« August 2009 | Main | October 2009 »

September 2009

September 30, 2009

◆じんじょう

公演「東大寺 二月堂お水取り」が26日、東京・国立劇場で始まった。27日まで2回の公演に同寺一山の僧侶が出演し、1日6度の行を2週間繰り返す法会の主要部分を披露する。同劇場での公演は96年以来13年ぶり。すでに予約で満席になっている。

世上のあらゆる罪を本尊の十一面観音菩薩に懴悔し、平和や五穀豊穣を願うお水取りの行のうち、おたいまつに続いて営まれる初夜、半夜を26日に、後夜晨朝を27日に披露する。観音の名前をリズミカルに歌い上げる宝号や、行のリーダーの大導師が祈りの趣旨を恭しく告げる諷誦文などがあり、本来は灯明だけの暗い堂内で格子越しにしか見られない所作などに見入った。2日目は、観音により近づこうと須弥壇の周りをひたひたと走る「走り」が、初めて堂外で再現される。

後夜(ごや)
晨朝(じんじょう)
諷誦文(ふじゅもん)

September 29, 2009

◆えびす

25日午後11時ごろ、高知県宿毛市の沖合約25キロロに浮かぶ沖の島の南約22キロを航行中のカツオ一本釣り漁船久丸=14トン=から海上保安庁へ「船長が海に転落した」と通報があった。約6時間後、船長は近くの海上で救命胴衣を着けずに泳いでいるところを捜索中の巡視船に救助された。宿毛海上保安署によると、船長は病院に運ばれたが無事で、命に別条はないという。

同保安署によると、転落し、救助されたのは久丸の船長で同県東洋町甲浦の蛭子寿久さん(49)。救助されるまでの約6時間、蛭子さんは立ち泳ぎや平泳ぎをしていたとみられる。当時の水温は27度、波の高さは1.5メートルで、同保安署は「体温よりも10度近く冷たく暗い海の中で6時間も泳ぎ、無事でいられるのはきわめてまれなケースだ」としている。

蛭子(えびす)寿久

September 28, 2009

◆ひるま

浜松ホトニクス(浜松市中区)は25日、晝馬輝夫会長兼社長(83)が代表権のない会長に退き、新社長に輝夫氏の長男で米国子会社社長を務める晝馬明理事(52)を充てるトップ人事を発表した。12月18日に開催予定の株主総会後の取締役会で正式決定する。社長交代は1978年以来、31年ぶり。 

輝夫氏の体調不良がトップ交代の理由。取締役らは輝夫氏の経営理念を長男が引き継ぐことが最適と判断、7月中に輝夫、明両氏に打診し、8月初旬に交代を決めた。体制強化のため、大塚治司副会長(74)が5年ぶりに代表権のある副社長に就任する。輝夫氏が務める光産業創成大学院大理事長などの要職は後進に譲るべく調整する。

晝馬(ひるま)輝夫

September 27, 2009

◆もとの

千葉県本埜村の小川利彦村長(63)が地方自治法の規定に反し、村議が求めた臨時議会の招集を2カ月以上、無視し続けている。隣接する自治体との合併問題で消極的な姿勢に転換した村長に、村議が不信任案を突き付けようとしているためだ。住民団体も村長の解職請求(リコール)運動を行う事態に発展。人口9000人余の小さな村は揺れに揺れている。

本埜(もとの)村

September 26, 2009

◆のぞえ

富士通は25日、野副州旦社長が健康上の理由で社長を辞任し、同日付で間塚道義会長が社長を兼務すると発表した。野副氏は取締役も辞めて相談役に退き、病気療養に入る。

野副氏は昨年6月に社長に就任したばかり。独シーメンス社と折半出資で設立したコンピューター会社を完全子会社化して、海外事業を強化する一方、不採算だったHDD(ハードディスク駆動装置)事業の東芝への売却を決めるなど、事業の選択と集中を進めていた。間塚氏はITシステムの営業畑が長く、昨年6月の野副氏の社長就任時に、副社長から会長に就いていた。

野副 州旦(のぞえ くにあき)

September 25, 2009

◆そうとめ

全国の障害者施設でつくる社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」(全精社協、事務局・東京)が国の補助金を流用するなど不正な経理をしていた問題で、大阪地検特捜部は24日午後、協会の資金約1千万円を着服したとして、会計担当だった元事務局次長、五月女定雄容疑者(58)=さいたま市北区=を業務上横領容疑で逮捕した。

 特捜部の調べによると、五月女容疑者は05年から昨年までの間、全精社協の口座から複数回にわたって現金を引き出し、計約1千万円を着服した疑いがある。馬券の購入など私的流用が確認されているという。横領総額は1千数百万円にのぼるとされる。協会の資金から少なくとも数百万円が政治家らに流れたとみて追及する。

五月女(そうとめ)定雄

◆あしろくじ

20日午前11時50分頃、立山町芦峅寺の北アルプス・剱岳山頂付近にある通称「カニノヨコバイ」と呼ばれる尾根(約2950メートル)を下りていた水戸市、会社員大曽根みち子さん(59)が足を滑らせ約30メートル下の谷に転落した。大曽根さんは頭を強く打っており、現場で死亡が確認された。

 上市署の発表によると、大曽根さんは夫(63)と2人で19日に室堂から入山。20日は剱御前小舎を出発し剱岳に登頂後、下山していたという。現場は急な岩場で、大曽根さんは岩場に設置された鎖を伝って下りていたところ足を滑らせたという。大曽根さんは登山歴約10年だった。

 また、19日午後1時頃、立山町芦峅寺の剱沢雪渓の登山道(約2150メートル)で、高岡市野村、会社役員川端聡さん(62)が転倒し、右足首の骨を折る重傷。20日午前8時10分頃にも、剱沢のガレ場(約2150メートル)で、京都市伏見区、会社員葭原貴之さん(43)が転倒し、左足首の骨を折る重傷を負った。同日午後4時頃には、仙人谷の斜面で、さいたま市大宮区、無職守屋清さん(65)が滑落し、手首などを負傷した。

芦峅寺(あしろくじ)

September 23, 2009

◆わっつ

男子ゴルフのANAオープンは20日、札幌GC輪厚コース(パー72)で最終ラウンドがあり、単独首位スタートの谷口徹がパープレーにまとめて通算16アンダーで今季初勝利を飾った。谷口のツアー優勝は2年ぶりで、通算15勝目。逆転優勝を狙った54歳の中嶋常幸は4打差の2位、石川遼は5アンダーの18位に終わった。

輪厚(わっつ)

September 22, 2009

◆はえどまり

フグの取扱量日本一を誇る山口県下関市の南風泊市場で18日早朝、フグの初競りがあった。午前3時20分、とれたての天然トラフグがずらりと並べられ、筒状の布袋の中で仲買人が競り人の指を握って値段を決める、「袋競り」と呼ばれる独特の方法で次々と競り落とされていった。この日の最高値は1キロ当たり1万1千円。例年より2割ほど安値のスタートとなったが、水揚げ量は2、3割多かったという

南風泊(はえどまり)

September 21, 2009

◆さじきはら

19日のプロ野球、阪神は3-4で広島に惜敗した。今季12試合目の登板だった阪神の桟原はデビューから通算114試合無敗。清川(広島)と並び、連続試合無敗のプロ野球記録に並んだ。プロ6年目で一度も先発がなく、中継ぎで5勝を挙げている。この日は3番手で2/3回を1安打、無失点だった。

桟原 将司(さじきはら まさし)

September 20, 2009

◆あじゃり

比叡山の峰や谷を1千日間にわたって巡拝する天台宗の荒行「千日回峰行」を、延暦寺大乗院住職の光永圓道阿闍梨(34)が18日朝、達成した。記録が残る織田信長の比叡山焼き打ち(1571年)以降50人目で、戦後13人目。

光永阿闍梨はこの日未明、大津市坂本本町の無動寺谷明王堂を出発。白の浄衣をまとい、わらじ履きで山中の約300カ所をお参りしながら7里半(約30キロ)歩いた。午前8時15分に戻ると、集まった信者らに加持をし、「行を終えることができました」とあいさつ。信者から「お疲れさま」と声をかけられた。

光永阿闍梨が千日回峰行に入ったのは03年3月。1年に100~200日ずつ歩き、700日目を終えた07年10月には、明王堂に9日間こもり、断食、断水、不眠、不臥(が)で祈り続ける「堂入り」の行を達成。今年3月からは比叡山中に加え京都市内の寺社をめぐる「京都大廻り」に挑み、1日84キロを100日続けて歩いた。この日までの総歩行距離は地球1周分の約4万キロ近くに達した。

光永(みつなが)圓道阿闍梨(えんどうあじゃり)

September 19, 2009

◆のぐち

東都大学野球の秋季リーグ戦は16日、神宮球場で第2週の2回戦2試合があり、国学院大は青学大に連勝し、勝ち点を挙げた。立正大は中大に雪辱。国学院大は6回に清水(2年、酒田南)の適時打で勝ち越し、埜口(3年、つくば秀英)から高木(2年、星稜)につないで反撃を断った。立正大は4回に近藤(4年、大宮西)の本塁打で先制し、小石(4年、鶴崎工)から南(3年、県和歌山商)の継投で逃げ切った。小石はリーグ戦初勝利。

埜口(のぐち)

September 18, 2009

◆とよとみ

11日午後2時8分ごろ、北海道宗谷支庁北部を震源とする地震があり、幌延町と豊富町で震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約30キロ、地震の規模はマグニチュード3.5と推定される。この地震による津波の心配はない。

豊富(とよとみ)町

September 17, 2009

◆はえばる

沖縄県は15日、新型インフルエンザに感染した同県南風原町の女性(24)が同日死亡した、と発表した。新型インフル患者の死亡は全国で14人目で最年少。同県内では2人目。女性に基礎疾患はなかったという。厚生労働省によると、基礎疾患のない人の死亡は2人目という。

 県によると、女性は8月26日に発熱し、医療機関でA型インフルと診断され、リレンザを処方された。その後も熱が下がらず、呼吸が困難になったため、同31日に再度受診し、遺伝子検査で新型インフルと判明した。重症の肺炎を起こしており、県立南部医療センターに緊急入院して集中治療室に入ったが、15日午前11時すぎに亡くなった。直接の死因は、くも膜下出血という。

南風原(はえばる)町

September 16, 2009

◆おなが

15日午後4時55分頃、大阪市東成区中本4の駐車場「NKモータープール」で破裂音がしたと、近所の女性から110番があった。市消防局の救急隊員が駆け付けたところ、近くの自営業翁長良光さん(48)の長男、市立中本小4年宥之介君(10)が顔から血を流して倒れていた。宥之介君は病院に運ばれたが、意識不明の重体。約10メートル離れた駐車場前の道路には、底が抜けた状態の消火器(高さ55センチ、直径17センチ、重さ12キロ)が転がっており、東成署は破裂した消火器が顔面に当たったとみている。

 同署の発表によると、破裂したのは1989年製の粉末加圧式消火器。破裂する直前、宥之介君が消火器の安全ピンに触っていたのを、一緒に遊んでいた同級生が見ているという。

翁長(おなが)良光

September 15, 2009

◆ちず

智頭線は、兵庫県赤穂郡上郡町の上郡駅から鳥取県八頭郡智頭町の智頭駅に至る智頭急行の鉄道路線である。京阪神と鳥取を結ぶ短絡線、山陽地域と鳥取を結ぶ高速路線として、特急「スーパーはくと」や特急「スーパーいなば」が直通運転されている。

中国山地の山間を通るローカル線。沿線に湯郷温泉などの温泉地への入口林野、蒜山高原への入口中国勝山などを控え、山陽(瀬戸内海側)と山陰(日本海側)を結ぶルートである陰陽連絡路線の一つでもあるが、1970年代(昭和50年代)以降中国自動車道が開通して自家用車や観光バスに観光客が転移し、国鉄も高速バス(中国ハイウェイバス)を開業させたことから、陰陽連絡路線や津山と京阪神とを結ぶ役割を事実上喪失した。1989年の急行廃止と1994年の智頭急行線の開業により、以後は地域輸送が中心となっている。

智頭(ちずせん)線
蒜山(ひるぜん)高原

September 14, 2009

◆えんまんじ

常用漢字の改訂など、いま漢字が熱い。漢和辞典編集者の円満字二郎さんは漢字政策の変遷をたどる。戦時中は難解な漢字が多用され、「八弦一宇」は世界の果てまで一つの国に、という意味で大東亜共栄圏構想の標語として使われた。この字をご本尊のように祀る塔もあった。漢字は国民を戦争に動員する装置の一つだった。

戦後は漢字が抑圧される。難解な漢字が国民の批判能力を殺し、民主主義の発達を阻害したとの反省からだ。漢字の数を制限した当用漢字も制定される。時代にもまれてきた漢字だったが、何度目かの漢字ブームが招来し、漢字の持つ魅力が見直されている。

円満字(えんまんじ)二郎
八弦一宇(はちこういちう)

September 13, 2009

◆しつぜつ

積乱雲と言い直せば、なにやら耳奥で遠雷が鳴り出す。西日本につめ跡を残した大雨も、入れ代わり立ち代わり、この雲が現れたせいらしい。地元の気象台によると、湿った空気が太平洋高気圧を回り込むように、九州北部の梅雨前線へと流れ込んだという。いわゆる「湿舌」だ。

湿った空気を乗せた風が、対馬海峡あたりで東よりの風とぶつかり、活発な積乱雲が次々にわいた。空の水源を決壊させた雲の連なりは、気象衛星からは先細りの扇状に見える。「にんじん雲」というかわいらしい名とは裏腹に、豪雨、突風と災いの巣である。「舌の上のにんじん」には用心したほうがいい。

湿舌(しつぜつ)

September 12, 2009

◆もとどり

「国宝 阿修羅展」を開催中の九州国立博物館(福岡県太宰府市)などは8日、興福寺の阿修羅像(734年)の原型となった塑像の姿を、X線CTスキャン調査で復元することに成功した、と発表した。阿修羅像の代名詞となっている憂いを帯びた表情と異なり、細面で厳しい顔つき。現在の顔は原型を忠実に写し取ったわけではなかったことが明らかになった。

阿修羅像は、土で造った原型の塑像に麻布を張って漆で塗り固める脱活乾漆技法でできている。麻布が固まったあとに原型は抜き取られたため、像の内部は空洞になっている。この空洞部分を正確に3次元処理すれば、原型の姿がわかる。

興福寺、東京国立博物館、九博、朝日新聞社は共同で、あらゆる角度から像の内部を透視し、立体画像で原型を復元。その結果、もともとは細く厳しい表情だったことが判明した。

また、原型の胴部には着衣の表現がなく、顔に比べておおまかな造りだった。髪を束ねたも、現在の形より鋭い円錐形で、頂上部の背後はやや垂れ下がっていた。顔面の凹凸の差が大きい部分には、内側から補強目的とみられる麻布が張られていることもわかった。

見る者を魅了する憂いを含んだ少年のような表情が、制作者らの意図で当初の計画から変更されたのか、あるいは制作過程で自然にできあがったのかは不明だが、仕上げは木の粉と漆をペースト状に混ぜた木屎漆で整えられたとみられる。

脱活乾漆(だっかつかんしつ)
髻(もとどり)
木屎漆(こくそうるし)

September 11, 2009

◆きおい

毎年末に発表される「今年の漢字」について、主催する日本漢字能力検定協会(京都市下京区、鬼追明夫理事長)が今年も、清水寺(同市東山区)で発表式典を開く方針を決めた。前協会理事長らが逮捕・起訴された背任事件で存続が危ぶまれていたが、協会側が人事刷新や経営改善を進めたことを踏まえ、同寺は「協会は過去と決別し、生まれ変わろうとしている」(大西真興執事長)として引き続き協力する。

「今年の漢字」は、漢検協会が漢字の奥深さを知ってもらおうと95年に開始。毎年11~12月にその年を代表する漢字を公募し、最も投票が多かった漢字を選ぶ。清水寺で森清範貫主が大きな筆を使って書き上げる発表式典が年末の恒例となっていた。

鬼追(きおい)明夫

September 10, 2009

◆まつるべ

昨年6月の岩手・宮城内陸地震で壊れた岩手県一関市の昨年6月の岩手・宮城内陸地震で壊れた岩手県一関市の祭畤大橋について、一関市と橋を管理する岩手県は7日、橋脚1本と道路部分の一部を「震災モニュメント」として保存すると発表した。

祭畤大橋は全長約95メートル。地震で2本ある橋脚のうち1本が崩れ、道路部分も三つに折れた。県は当初、安全管理上の理由から橋脚部分だけ残し、道の部分は撤去する方針だったが、無事だった橋脚の根元と、道路部分の折れて地面に接している個所をコンクリートで固定すれば、洪水時の水流にも耐えられると判断した。市はひび割れた周辺道路も含めて整備を検討する。

祭畤大橋は被災直後、繰り返し報道に取り上げられ、震災を象徴する建造物になった。現在は近くに仮橋がかけられ、新橋の建設も進んでいる。

祭畤(まつるべ)大橋

September 09, 2009

◆もくだい

俳優の藤田まことさん側に融資していた金融業者(大阪市、破産手続き中)の管財人が貸付金の一部の3億円を支払うよう求めた訴訟の判決が大阪地裁で7日あり、目代真理裁判官は藤田さん側に全額の支払いを命じた。

判決によると、藤田さんの妻が91年から融資を受け、藤田さんは連帯保証人になった。94年3月には債務は約5億5800万円にのぼり、藤田さん側が翌月に一括返済することを業者に約束する内容の公正証書が作成された。

返済されない中で、業者は05年12月に破産手続きの開始決定を受け、管財人が昨年3月、藤田さん夫妻を相手に提訴した。藤田さん側は訴訟で「違法な高金利の融資で、公正証書も無断で作成された」と反論したが、判決は「違法な高金利を裏付ける証拠はなく、公正証書も公証人が作成した真正な公文書と推定される」と退けた。

目代(もくだい)真理

September 08, 2009

◆ずし

深夜に帰宅する女性の後をつけて強姦したとして、大阪府警は大阪府吹田市豊津町の元飲食店員、厨子大樹容疑者(33)を強姦容疑で逮捕し、捜査を終えたと4日発表した。府警によると、厨子容疑者は「99回女性を襲った」と供述し、府警は裏付けのとれた15件を立件。被害者が告訴を取り下げるなどした4件を除く11件について、大阪地検が起訴しており、大阪地裁で一部公判が始まっている。

同署によると、厨子容疑者は深夜に帰宅する女性を狙い、主に女性の自宅マンションの踊り場などで「静かにしろ、殺すぞ」と脅して暴行していたという。

厨子 大樹(ずし だいじゅ)

September 07, 2009

◆おなぎ

千葉市内のテナントビル工事を巡るトラブルで不動産会社経営者に暴力団組織や組員の名前を出すな千葉市内のテナントビル工事を巡るトラブルで不動産会社経営者に暴力団組織や組員の名前を出すなどし、暗に金銭を要求したとして、千葉県警は3日、千葉市議会議長の小梛輝信容疑者(66)を恐喝未遂容疑で逮捕した。小梛議長は「脅したり要求したりしたことはない」と容疑を否認しているという。

 同県警の発表によると、小梛議長は、同市稲毛区のJR稲毛駅前にテナントビルが建設されていることを知ったのち、建設業者に対して「近隣対策が出来ていない」などと迫った後、仲介役となった不動産会社経営者(54)と4月29日、自らの事務所で面会。暴力団組員などの名前を挙げ、「(要求に応じなければ)それなりのやつらが出てくる」と暗に金銭を要求した疑いが持たれている。

小梛(おなぎ)輝信

September 06, 2009

◆いちりき

日本新聞協会は2日、09年度の新聞協会賞を発表した。編集部門では、東京新聞の写真連載「東京Oh!」、毎日新聞大阪本社の「『無保険の子』救済キャンペーン」、熊本日日新聞社の連載企画「川辺川ダムは問う」の3件に決まった。また、新聞文化賞に一力一夫河北新報社主・会長(83)が選ばれた。授賞式は10月15日に静岡市で開かれる新聞大会で行われる。また、新聞広告賞に10作品が選ばれた。

一力(いちりき)一夫

September 05, 2009

◆ひばこ

陸上自衛隊の隊員およそ14万人分の個人情報を漏えいさせたとして、自衛隊鹿児島地方協力本部の幹部自衛官が逮捕された事件について、陸上自衛隊トップの火箱芳文陸上幕僚長は3日の会見で、遺憾の意を表すとともに、早急に再発防止策を取ることを明らかにした。

この事件は、自衛隊鹿児島地方協力本部の鹿児島募集案内所長で1等陸尉の徳永安成容疑者(46)が、陸上自衛隊のほぼすべての隊員に当たるおよそ14万人分の個人情報を不正に複製し、漏えいさせたとして、行政機関個人情報保護法違反の疑いで、自衛隊の捜査機関・警務隊に逮捕されたものだ。

火箱(ひばこ)芳文

September 04, 2009

◆やつお

暴風からの無事や豊作を願う祭り「おわら風の盆」が1日、富山市の旧八尾町で始まった。坂の多い町並みは、夕暮れとともにぼんぼりに灯がともされた。胡弓と三味線の音色が風に揺れるなか、顔を隠すように編み笠をかぶった踊り手たちが、列を作って静かに練り歩いた。しなやかな手の動きが哀愁を誘う踊りは、明け方まで続く。3日までの期間中に20万人の人出が見込まれている。

八尾(やつお)町

September 03, 2009

◆かなふり

奈良県山添村の寺から仏像4体を盗んだとして、県警は2日、奈良市北袋町の浄水器販売業、金振清隆容疑者(62)を窃盗容疑などで逮捕し、発表した。金振容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。この4体のほか、仏像や仏具、掛け軸計27点を京都市の古物商に売却しており、県警は入手経路を調べる。

県警によると、金振容疑者は6月28日~7月1日、山添村吉田の自作寺から千手観音像、不動明王像など4体を盗んだ疑いが持たれている。4体は100年ほど前につくられたとされ、古物商に計十数万円で売ったという。寺は普段は無人で、現場近くで金振容疑者のバイクを住民が目撃していた。

金振容疑者は、奈良県内の寺の住職を務めていたこともあった。県警によると、同県内では昨年から今年にかけ、無人の寺社から計23体の仏像などが盗まれている。

金振(かなふり)清隆

September 02, 2009

◆さいたいけつ

日本さい帯血バンクネットワークは1日、東海大学内にある臍帯血バンク(神奈川県伊勢原市)が血液疾患の移植用に提供された臍帯血入りの保存バッグを紛失した、と発表した。別の病院で待機していた患者の移植手術ができなくなっているという。

同バンクでは、移植を待っている患者と、移植病院に直接、謝罪。1日に東海大病院内に事故調査委員会を立ち上げた。同バンク代表の加藤俊一・東海大教授は「あってはならないことで心からおわびするとともに、事故原因の究明と予防策づくりを急ぎたい」と話している。

臍帯血移植は、血液の病気では、骨髄移植とともに有力な治療法として行われている。出産時にへその緒や胎盤から採れる臍帯血には、血球などのもとになる造血幹細胞が豊富に含まれており、白血病など血液のがんの治療に役立っている。

臍帯血(さいたいけつ)

September 01, 2009

◆やんば

国土交通省は31日、政権獲得する民主党がマニフェスト(政権公約)で建設中止を明記した八ッ場ダム(群馬県)について、九月に予定していた本体工事の入札を延期する方針を固めた。

入札を強行すれば、民主党との深刻な対立を招く恐れがあるほか、入札後に民主党中心の政権の意向で工事中止となれば、業者に対する賠償問題などが起きる可能性もあるためだ。

八ッ場ダムについて国交省は、10月の本体工事着手、2014年3月の工事終了の工期で今年1月に入札を公告した。業者側からは9月11日から18日まで価格の入札を受け付け、24日以降に業者の技術提案とを合わせて評価し、落札業者を決める予定にしていた。一方、民主党は政権公約に「川辺川ダム、八ッ場ダムは中止。時代に合わない国の大型直轄公共事業は全面的に見直す」としていた。

八ッ場(やんば)ダム

« August 2009 | Main | October 2009 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks