難。佐賀市や武雄市でも家屋への浸水が出ているという。

相知(おうち)

July 02, 2007

◆ひるぜん

蒜山高原は、岡山県真庭市北部に位置する高原地帯であり、西の軽井沢と呼ばれるリゾート地の一つである。また、日本最大のジャージー牛の牧場など、広大な土地を活用した高原となっている。蒜山高原は約60万年前に活動を停止した蒜山三座(上蒜山、中蒜山、下蒜山)の中腹に位置する高原である。この地を流れている一級河川の旭川は、岡山市を経て瀬戸内海に注いでいる。

蒜山(ひるぜん)

July 01, 2007

◆いのう

オリックスは29日、7月1日付けで元球団代表で関西国際大教授の井箟重慶氏(72)がスペシャルアドバイザーに就任すると発表した。宮内義彦オーナーから招へいされたもので、前監督の中村勝広・球団本部長付シニアアドバイザーともに編成部門の助言を行う。90~00年まで球団代表としてチーム編成も担当した井箟氏は、「3年後に優勝争いできるチーム作りを目指しアドバイスしたい。日本球界のために、プロとアマの壁を取り除くためにも尽力したい」と抱負を語った。

井箟 重慶(いのう しげよし)

« June 2007 | Main | August 2007 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks