« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009

July 31, 2009

◆きずき

今年デビューした歌手城南海(19)が、故郷の鹿児島・奄美大島で日本初となる皆既日食PV(プロモーションビデオ)撮影を成功させた。8月19日発売の初アルバム「加那(かな)~イトシキヒトヨ」のために、皆既日食中の太陽と同じフレームの中で歌う姿を特別なワイドレンズを使って撮影した。城は「太陽にパワーをもらいました」。46年ぶりに日本で観測された天空ショーをきっかけにさらなる飛躍を誓った。

夜のような暗さの中、城は足首まで海につかり体を揺すり続けた。太陽がすっぽりと月の影に隠れ、その約3分後、再び少しずつ光が差してくる。「子どものころよく遊んだ」海岸での皆既日食同時PV撮影。日本で46年ぶりに観測された天空の調べを、そのまま歌声に乗せた。1カ月前から撮影準備を続けてきた城は「(日食は)言葉にできないくらい感動した。不思議なパワーをもらった感じがします。でもずっと太陽を見続けていたので首が痛くなっちゃった」と笑った。

城 南海(きずき みなみ)

July 30, 2009

◆しがわたりどう

岩手県岩泉町にある日本有数の大きさの鍾乳洞・氷渡洞で、細かな針状の結晶に覆われた世界的にも珍しい石筍が発見された。洞穴の調査をしているNPO法人の日本洞穴探検協会が5月に見つけた。

石筍は、天井から落ちた水滴に含まれる炭酸カルシウムが床に積み重なって成長していく。水滴が落ちてできるため、ふつうは表面が滑らかだ。ところが、発見された石筍は高さ約50センチのキノコのような形で、傘に似た部分(直径約25センチ、高さ約20センチ)が針状の結晶に覆われ、上部は噴火口のような形をしていた。この石筍があった空間は約2万年前にできたと推定されている。

氷渡洞(しがわたりどう)
石筍(せきじゅん)

July 29, 2009

◆いちきゅうはちよん

村上春樹長編小説「1Q84」(全2巻各1890円、新潮社)が驚異的なペースで売れている。「BOOK1」と「BOOK2」を合わせた発行部数は今月200万部を超え、いまだに勢いは衰えない。その余波で、村上さんの既刊が大幅に増刷となったほか、作中に登場した文学やクラシック曲までが突然売れ始めるという思わぬ経済効果も生み出した。

東京・神田神保町の三省堂書店神保町本店では、村上さんの長編小説が発表されると、本を積み重ねた“タワー”ができた。『1Q84』が先行発売された5月27日に出現したタワーは、2日後の全国発売日には早くも“消滅”した。初回入荷の2巻計2千冊が完売するのに1週間もかからなかった。

読者の関心の高さは、発売前から伝わっていた。大手ネット書店のアマゾンジャパンは5月20日時点で、2巻計1万冊の予約注文があることを公表。発行元の新潮社では予約の殺到を受け、初版部数(20万、18万)を各5万部増刷した。文芸作品で数万部規模の事前増刷が決まるのは異例。今月1日には「BOOK1」が100万部を突破したが、「前代未聞といえる早さ」(新潮社)だった。

1Q84(いちきゅうはちよん)

July 28, 2009

◆まなお

集中豪雨で被災した山口県防府市真尾の特別養護老人ホーム「ライフケア高砂」の被災現場で27日、女性1人の遺体が新たに見つかった。これで山口県内の死者は15人。行方不明者は同市の国道262号付近の女性と岩国市内の男性の計2人になった。

山口県や福岡県などで多くの死者・行方不明者を出した大雨について、気象庁は27日、「平成21年7月中国・九州北部豪雨」と命名した。両県を中心に降水量の記録を更新。福岡県太宰府市や山口県防府市などでは、19~26日の8日間で、7月の平均降水量の2倍近い雨が降った。

同庁によると、梅雨前線の活発化で21日に山口県、24~26日に九州北部を中心に、非常に激しい雨となった。19~26日までの総雨量は、太宰府市大宰府で636.5ミリ、福岡県飯塚市で604.5ミリ、防府市で549.0ミリなど、7月の平年値の2倍近くに達した。

防府(ほうふ)市
真尾(まなお)

July 27, 2009

◆しらみず

福島県いわき市の白水阿弥陀堂の庭園池では古代ハスが見ごろを迎え、神秘的で優雅な姿が訪れる人を魅了している。この古代ハスは、1951年千葉市の落合遺跡で発掘された今から2000年以上前の種が発芽・開花したもの。住職が根を譲り受け育成した。

 白水阿弥陀堂は、平安時代末期の1160年、国主岩城則道の妻徳尼(藤原清衡の娘)が亡き夫を弔うために寺を建て「願成寺」と名付け、その一角に阿弥陀堂を建立。1952年国宝に指定されている。古代ハスは早朝より咲き始め、昼ごろには閉じてしまう。 

白水(しらみず)

July 26, 2009

◆いっそう

文化審議会は17日、能囃子方笛の一噌仙幸さん(69)、地歌の富山清琴さん(59)、河東節三味線の山彦千子さん(63)の3人を重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定し、「琉球舞踊」を重要無形文化財に指定するよう、塩谷文部科学相へ答申した。

 河東節三味線からの認定は初めて。富山清琴さんは、昨年94歳で亡くなった初代清琴(00年から清翁)さんの長男。琉球舞踊保存会の39人も重要無形文化財保持者の団体の構成員として認定される。人間国宝は現在、定員116人で、これで芸能58人、工芸技術58人(重複認定者が1人おり実質57人)となる。

能囃子方(はやしかた)
一噌仙幸(いっそう ひさゆき)
山彦千子(やまびこ せんこ)

July 25, 2009

◆ななほかい

福島県会津地方で800年余りの歴史を持つ「田島祇園祭」が23日あり、真夏の花嫁行列として有名な「七行器行列」が行われた。疫病退散や五穀豊穣などを祈り、神社へのお供え物をささげ持って町中を練り歩く行列の見どころは、角隠しに色とりどりの振り袖姿の女性たち。「花嫁姿」は住民にとって一番の正装だったためとされ、祭りを輪番制で取り仕切る氏子たちの親類縁者が扮する。田園の中をしずしずとゆく幻想的な花嫁たちの風景に、沿道はカメラをかまえる大勢の観光客であふれた。

七行器(ななほかい)行列

July 24, 2009

◆たいま

米海軍横須賀基地の元日本人従業員對間均さん=2007年5月死亡当時(51)=のアスベスト被害に対する損害賠償訴訟で、横浜地裁横須賀支部が国に対し7684万円の支払いを命じた判決について、防衛省は21日、控訴しないことを決定し、同日、全駐留軍労働組合県本部に伝えた。

 同支部は今月6日に言い渡した判決で、アスベスト粉じん対策が不十分だったとして、国の安全配慮義務違反を認定。これまで同基地のアスベスト労災では、元従業員らが3次にわたる訴訟を起こしすべて和解や補償が成立しているが、建物のメンテナンスにかかわる従業員のアスベスト被災が初めて認められた。

 南関東防衛局は「判決を慎重に検討し関係機関と調整した結果、控訴の理由に該当する事項が見当たらないことから控訴は行わないこととした」と理由をコメントした。

對間(たいま)均

July 23, 2009

◆あくせき

月が太陽を完全に覆い隠す今世紀最長の皆既日食が22日午前、各地で確認された。日本の陸地で見られるのは46年ぶりとあって、鹿児島県の吐喝喇列島、種子島南部や奄美大島北部などに2万人近い天文ファンが集結したが、6分25秒と陸上では最も長い時間観測できるとして約1100人が集まった吐喝喇列島(十島村)の悪石島では風雨が強まり、竜巻の可能性があるとして屋内への避難が呼びかけられる一幕もあった。

 晴天に恵まれたのは北硫黄島(東京都小笠原村)付近の太平洋上で、今世紀最長となる6分39秒の皆既日食が確認できた。“黒い太陽”の周りに普段、肉眼で見えないコロナが真珠色に広がって見えた。近海では、普段は東京と小笠原を結ぶ「おがさわら丸」や、兵庫県立大がチャーターした「ふじ丸」など、天文ファンを乗せた船が集まり、天文ショーを楽しんだ。

吐喝喇(とから)列島
悪石(あくせき)島

July 22, 2009

◆ちんなみ

山口県内は21日、各地で集中豪雨に見舞われ、土石流や土砂崩れが相次いで発生し、計5人が死亡、9人が行方不明となった。正午すぎに防府市真尾の特別養護老人ホーム「ライフケア高砂」の裏山が崩れ、ホームに土砂が流れ込んだ。県警によると、入所していた3人が死亡し、4人が行方不明。県は同日、災害対策本部を設置し、自衛隊に災害派遣の出動を要請。内閣府や国土交通省も被災状況を調べるため、職員らを22日に現地に派遣する。

また、ホームから南西に約5キロ離れた防府市下右田の国道262号付近でも、土石流が発生。国道をまたぐように土砂が流れ込み、十数台の車のほか、住宅も土砂に埋もれた。避難の途中だった防府市高井の原田タケ子さん(85)が巻き込まれて死亡し、1人が行方不明に。男性2人と女性1人が防府市内の病院に運ばれた。

 この現場では、救助に向かった消防隊員約10人も一時、鉄砲水にのみ込まれたが、無事に救出された。目撃者によると、信号の高さほどの鉄砲水に消防車ごと流されたという。近くを流れる剣川の支流が増水して決壊したらしく、周囲に直径5、6メートルの岩が点在していた。

 防府市奈美の奈美川では午後3時すぎ、近くの鎮波東海男さん(66)の遺体が見つかった。ライフケア高砂近くの住宅でも家が土砂に流されて2人が行方不明になり、防府市だけで5人が死亡、7人の行方がわかっていない。

 福岡管区気象台によると、防府市では19日昼の降り始めから21日夕までに298・5ミリの雨が降った。7月の平年月間雨量に匹敵し、午前9時20分までの1時間雨量は観測史上最大の70・5ミリを記録。21日早朝から夕方にかけて、県内各地で土砂災害警戒情報や竜巻注意報などが相次いで発令されていた。

真尾(まなお)
鎮波東海男(ちんなみ とみお)

July 21, 2009

◆こずかた

7月20日、岩手県営野球場で行われた高校野球岩手県予選の準決勝で、不来方高校は盛岡大学附属高校に7対0で敗れた。岩手県立不来方高等学校は、岩手県紫波郡矢巾町にある県立の高等学校。 多岐にわたる分野での人材を育成しており、在学生の人数は県内の高校でも最大規模。

県内唯一カヌー部があり、近年サッカー部は県内の強豪の仲間入りを果たした。さらに、ハンドボール部、バレー部、ホッケー部と岩手でもスポーツが盛んな高校である。 ラクビー部は一時期アンガスの紹介から留学生をメンバーにしていたこともある。通称は不来方。 音楽部は毎年全国大会でほぼ金賞以上に名を連ねる全国屈指の名門。

盛岡市、後に「森ヶ岡」次いで「盛岡」が城下町の名として用いられるまで、当地は「不来方」の名で呼ばれたと伝えられる。 ... 「岩手県立不来方高等学校」の開校によって、所在地である矢巾町附近に「不来方」を冠する施設が多いが、本来、矢巾地域を示す言葉ではない。

不来方(こずかた)高校

July 20, 2009

◆あつま

北海道屈指のサーフィンポイント、浜厚真海岸がある厚真に町内初の専門店「タクーサーフ」が11日、オープンする。サーフィン好きが高じて昨秋、江別から移住した村上巧さん(38)が自宅の一部を活用した。「サーファーと地域住民が交流する場にしたい」と張り切っている。

 浜厚真海岸から店舗まで車で10分ほど。15平方メートルほどの店内はサーフボードはもちろんケースや小物もびっしりと並ぶ。妻朋子さん(37)が経営する着物のリメーク工房「棹禹」とは隣り合わせだ。

 宗谷管内中頓別町生まれの村上さんはサーフィン歴10年。7年間滞在したオーストラリアではインストラクターも務めた。帰国後はダイビングインストラクターをしながら道内各地の浜を回ったが、「自然も食べ物も一番」と、厚真への移住を決意。昨年9月、上厚真市街地に近い分譲地に新居を構えた。店名はオーストラリア時代の愛称から付けた。

厚真(あつま)
棹禹(タクー)

July 19, 2009

◆しめぎ

クライスラー日本(東京・港)は15日、同社の営業部長である七五三木敏幸氏(50)が16日付で社長に就任する人事を発表した。クライスラー車の販売を手がける日本法人としては12年ぶりの日本人社長となる。クリストファー・エリス前社長(49)は新生クライスラーの「ジープ」ブランドの商品戦略責任者として米国の本社に帰任する。

七五三木(しめぎ)敏幸

July 18, 2009

◆ひしな

北海道大雪山系のトムラウシ山(2141m)と美瑛岳(2052m)で登山ツアー中北海道大雪山系のトムラウシ山(2141m)と美瑛岳(2052m)で登山ツアー中の二つのパーティーが遭難した事故で、道警などの救助隊は17日早朝、トムラウシ山のパーティー18人のうち、男女12人を発見、道警などのヘリコプターで収容したが、8人は死亡。5人は自力で下山した。残る1人の行方は分かっていない。

一方、同日未明には、救助隊が美瑛岳のパーティー6人を発見した。女性1人(64)が死亡、5人は命に別条はないという。道警などによると、トムラウシ山のパーティーで死亡したのは女性6人と男性2人。いずれも山頂付近などで救助隊に発見されたという。真鍋記余子さん(55)=浜松市=ら4人は生存が確認された。また、斐品真次さん(61)=山口県岩国市らの5人は16日深夜から17日早朝にかけて自力で下山した。

斐品(ひしな)真次

July 17, 2009

◆つづれこ

秋田県北秋田市綴子地区の八幡宮綴子神社で14日、例大祭が始まり、ギネスブックにも掲載された直径3.71メートルの大太鼓が集落を練り歩いた。雨ごいや豊作を祈願する約700年続く伝統行事。同地区の下町が豊臣を、上町が徳川を名乗って毎年交互に担当し、近年まで太鼓の大きさを競ってきた。今年は下町が当番。大太鼓は午後7時ごろ、2台の太鼓を従えて集落を出発し、「ドーン、ドーン」と勇壮な音を響かせながら神社へ向かった。

綴子(つづれこ)

July 16, 2009

◆ながれ

博多祇園山笠は15日早朝、15日間の祭りのフィナーレを飾る「追い山」があり、福岡市博多区の櫛田神社をスタートした七つの舁き山と飾り山が、博多の街を駆け抜けた。沿道には多くの見物客が詰めかけ、熱気であふれた。

 空がうっすらと白み始めた午前4時59分、大太鼓の合図で一番山笠・東流が「ヤー」というかけ声をあげ、「櫛田入り」。神社境内の「清道旗」と呼ばれる縦4.5メートルの長旗を1周した後、街に飛び出していった。

 ビルが立ち並ぶ大通りや古い街並みの細い路地を、舁き手を次々と交代させながら走り抜けていく。重さ1トンを超す舁き山をかつぎ、必死の形相の男衆に沿道から拍手と声援が飛んだ。バケツやホースから次々かけられる「勢い水」で熱気を冷ましながら、約5キロの道のりを走りきった。

流(ながれ)
舁(か)き山
「勢(きお)い水」

July 15, 2009

◆とにむら

東京都新宿区の路上などで、女性2人が相次いで男に傘で襲われた事件で、警視庁は14日、住所不定、無職十二村浩容疑者(31)を傷害と暴行の疑いで逮捕したと発表した。十二村容疑者は調べに「仕事が見つからずイライラしていた」などと話しているという。

 新宿署によると、十二村容疑者は今月6日午前11時すぎ、新宿区新宿5丁目のコンビニエンスストア「ファミリーマート新宿靖国通り店」の店内で、客の女性会社員(25)の左肩を傘でたたいた。

 さらに5分後には同店から西に約300メートル離れた新宿3丁目の靖国通りの横断歩道を歩いていた女性(25)に「おい」と声をかけ、振り返った女性の顔を傘で殴り、髪をつかんで引きずり倒して傘や手で殴ったうえ、右手小指を踏みつけて20日のけがを負わせた疑いがある。

十二村(とにむら)浩

July 14, 2009

◆いのだ

京都・祇園祭の巡行を前に、山鉾のひとつの菊水鉾が12日、京都市中京区の新築マンション2階と臨時の渡り廊下で結ばれた。鉾の保存会が施主と交渉し、廊下の設営が可能になった。巡行で鉾の上部でや笛を演奏する囃子方も、より安全に乗り降りでき、13~16日は観光客も鉾に上がれる。

 祇園祭の山鉾32基のうち8基は毎年、巡行に先立ち各町内の本部に相当する「町会所」の2階と山鉾の上部を、「橋掛かり」と呼ばれる渡り廊下でつなぎ、囃子方や観光客が乗降できる。町会所がビル内にある菊水鉾はこれまで、路上からハシゴで鉾に上がっていたが、観光客がハシゴから落ちてけがをしたこともあった。

 転機は07年。町内にマンションが建設されることを知った菊水鉾保存会の猪田浩市理事長(62)らが、施主に「2階から鉾に渡れないか」と要望。施主側も「伝統の祇園祭に協力できるなら」と設計変更に応じた。橋掛かりの高さは3.9メートル。マンション内の階段を上がり、2階から長さ6メートルの橋掛かりを伝って鉾に渡ることができる。

鉦(かね)
囃子方(はやしかた)
猪田(いのだ)浩市

July 13, 2009

◆はとうず

宮崎県は計画中の東九州道蒲江IC(佐伯市蒲江、仮称)-北浦IC(宮崎県延岡市、同)間(約14キロ)の佐伯市蒲江波当津地区で、新しいインターチェンジ設置が国から認められたと発表した。同区間と同じ12年度の供用開始を目指し、事業を進める。県道路課によると、IC設置に伴い、県が事業費約5億円を負担する。決定を受け、佐伯市の西嶋泰義市長は「ICによって陸の孤島が解消され、地域にとっても安全・安心につながり、キクなど花き生産者の流通にも役立つ」と歓迎した。

波当津(はとうづ)

July 12, 2009

◆ひじまち

大分県日出町の大分自動車道で11日朝、全国高校野球選手権大分大会の開会式に向かう柳ケ浦高校(同県宇佐市)の野球部員ら47人が乗った大型バスが横転した事故で、自動車運転過失致傷の疑いで現行犯逮捕された同校教諭で野球部副部長の不破大樹容疑者(26)が県警に「速度を出しすぎてハンドル操作を誤った」と話していることが、県警への取材でわかった。

事故では、2年生の吉川将聖さん(16)=奈良県桜井市出身=が首を強く打つなどして死亡、重傷5人を含む部員42人がけがをした。県警は容疑を自動車運転過失致死傷に切り替えて調べている。

日出町(ひじまち)

July 11, 2009

◆もん

来春予定の京都府知事選で、京都民医連第二中央病院長、門祐輔氏(53)が2日、京都市上京区で記者会見し、立候補を正式に表明した。今後、共産党や京都総評などでつくる「府民本位の新しい民主府政をつくる会(民主府政の会)」から推薦を受ける方針。門氏は大阪市出身。京都大医学部卒。東京大医学部リハビリテーション部医員、京都民医連中央病院内科医長などを経て現職。京都市上京区在住。

門(もん)祐輔

July 10, 2009

◆あしう

芦生原生林(京都府南丹市)をモノクロで表現した写真展が、京都市下京区仏光寺通烏丸東入ル一筋目上ルのギャラリー&喫茶で行われている。全紙4枚分の大型作品など10点が静かな森の空気を伝えている。

西陣織職人で、40年来趣味の写真を撮り続ける斉木正雄さん(74)=上京区=の作品。奥行きや空気感をとらえる銀塩写真の「描写力」を伝えようと、展示を企画した。

京都府美山町の芦生原生林(京都大学 芦生研究林)と周辺の里山など、岩谷峠、三国岳の登山口である朽木古屋の保谷林道、櫃倉谷コース などの景観が活写されている。

芦生(あしう)原生林
繭(まゆ)
三国岳 (さんごくだけ)
朽木古屋 (くつき ふるや)
櫃倉谷(ひつくらだに)

July 09, 2009

◆しめかけ

七五三掛地区のみなさん、ご無事と健康を心よりお祈りします-。映画「おくりびと」の滝田洋二郎監督から3日、地滑り災害が続く同地区の住民を励ます手紙が寄せられた。地区には撮影舞台となった家屋があり、依然被害が収まらない現状を心配した滝田監督が、ロケ地を提供した小野寺憲清さん(64)に直筆でしたためた。

「おくりびと」は庄内地方を舞台に、遺体をひつぎに納める納棺師の姿を通して、生と死の尊さを描いた物語。日本初となる米アカデミー賞外国語映画賞に輝いた。地区には撮影舞台となった家屋が2軒あり、いずれも小野寺さんが2007年3月ごろに住民から譲り受けた。庄内映画村を通じて滝田監督が現地を視察した際、木造建築の独特のたたずまいを気に入り、ロケ地になったという。

七五三掛(しめかけ)

July 08, 2009

◆えさし

「オホーツクミュージアムえさし」開館10周年を記念する特別展「謎の岩面刻画-フゴッペ洞窟」が1日、同ミュージアムで始まった。9月6日までの期間中、講演会やシンポジウムなども開催する。特別展は、枝幸小学校児童や茂木重行教育長らのテープカットで開幕。道開拓記念館の右代啓視、鈴木琢也両学芸員らが100人の来場者を前に、後志管内余市町にある洞窟について説明。さらに、大昔からオホーツク沿岸と余市・小樽周辺の間で、人や物の交流があったことを解説した。

枝幸(えさし)小学校
右代(うしろ)啓視

July 07, 2009

◆ぬかおとまるまち

4日の石川県内は大気の状態が不安定となり、曇りで能登北部では強い雨が降った。正午までの最高気温は金沢26・4度、輪島25・2度とほぼ平年並みだった。県内の百貨店や寝具店では、蒸し暑い季節の寝苦しさを解消する機能を備えた「涼感寝具」が脚光を浴びている。

金沢市額乙丸町の石田屋金沢南本店では、すべてが麻製の自宅で洗える新商品の敷きパッド、掛け布団、枕用シートが好評だ。掛け布団と敷きパッドは品切れとなる人気ぶりで、中川幸恵店長は「麻素材は汗を吸い取って発散させ、ひんやり感もあって最適」と話す。

額乙丸町(ぬかおとまるまち)

July 06, 2009

◆けんぐん

熊本市の健軍商店街振興組合(釼羽逸朗理事長)は、同商店街のアーケードに色とりどりの七夕飾りを設置した。毎年行っている恒例行事。地元の15の幼稚園、保育園から園児ら約500人が参加。手作りの短冊や輪っか状の紙などを長さ約7メートルの笹17本に丁寧に取り付けた。設置は7月7日まで。

短冊には「お姫さまになりたい」など子どもらしい願いが並ぶ中、「鼻血が出ませんように」など“切実な!?”願いも。釼羽理事長(57)は「見る人の心が少しでも和めば」と話していた。

熊本市電の健軍方面行きの終点の電停「健軍町」すぐそばに健軍商店街はある。南北に285メートルある通り沿いに、果物店や生花店など約60店舗が軒を連ねる。所々で買い物客や店員の談笑する光景が見られ、地域のぬくもりを感じさせる。

92年にアーケードが完成した。買い物客が休憩できるベンチが計8カ所に設置されている。歩道と道路の段差はほとんどなく、カートを押して買い物をするお年寄りたちにも優しい構造になっている。土、日曜日と祝日の午前11時~午後6時は歩行者天国になる。

健軍(けんぐん)商店街
釼羽(みわ)逸朗

  

July 05, 2009

◆ゆとう

30日の石川県内は梅雨前線の影響で曇り、正午の気温は金沢で23・6(平年24・9)度、輪島で23・0(同23・1)度となった。金沢市湯涌温泉の薬師寺境内では「氷室開き」が行われた。今年は旧氷室小屋を活用したことで、3年ぶりに「湯涌の雪」が登場。昨年7月の水害から復旧を進める住民らは笑顔をのぞかせ、伝統を守る心意気を新たにした。

1月の「仕込み」で氷室小屋に詰めた雪はほとんど解けてしまったが、今年は玉泉湖の湖畔にある旧氷室小屋も併用して雪を保管した。この日は早朝から、湯涌温泉観光協会員が冷凍庫で保管していた約400キロの雪を氷室小屋に運び入れた。式典では、小屋を清める仏事が営まれた後、白装束の若衆が雪を切り出し、薬師寺に献上した。

湯涌(ゆとう)温泉

July 04, 2009

◆さめうら

梅雨前線の影響で、早明浦ダム周辺では1日夕方から降雨があり、同日午後8時までに上流域で24梅雨前線の影響で、早明浦ダム周辺では1日夕方から降雨があり、同日午後8時までに上流域で24・8ミリ、下流域で20・8ミリを観測した。高松地方気象台によると、高知県中部では2日昼過ぎまで強い雨が降る見込み。前日までの雨で貯水率は30%台に戻っており、ダムへの流入はさらに続くとみられる。

1日午後8時現在の貯水率は33・8%(平年値87・7%)で前日より4・3ポイント上昇した。早明浦ダムでは引き続き放流を停止中。吉野川水系水利用連絡協議会は香川用水の取水制限の一時解除を継続している。

早明浦(さめうら)ダム

July 03, 2009

◆しょうまんいん

大阪の夏祭りのトップを飾る「愛染まつり」が30日、大阪市天王寺区夕陽丘町の愛染堂勝鬘院で始まった。事前公募の「愛染娘」12人が宝恵かごに乗り込んでパレードを展開。「愛染さんじゃ、ほえかご」と、梅雨空を吹き飛ばす元気な掛け声で祭りの到来を告げて回った。同院は縁結びなどの御利益で知られ、愛染まつりは593年に聖徳太子が開いた日本最古の祭りとされる。

勝鬘(しょうまん)院
宝恵(ほえ)かご

July 02, 2009

◆かまくらよひら

鎌倉四葩」はあぶらとり紙専門店。平安時代の歌人、源俊頼の歌にも詠われた「四葩」とは、四つの花片の意味で「あじさい」の別名でもあり、小物を含む商品は全て材料を厳選した手作りです。絶賛の “正絹配合”は柔らかさと高い吸脂力を追求し、金箔打紙製法にて箔打ち職人が極限まで薄く繊細に叩いて作りました。国内初で唯一当店だけの製造・販売です。大好評の“紫陽花”は抗菌・抗炎作用のあるラベンダーエキス配合で、しっとり・乾燥どちらのお肌にも最適です。

鎌倉四葩(かまくらよひら)

July 01, 2009

◆くにじま

柴島駅は、大阪府大阪市東淀川区柴島2丁目にある、阪急電鉄千里線の駅。阪急電鉄の駅の中でも難読の駅名として知られており、また阪急では松尾駅についで乗降客数が少ない駅である。柴島浄水場を挟んで阪急崇禅寺駅が至近に存在する。現在高架工事の計画がある。

柴島(くにじま)駅

« June 2009 | Main | August 2009 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks