« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

December 31, 2008

◆ほうよう

タカを使う猟「鷹狩り」が来年1月2日と3日、東京都中央区の浜離宮庭園で披露される。実演するのは、諏訪流放鷹術保存会事務局長の大塚紀子さん(37)だ。獲物を追うタカの姿に魅せられて10年余。夢は、鷹狩りが国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されることだ。

保存会は、江戸時代に徳川家に仕えた諏訪流鷹匠の伝統を受け継ごうと06年にできた。会員は約20人。調教経験3年以上で、実技試験に合格した鷹匠は5人。大塚さんもその一人だ。スポーツ人類学を専攻した大学の卒業論文で鷹狩りを取り上げたのが縁で、この世界に飛び込んだ。

放鷹(ほうよう)

December 30, 2008

◆しで

神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮にある大イチョウを飾るしめ縄に26日、神職らが清浄を表す白い紙垂を付けた。正月準備がほぼ整った。大イチョウは高さ30メートル、樹齢千年を超える県指定の天然記念物。重さ300キロのしめ縄も取り換えられたばかりで一部が青緑色をしており、そこに下げられた8枚の紙垂が風に揺れて冬日に輝いた。

紙垂(しで)

December 29, 2008

◆おおが

相賀徹夫さん(前小学館社長)が21日、肺炎で死去、83歳。葬儀は近親者で営まれた。お別れの会を09年3月5日午後0時30分から東京都千代田区内幸町1の1の1の帝国ホテルで開く。小学館創業者の故相賀武夫氏の長男。45年に社長就任、63年に「女性セブン」、69年に「週刊ポスト」を創刊し、週刊誌ジャーナリズムの一翼を担った。92年から相談役。

相賀 徹夫(おおが てつお)

December 28, 2008

◆しらかべ

25日午前8時40分ごろ、東京都葛飾区東新小岩3丁目のアパート建設現場で、クレーン車でつり上げていた壁用の建材パネル(軽量気泡コンクリート製)11枚が落下し、下にいた運送会社の男性運転手藤本和博さん(41歳)と白壁義博さん(39歳)の2人が下敷きになった。警視庁によると、2人とも全身を強く打ち、間もなく死亡が確認された。

葛飾署によると、落下したパネルは縦約290センチ、横約60センチ、厚さ約7センチで、重さは1枚約80キロという。2人が搬入したパネルの荷下ろし中で、別の作業員がクレーン車でアパート2階部分に引き上げようと旋回したところ、ワイヤが切れて十数メートルの高さから落下。車外にいた2人にぶつかったという。

白壁(しらかべ)義博

December 27, 2008

◆いしびつ

日本サッカー協会は24日、来年1月20日のアジア杯最終予選初戦のイエメン戦(熊本)に臨む日本代表23人を発表し、J2C大阪のMF乾貴士(20)が初招集された。横浜から移籍した今季、頭角を現した攻撃的MFで、滋賀・野洲高時代にセクシーサッカー旋風を巻き起こしたドリブラーが、岡田ジャパンに新風を吹き込む。乾と神戸DF石櫃洋祐(25)、川崎FのMF谷口博之(23)の3人が初招集された。

石櫃(いしびつ)洋祐

December 26, 2008

◆おむら

奈良県東吉野村丹生川上神社(日下康寛宮司)で23日、直径が5メートル余り、高さ約3メートルの「新年大とんど」を地元氏子総代ら15人が約3時間かけて作った。林業の盛んな村だけに木を扱う達人ばかり。杉や松の大木をクレーンで豪快につり上げ、棒の先に鉄の鉤の付いた「鳶口」を巧みに使って積み上げていた。

大とんどは31日午後10時に点火され、1月1日の午前3時ころまで炎は高さ約10メートルに達するという。正月三が日燃やし続け、初詣で客が古いお札などをここで燃やし、残った灰は、各家庭に持ち帰ってこんにゃくを作るのに使うという。

小(おむら)
丹生(にう)
鳶口(とびくち)

December 25, 2008

◆たけし

12月の訃報

朝隈善郎さん(ベルリン五輪走り高跳び代表)が22日、老衰で死去、94歳。

千徳光彦さん(元第一製薬〈現第一三共〉常務)が17日、肺炎で死去、71歳。

武士桑風さん(書家、現代書作家協会代表、全日本書道連盟顧問、本名武士今治)が17日、肺炎で死去、95歳。葬儀は近親者のみで行う。

美野川慶一さん(元三井不動産専務)が13日、肺炎で死去、81歳。葬儀は近親者で行った。

青木矗さん(元東邦亜鉛社長)が12日、膵臓がんで死去、70歳。葬儀は近親者で行った。

朝隈(あさくま)善郎
千徳(せんとく)光彦
武士(たけし)桑風
美野川(みのかわ)慶一
青木 矗(ただし)

December 24, 2008

◆ごんねぎ

梅の名所として知られる上京区の北野天満宮で22日、早咲きの梅の花が開花した。花をつけたのは、境内の絵馬所前にある寒紅梅。同天満宮によると、境内に約2000本ある梅の木の中で、ここ数年は、この木が一番に最初に花を咲かせているという。

雨が降った数日前からつぼみがふくらみ、22日になって一輪だけ花が開いた。近年は年明けから咲き始めていたが、今年は2週間ほど早かった。他の梅の見頃は来年2月下旬ごろという。権禰宜松大路和弘さん(30)は「不景気で暗いニュースの多い今年の年末に、明るい話題」と喜んでいた。

権禰宜(ごんねぎ)
松大路(まつおうじ)和弘

December 23, 2008

◆きっこうみや

キンミヤという焼酎をご存じだろうか。正式名称「亀甲宮」。三重県四日市市の造り酒屋「宮崎本店」が造るこの甲類焼酎が、東京の下町を中心に売れに売れている。世間に不景気風が吹く中、瓶のサイズによっては出荷量が前年の3倍を超す月もあるほどの好調さだ。2年前からは、関東地区限定ながら大手コンビニチェーンでも扱われるようになった。地元、東海地方の売れ行きは「さっぱりあかんですわ」というキンミヤが、いったい、なぜ東京で人気なのか。

東京の下町、荒川区の南千住駅のすぐ近く。午後4時30分きっかりに、創業1923年のしにせ酒場「大坪屋」の明かりがともる。「酎ハイひとつ」。客の注文が入ると、ビール用の中ジョッキにキンミヤをパッ。秘伝の梅エキスをチョボチョボ。氷を二つ放り込んで、客の元へ。別に出された炭酸水を好みの量だけ自分で注ぎ込んだら、完成だ。これで1杯、なんと200円。安い。

宮崎本店によると、キンミヤの飲み方は、大坪屋のようなスタイルが一般的だという。「下町ハイボール」とも言うらしい。「キッコウミヤ」がいつの間にか略して「キンミヤ」と呼ばれるようになった。近年の昭和ブームと相まって、下町から山の手へとキンミヤ人気がじわじわ広まっていったという。

亀甲宮(きっこうみや)

December 22, 2008

◆かんずい

澗随操司は、NHKのアナウンサー。大阪府吹田市出身。京都大学文学部卒業後、1996年入局。初任地は大津局で、その後高松局→地元大阪局の順に勤務。「BK(大阪放送局)で関西弁を自由に操る若手アナウンサー」としてのポジションを担わされることが多かった。姓が珍しいこともあって関西を代表するNHKアナウンサーとして認知されつつあったが、2008年春の異動で東京アナウンス室に転勤。 生中継ふるさと一番!(2008年4月から、基本的に首都圏担当)、囲碁・将棋ジャーナル(2008年6月から)を担当している。

澗随 操司(かんずい そうし)

December 21, 2008

◆かいとなか

競輪選手情報から

垣外中勝哉 愛知県 1971/04/10生まれ S級2班

前反祐一郎 広島県 1973/11/19生まれ S級1班

宝満大作  岐阜県 1979/11/14生まれ S級2班

志智俊夫  岐阜県 1972/09/03生まれ S級1班

熊無 俊一 富山県  1968/08/28生まれ S級2班

垣外中(かいとなか)勝哉
前反(まえそり)祐一郎
宝満(ほうまん)大作
志智(しっち)俊夫
熊無(くまなし)俊一

December 20, 2008

◆ころがき

正月用の贈答品として関西を中心に人気が高い「古老柿」作りが、特産地の京都府宇治田原町で最盛期を迎えている。刈り取りが終わった田んぼに、丸太を組んでわらをふいた「柿屋」と呼ばれる棚を設け、皮をむいた直径5センチ前後の渋柿を並べ、15~20日間、寒風にさらして乾燥させる。その後、むしろに下ろして天日干しすると、白い粉を吹いた甘い干し柿に仕上がる。今年は雨が少なかったことなどから、渋みが抜けて例年以上に甘みが出ているという。

古老柿(ころがき)

December 19, 2008

◆ちょうう

第33期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)で防衛を果たし、通算4期目の名人位を獲得した張栩名人(28)の就位式が12日、東京都千代田区の東京会館で開かれた。日本棋院側から名人の允許状が手渡され、朝日新聞社社長から賞金3700万円の目録が贈られた。

史上最年少名人を目指した井山裕太八段(19)の挑戦を4勝3敗で振り切った張名人は、「本当に幸運で、信じられないくらいうれしい。井山さんとの対局は経験したことのないプレッシャーだった」と語った。秋までは名人、碁聖の二冠だったが、12月に天元、王座を奪取し、囲碁界で20年ぶりの四冠になった。

張栩(ちょう・う)
允許(いんきょ)状

December 18, 2008

◆かくれみの

子供にわらをかぶせ、健やかな成長を祈る「しびきせ祭り」が15日、北九州市小倉南区隠蓑の薬師寺(隠徳庵)であった。

壇之浦の源平合戦に敗れて逃亡中の幼い安徳天皇を、村人がわら(しび)の中にかくまった、という伝説にちなんだ祭り。今年の安徳天皇役の若山心愛ちゃん(9カ月)が母法子さん(31)とともに敷き詰められたわらの上に座ると、神主が頭からわらをかけ、健やかな成長を祈った。法子さんは「これで娘は元気に育ちます」と話していた。

隠蓑(かくれみの)
若山 心愛(わかやま ここあ)

December 17, 2008

◆かつき

農林水産省は16日、愛知県一宮市の食品加工会社「たけ乃子屋」が中国産のタケノコ水煮を国産と偽って販売したとして、JAS法違反で改善を指示した。同社は熊本罐詰(熊本市)など4社に中国産タケノコ水煮を販売し、国産として買い戻す手法で産地を偽装した。

偽装に協力したのは、熊本罐詰のほか、ぬながわ森林組合(新潟県糸魚川市)、出石缶詰(京都府木津川市)、甲木フーズ産業(福岡県立花町)。熊本、新潟、京都、福岡の4府県もこの日、JAS法違反で、それぞれ4社に対して改善を指示した。

特に熊本産とされた商品には「竹林農家の皆さん」として3人の写真が掲載されていたが、3人とも農家ではなく、熊本罐詰の従業員だった。熊本罐詰によると、たけ乃子屋から「農家として写真を撮らせてほしい」と要望があったという。

甲木(かつき)

December 16, 2008

◆むぎうだ

第58回全本学生討論会が13日東京の明治大学で開かれ、16大学から約400人が参加した。
上位入賞者は次の通り。

「立論の部」
1位 早稲田大学・谷矢愛 
2位明治大学・岩崎健太 
3位 鹿児島大学・麦生田勝也

「質問の部」
1位 明治大学・田村翔 
2位 関西大学・栗田武
3位 早稲田大学・立川聡

麦生田(むぎうだ)勝也
立川(たつがわ)聡

December 15, 2008

◆おうのやま

巨人は2011年春季から、従来の宮崎市に加えて、沖縄・那覇市の奥武山総合運動公園を第2キャンプ地として使用すると11日、発表した。実戦が増える2月中旬からチームの一部が、温暖な土地で最終調整に励む。

メーン球場となる那覇市営奥武山野球場(仮称)は10年3月に完成予定。両翼100メートル、中堅122メートル、収容人員は3万人で、内野は黒土混合土、外野は天然芝になるという。球場脇には人工芝のドーム型室内練習場(57メートル×66メートル)も併設予定で、公園内には陸上競技場、武道館、6人が同時に投げられるブルペンやサブグラウンドも整備される。

奥武山総合運動公園は1959年に開設された沖縄県初の運動公園。総面積29・8ヘクタール。那覇空港から那覇市街地へ向かう国道58号沿いに位置し、那覇空港から車で5分、市街地から約1キロの好立地。沖縄都市モノレール「ゆいレール」の壺川駅、奥武山公園駅から徒歩2分、那覇バスターミナルからは徒歩5分と交通の便も良い。

奥武山(おうのやま)

December 14, 2008

◆しかま

【ラスベガス(米ネバダ州)11日)=四竈衛、大塚仁】
松坂らが所属するレッドソックスが、中日からFA宣言した川上憲伸投手(33)の移籍先本命に急浮上した。同地でのウインターミーティングが終了。レ軍は川上に対し、先発陣の一角として3年総額2100万ドル(約18億9000万円)の好条件を用意していることが分かった。代理人ダン・エバンス氏(48)はメジャー28球団と交渉し「あとは川上次第」と話したが、他球団を寄せ付けない条件。初の1球団4人目となる日本人プレーヤーが誕生する可能性が高くなってきた。

四竈(しかま)衛

December 13, 2008

◆ばんぺいゆ

熊本県の特産で、世界最大級の柑橘類「晩白柚」の収穫が最盛期を迎えている。八代市の福田果樹園のビニールハウスでは、収穫したてのバレーボール大の晩白柚が所狭しと並び、甘酸っぱい香りが立ちこめている。晩白柚は収穫後、酸味を抜いて色づきをよくするため、日光に当てながら、1~2週間ほどハウスで追熟し、年末年始に向けて出荷される。

晩白柚(ばんぺいゆ)

December 12, 2008

◆とうろう

<悪徳金融業者の黒田(蟷螂襲)が事務所内で刺殺された。現場にハギの葉が散っていたことを知った鳥居(渡瀬恒彦)は、15年前の事件を思い出す>。テレビ朝日の刑事ドラマ「おみやさん」の1シーンである。

蟷螂 襲 は1958年生まれ、立命館大学文学部卒業、「PM/飛ぶ教室」主宰、テレビ・映画の脇役スターとして多数出演している。

蟷螂 襲(とうろう しゅう)

December 11, 2008

◆うめもと

人気歌舞伎役者で、上方舞「楳茂都流」の四代目家元継承が決まっていた片岡愛之助さん(36)が10日、三代目「扇性」を襲名し、正式に就任する。大阪市内のホテルで同日夕、襲名と継承の杯を交わし、来年3月に大阪松竹座で披露公演を行う予定。

楳茂都流は江戸末期に大阪で創設され、井上流、山村流、吉村流とともに上方舞四流と呼ばれる。三代目家元が85年に亡くなった後は家元の不在が続き、昨年6月、大阪出身の愛之助さんを後継者に決めた。愛之助さんは昨秋に開かれた先代家元の追善舞踊会にも出演していた。

楳茂都(うめもと)流
扇性(せんしょう)

December 10, 2008

◆ながへた

二階堂酒造のCMに出てくる、海に沈んだ道沿いに建っている電柱だけが海から突き出ているシーンは熊本県宇土市住吉町の「長部田海床路」だそうだ。囁くように画面とシンクロする語りは------
<近道は、遠回り。
急ぐほどに、足をとられる。
始まりと終わりを直線で結べない道が、
この世にはあります。
迷った道が、私の道です。
大分むぎ焼酎 二階堂>

有明海に面した住吉自然公園の海上に見える小さな島は,伊勢物語などにも登場する「風流島」だ。

長部田(ながへた)
風流島(たはれじま)

December 09, 2008

◆にょこうば

女紅場は、明治時代初期に全国につくられた、女子に裁縫、料理、読書きなどを教えるための施設。八坂女紅場学園は、都をどりが開催される祗園甲部歌舞練場に付属する芸事の専門学校で、15歳から80歳過ぎでも、祗園の芸・舞妓の全員が女紅場の生徒だ。舞、能楽、長唄、一中節、常磐津、清元、地唄、浄瑠璃、小唄、鳴物、笛、三味線、茶道、華道、書道、絵画などが学べる。通称「にょこば」。

女紅場(にょこうば)

December 08, 2008

◆つくばい

12月1日朝日俳壇より

蹲踞の隣が似合う石蕗の花 (稲畑汀子選)

溶岩を大きく据ゑて朱欒の湯 (長谷川櫂選)

蹲踞は日本庭園の添景物の一つで露地(茶庭)に設置される。茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもの。手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がある。

蹲踞(つくばい)
石蕗(つわ)
朱欒(ざぼん)

(*石蕗(つわぶき)は俳句の季語ではつわと読む)

December 07, 2008

◆こんにゃく

全国の消費者団体などで組織する「消費者主役の新行政組織実現全国会議(ユニカねっと)」は1日、マンナンライフによるこんにゃく入りゼリー製造再開について、「事故の再発の可能性が否定できない」と、製造・販売の見送りを求める声明を発表した。

ミニカップ入りのこんにゃくゼリーをのどに詰まらせた幼児が窒息死した事故を受け、10月から製造を中止していた食品メーカー「マンナンライフ」(群馬県富岡市)は26日までに、事故防止策が整ったとして製造を再開した。12月5日から販売を再開する見通し。

同社によると、事故防止策として(1)パッケージの正面に大きく「小さなお子様や高齢者の方は絶対に食べないでください」とのお願いを記載(2)裏面の警告文に「凍らせると硬さが増すので、凍らせないで」と追記(3)個別の包装にも「警告マーク」を記載(4)原料のこんにゃく粉を減らしてゼリーを少し柔らかくする、などの措置を取ったという。

販売を再開するのは「蒟蒻畑」(25グラム、12個入り)と「蒟蒻畑ライト」(24グラム、8個入り)のいずれもぶどう味、りんご味、白桃味の計6商品。

蒟蒻(こんにゃく)畑

December 06, 2008

◆げいびけい

一関市東山町の名勝・猊鼻渓は29日、今冬初の雪景色となり、客たちは冬の名物「こたつ舟」から趣たっぷりなみちのくの風情を堪能した。「渓谷に花が咲いたよう」と窓から見える景色に感激。船頭の「げいび追分」の名調子を聞きながら、絶景の冬の渓谷美を満喫していた。

舟の中には長さが7,2mもある特大のこたつをしつらえ、豆炭で暖を取る。舟にはアルミ制の屋根にビニールの覆いが掛けられ、ビニールや窓越しにも幻想的な渓谷美を楽しめる。

「こたつ舟」は船頭二人で運航。一人は竿を握り、相方は説明役を務め、「げいび追分」を歌う。こぎ手は防寒衣に身を固め、顔を真っ赤にして川風に耐える。「こたつ舟」は19年2月まで運航される。

猊鼻渓(げいびけい)

December 05, 2008

◆ごえいどう

1636年に建立され、約200年ぶりの大修復が進む西本願寺の重要文化財「御影堂」(京都市下京区)で11月26日、723畳の巨大な堂内に畳を敷き込む作業が公開された。9年前に始まった修復工事は年内にほぼ終わる予定で、来年4月から参拝ができるようになる。

畳工事は11月7日に始まった。職人たちが隣り合う縁の文様をぴったりそろえ、丁寧に敷き込んでいる。畳のうち625枚の芯の部分には、200年前の「畳床」を再利用した。近年は貴重になった手縫いで作られ、機械縫いにはない質感があるという。

御影堂(ごえいどう)

December 04, 2008

◆ひじりざわ

パリーグ・楽天の聖沢諒外野手(23)が1日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の1000万円でサイン。野村克也監督(73)の指令で検討していた登録名の変更は行わず、来季も『聖沢』のままで勝負することになった。珍しい名字を、まずは全国のファンに覚えてもらうつもりだ。監督、すいません!

全国的にも珍しい『聖沢』という名字。長野・千曲市の出身だが、「地元でも少ない。電話帳で調べても5件くらいしかない」という。まずは、この『聖沢』という名前を全国区にすることが使命だ。俊足を生かし今季は34試合に出場したが、「大事な場面での出場が少なかった」。来季はインパクトのある活躍をするつもりだ。

聖沢(ひじりさわ)諒

December 03, 2008

◆あどがわ

関西で唯一の熱気球大会「熱気球琵琶湖横断」が29日、2日間の日程で滋賀県高島市安曇川町で始まった。風が弱く、琵琶湖横断は町内飛行に変更されたが、京阪神を中心に集まった23チームのカラフルな熱気球が冬の青空に漂った。琵琶湖の恒例行事で32回目。1キロほど離れたゴールポイントに砂袋を落とすフライインという競技方法で行った。午前7時半ごろから各チームが好きな地点から離陸、市内の藤樹神社近くの田んぼに砂袋の投下を試みた。熱気球が近づくと多数の写真愛好家や家族連れが「すごい」と喜び、カメラに収めていた。近くの青柳小では、体験搭乗会も開かれ、市民が楽しんだ。

安曇川(あどがわ)

December 02, 2008

◆つげの

愛知県新城市の私立黄柳野高校が学生寮に喫煙室を設置したとして、県警少年課が県青少年保護育成条例違反(喫煙場所の提供)容疑で同校を家宅捜索していたことが分かった。同校は「禁煙指導室であり、喫煙室ではない」としているが、生徒の喫煙を黙認していた。県警は教職員らから事情聴取し、容疑が固まり次第、書類送検する。家宅捜索は29日に行われ、県警は灰皿などを押収した。

同校によると、喫煙室は「禁煙指導室」との呼称で07年4月、4棟ある男子寮に1室ずつ設置された。同校では同年1月、女子寮で、たばこが原因とみられるぼやが発生。「隠れて山林でたばこを吸って山火事になったら周囲に迷惑をかける」などの理由から寮に喫煙場所を設けた。「禁煙させることが目的」とされるが、常に開放された状態で、生徒は自由に出入りし喫煙していたという。押収された灰皿について同校は「生徒が用意した。学校は置いていない」と釈明している。女子寮(1棟)については生徒が外に喫煙所を設けていたという。

黄柳野(つげの)高校

December 01, 2008

◆むら

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯最終日は30日、東京・国立代々木競技場で男子自由が行われ、ショートプログラム(SP)1位の織田信成(関大)が自由でも1位となり、計236.18点で3年ぶり2度目の優勝をした。2季ぶりにGPに復帰した織田は通算3勝目。前日の浅田真央(愛知・中京大中京高)に続いて、日本勢が男女で優勝を飾った。

昨季の世界選手権3位のジョニー・ウェア(米)が2位。日本勢でGP初出場の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)が198.07点の5位、南里康晴(ふくや)は167.73点で8位だった。

無良崇人の父、無良隆志コーチは、現役時代の79年から82年まで、4年連続NHK杯に出場した選手。無良崇人は26年前に父が立っていた舞台と同じ場所で、GPシリーズデビューを飾った。

無良(むら)崇人

« November 2008 | Main | January 2009 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks