« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

March 31, 2008

◆こうがい

東京都港区立小学校で25日卒業式があり、6年生のほか戦時中の混乱で、1945年3月に卒業式ができなかった同校の卒業生も出席した。女優の渡辺美佐子さんら約30人が63年ぶりの卒業証書を受け取った。当時200人近くいた同窓生のうち、出席できなかった人には郵送するという。なお、本年度卒業生は61人だった。

笄(こうがい)

March 29, 2008

◆おおかせ

今年の3月に大飯町と名田庄村が合併し「おおい町」になった。合併後、初のお祭りとなりる「スーパー大火勢」とは、高さ20M、重さ1t の木の葉型の大松明に火をつけ、約100名もの若者が勢いよく振り回しし、炎が衰え始めたころ、海に倒す。花火大会はこの「スーパー大火勢」にタイミング合わせて開始、約30分間ノンストップで打ちあがる花火は、かなりの迫力がある。

大飯(おおい)
大火勢(おおかせ)

March 27, 2008

◆あらしろべに

高校のブラスバンド部が題材の映画「ブラブラバンバン」(草野陽花監督、公開中)。主演の歌手、安良城紅(21)は「ホルンの演奏や、指揮棒を振るのは初めてだったので、苦労しました」と振り返る。

原作は同名人気漫画。1度つぶれたブラスバンド部を仲間とともに復活させ、全国大会をめざすという単純明快なストーリー。主人公の百合子(安良城)は、素晴らしい音楽を聴くとわれを忘れて興奮してしまう不思議なキャラクター。

安良城 紅(あらしろ べに)

March 25, 2008

◆しもとまい

二戸市出身でオーストリア・ウィーンで活躍するプロバイオリニスト下斗米千寿子さんは22日、同市石切所の市民文化会館大ホールでリサイタルを開く。古里での本格的なリサイタルは初めて。当日の演目はベートーベン「ソナタ第1番ニ長調」、ブラームス「ソナタ第3番ニ短調」など。ピアノ伴奏は、ウィーン国立音大教授のレオノーレ・アウマイヤーさん。

下斗米さんは15歳でバイオリンを始め、福岡高から埼玉大に進んだ。同大大学院修了後は岩手に戻り、県立高校の教諭となったが、夢をあきらめられず1993年に辞職してウィーンに留学。現在はウィーン室内歌劇場、メルビッシュ祝祭管弦楽団などのメンバーとして演奏活動に励む。

下斗米(しもとまい)千寿子

March 24, 2008

◆わりはぎつくり

鎌倉時代の仏師、運慶の作品とみられる木造大日如来像が18日、ニューヨークの競売商クリスティーズで競売に掛けられ、日本の大手百貨店の三越が1280万ドル(約12億7000万円、手数料除く)で落札した。クリスティーズによると、日本の美術品としては過去最高、仏像としても世界最高の金額という。
 
落札された仏像はヒノキ製で、高さ66.1センチ。割矧造と呼ばれる手法で制作されており、表面は金で彩色されている。作風などから運慶が鎌倉初期の1190年代に手掛けた作品とみられる。現在の所有者が2000年に北関東の古美術商から入手したとされ、03年に東京国立博物館の調査で運慶作の可能性が高いと判断された。

この日の競売には内外から応札が相次ぎ、落札額は予想価格(150万~200万ドル)の6倍以上に達した。最後は三越と米個人収集家の一騎打ちとなったが、三越が制したことで、海外流出の危機は逃れた。 

割矧造(わりはぎづくり)

March 22, 2008

◆さこんじょう

左近允 洋さん(音響ディレクター)が10日、偽膜性腸炎で死去、76歳。葬儀は近親者で終えた。22日正午から東京都新宿区西新宿2の7の2のハイアットリージェンシー東京で「お別れの会」を開く。テレビドラマ「刑事コロンボ」「ツイン・ピークス」などの吹き替え版制作に携わった。妻はテレビアニメ「サザエさん」の磯野フネ役で知られる声優麻生美代子(本名左近允美代)さん。

左近允 洋(さこんじょう ひろし)

March 18, 2008

◆だったん

東大寺二月堂の修二会達陀の行で使った帽子を子どもらにかぶせて健康を願う「達陀帽いただかせ」が15日、同寺であった。天候にも恵まれ、朝から大勢の親子連れでにぎわった。6人の世話方が子どもたちに順番に帽子をかぶせると、驚いて泣き出す子や手を合わせて願う子も。親たちはその姿を熱心に写真やビデオカメラに収めていた。

修二会(しゅにえ)
達陀(だったん)

March 17, 2008

◆うめず

紅白のしま模様の外壁をめぐり、近隣住民とトラブルになっている漫画家・楳図かずお(71)の自宅(東京都武蔵野市)の外壁工事が終わり13日、自宅を覆っていたネットが外された。

鮮やかな紅白のコントラストに、訴訟を起こしている近隣住民も驚きの様子。原告の1人は「これまた強烈な赤だわ…」と絶句した。工事を請け負った住友林業によると、建物の工事はほぼ終わったため、今後は植栽などを行った後、今月末に楳図さんに引き渡されるという。

現在、楳図邸は住民側が外壁を紅白のしま模様にしないよう求めている民事裁判の最中。だが建物がほぼ完成したため、住民は今後、外壁の除去を求めていくという。

楳図(うめず)かずお

March 15, 2008

◆あきら

04年に国立大学が法人化されたが、各大学とも、学外から看板となる優秀な頭脳の獲得に奔走している。今春、東京工大から東大に移る濡木理教授(宇宙物理学)は国が選ぶグローバルCEO(卓越した拠点)のリーダーで看板教授の一人だったが、「COEは事務的な仕事に時間を取られすぎる。もっと研究がしたかった」と語る。一昨年京大と阪大で引抜き・引き留め合戦のあった、免疫学の権威で「ノーベル賞候補」といわれる審良静男阪大教授は、さんざ悩んだ末、「移るとその間研究が遅れる」などの理由で残留に踏み切った。

濡木 理(ぬれき おさむ)
審良(あきら)静男

March 13, 2008

◆こもの

三重県菰野町の御在所岳(1212メートル)が、氷壁を登る登山者たちでにぎわっている。交通の便が良く、氷壁の規模も大きいため、京阪神地方などからも多くの登山者が訪れ、週末には約1時間待ちの行列になることもある人気ポイントだ。中腹にある標高差約100メートルの「中又」と呼ばれる場所は特に人気が高いが、地元の山岳ガイド増井行照さんによると、昨年は全面結氷せず登れなかった。今年もなかなか結氷せず、ここ数日の冷え込みでようやく登れるようになったという。

菰野(こもの)

March 11, 2008

◆はなてん

関西では3月15日に、JR西日本の新線「おおさか東線」が開業する。片町線(学研都市線)の放出駅と関西線(大和路線)の久宝寺駅の間約9キロが結ばれる。日中は同線内を往復する毎時両方向4本が運行されるほか、平日朝夕にはこの路線を経由して、奈良―北新地―尼崎間を結ぶ「直通快速」もできる予定だ。貨物線としてあった路線を旅客化したもので、今後新大阪まで延びる予定だ。

放出(はなてん)

March 09, 2008

◆いんぜん

巨人の育成選手、隠善が五回に適時二塁打を放ち、八回には勝ち越し点につながる送りバントも決めた。昨年は2軍で42試合に出場し、2割8分4厘と好成績を残したが、支配下選手にはなれなかった。「その悔しさがあるから、今がある。ここまではいい感じ。結果を求めて、このチャンスをものにしたい」と意欲をみなぎらせた。

陰善智也は広島国際学院大学から6年の育成ドラフト4順目で巨人入り、左打ちで俊足・好打・強肩を誇る外野手。年俸240万円、1億以上のカネを稼ぐ高給取りが14人もいる巨人の中では最薄給選手の一人だ。

陰善(いんぜん)智也

March 07, 2008

◆とねり

東京都交通局は3月30日に、「日暮里・舎人ライナー」を開業させる。東京都荒川区の日暮里駅から足立区舎人の見沼代親水公園駅までの約10キロを結ぶ路線で、ゆりかもめなどと同じ「新交通システム」。鉄道がなく不便な足立区西部が、一気に便利になる。平日日中は毎時上下各8本が運行される予定だ。

舎人(とねり)

March 05, 2008

◆にいだ

WBA世界ミニマム級タイトルマッチが1日に行われ、王者・新井田豊が、同級13位のバレラを6回2分16秒、左ボディーでKOした。世界戦では自身初のKO勝利で、国内単独4位の7連続防衛を達成。「ファンサービスです」と試合後はリングでバック宙を披露した。

新井田(にいだ)豊

March 03, 2008

◆ももちはま

プロ野球・巨人のアレックス・ラミレス外野手(33)が29日、福岡市立百道浜小学校を訪問。給食を一緒に食べる「スクールランチ」で子供たちと交流。ジョーク交じりながら「本塁打80本」の仰天目標を口にした。

 無邪気な子供たちですら一瞬、目を丸くした。今季の本塁打数を聞かれたラミレスは堂々と「80本打ちたい」と宣言。達成すれば日本記録を大幅更新となる数字。「打てるなら打ちたいけど、あくまで努力目標として。それでも35本は」と現実的なラインを定めた。

百道浜(ももちはま)小学校

March 01, 2008

◆ふなびき

東大大学院教授、船曳建夫さんは歌舞伎の鑑賞歴50年以上。文楽などほかの芸能にも傾倒し、そのあまり、みずから浄瑠璃・加東節の舞台に上がるようになった。

加東節は江戸・享保年間に十寸見加東という浄瑠璃師が広めた三味線音楽の一流波で、当時の富裕層や知識層に愛された。「助六」はその代表作で、江戸時代から市川団十郎が演じる「助六由縁江戸桜」には伝統的に加東節が使われている。江戸中期以降、清本などに人気を奪われ、衰退したが、1919年門弟によって十寸見会が結成され、歌舞伎への復活を果たしている。

船曳 建夫(ふなびき たつお)
十寸見 加東(はすみ かとう)

« February 2008 | Main | April 2008 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks