« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

November 30, 2009

◆げいせい

29日午前10時15分ごろ、男子ゴルフツアーのカシオ・ワールドオープンが開催されていた高知県芸西村西分甲のKochi黒潮カントリークラブで、TBSのテレビ中継機材を載せたカートがギャラリーに突っ込み、女性4人と接触。高知市の30代の女性がカートに数メートル引きずられ、顔を骨折する大けがをした。近くでプレーしていた石川遼選手は記者団に「女性が引きずられているのを見た。あんな光景は初めて。あのホールはさすがに動揺した」と話した。

芸西村は昭和29年に、旧和食村・西分村・馬ノ上村が合併してできた。村の中央を和食川とその支流の長谷川が流れ、河口近くで約300haの平野を形成、南は雄大な太平洋に面している。

芸西(げいせい)村
西分甲(にしぶんこう)

November 29, 2009

◆つぶら

第19回イタリア語スピーチコンテストが28日、東京・九段下のイタリア文化会館で開かれ、1位に「八月の運河」の演題で話した粒良麻央さん(22、東京外語大)が選ばれた。その他の入賞者は次の通り。(敬称略)2位 脇園彩(21、東京芸大)▽3位 森本菜穂美(22、東京外語大)▽朝日新聞社賞 服部晋(29、慶応大)▽日伊協会特別賞 佐伯純子(71、日英翻訳者)

粒良(つぶら)麻央

November 28, 2009

◆まかど

横浜市中区本牧間門にある「横浜市立間門小学校」の敷地内にカレイ、サメなどが泳ぐ海水の水族館がある。この海水水族館では、他にも、特別な許可を得て飼っている天然記念物のミヤコタナゴや、近海に生息する魚たちなど、約50種類200匹以上の魚が飼育されている。

昭和33年までは学校の目の前に海が広がっていて子どもたちは海水浴や潮干狩りをすることができたのだが、海が埋め立てられたため、子どもが海と触れ合えるようにと、51年前に小学校の中に水族館を作ったのだそうだ。この水族館は、地域の人々の協力の下、子どもたちが掃除や魚の世話を行っているもので、平日には無料で一般に開放している。

間門(まかど)小学校

November 27, 2009

◆しもひがの

長野市稲里町下氷鉋にある「長野市立下氷鉋小学校」のクラス名は数字ではなく漢字一文字で表されている。「恭」「倹」「敬」「省」など、1年生から6年生まで、6学年25組全てが漢字一文字の学級名は昭和21年、国民学校初等科から小学校に変わった時に地域の方々からの要望を受け、儒教の経典「書経」から選んで付けたものなのだそうだ。

下氷鉋(しもひがの)小学校

November 26, 2009

◆おか

天台宗(総本山・比叡山延暦寺)は25日、東京都目黒区の円融寺住職・阿純孝氏(72)を次期宗務総長に選んだと発表した。任期満了に伴う宗務総長選挙で、ほかの候補者の届け出がなかったため、同日の選挙会で就任が決まった。阿氏は東京教区宗務所長や宗議会議員を1期務めた。12月12日に半田孝淳座主(92)から任命を受け、正式に就任する。任期は4年。

阿 純孝(おか じゅんこう)

November 24, 2009

◆かぶくり

ラムサール条約に登録されている宮城県大崎市の湿地・蕪栗沼に、今年もマガンの大群がシベリアから越冬に訪れている。湿地の保全に取り組むNPO「蕪栗ぬまっこくらぶ」によると、9月下旬から、例年並みの4万羽が飛来。夕方には、ねぐらの沼に舞い戻り、「クワン、クワン」という鳴き声が夕闇に響き渡る。

蕪栗(かぶくり)沼

November 23, 2009

◆しび

奈良県で来年開かれる平城遷都1300年祭のメーン会場、平城宮跡(奈良市、特別史跡)で、復元中の大極殿の全体像が姿を現した。工事用に覆っていた「素屋根」が解体され、屋根の東西で金色の鴟尾が輝いている。

 大極殿は天皇の執務や儀式の場だった建物で、01年度から復元工事が始まった。規模は東西44メートル、南北19.5メートル、高さ27メートルで、総工費約180億円。内部に「朱雀」「玄武」「白虎」「青竜」の四神などを描き、天皇が座っていた高御座(たかみくら)の復元品などを展示。来年4月に公開される。

大極殿(だいごくでん)
鴟尾(しび)

November 22, 2009

◆ひまかじま

晩秋の日差しをうけて、ゆらゆらと揺れる干しダコ。愛知県南知多町の日間賀島の「かねと商店」では、マダコの天日干し作業が続いている。水揚げされたタコは竹串で扇形に整えられ、店先の干し場で2~3週間、潮風にさらされる。干しあがったタコは正月に漁船に供えるほか、日本酒で蒸し上げて食べる。最近は土産品として観光客にも人気が高まっているという

日間賀島(ひまかじま)

November 21, 2009

◆よけ

卓越した技術者に贈られる09年度の厚生労働大臣表彰「現代の名工」に、鹿児島県から自動車板金業の有村則男さん(59)と、杜氏吉行正己さん(79)が選ばれた。

有村則男さんは73年、自動車整備会社を設立し、自動車板金一筋。金属の違いを音や火花で区別する簡易判定方法を考案した。溶接時の火花の色、ドリルを使う時の感触などで区別するもので「より多くの車を修理して、積極的に学んでいった」。

八千代伝酒造猿ヶ城渓谷蒸溜所・杜氏、吉行正己さんは南さつま市笠沙町生まれ。杜氏歴は55年に及ぶ。麹原料や麹菌(白、黒、黄)の種類に応じた水分・温度管理技術に卓越し「麹の魔術師」とも称される。

八千代伝酒造株式会社猿ヶ城渓谷蒸溜所 (旧 八木酒造合名会社)は
平成16年10月に社名変更、約70年前の創業時の銘柄「八千代伝」を、猿ヶ城渓谷の名水を使い、黄麹黒麹の芋焼酎「復刻 八千代伝」として新発売した。

杜氏(とうじ)
吉行(よけ)正己

November 20, 2009

◆せんみ

愛知県豊田市の小原地区で一年に2回花を咲かせる四季桜が見頃を迎えた。同市川見町の薬師寺や川見四季桜公園でも、山を覆うように約1200本の桜が淡いピンク色の花を咲かせ、周囲の紅葉と美しいコントラストを見せている。

 同地区の「川見四季桜を守る会」によると、今年は例年より1週間ほど早く開花し、12月上旬まで楽しめそうだが、紅葉との競演は今月下旬までが見頃だという。

川見(せんみ)町

November 19, 2009

◆まきむく

邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向遺跡(2世紀末~4世紀初め)で、3世紀前半(弥生時代末~古墳時代初め)の大型建物跡が見つかった。市教委が10日発表した。同時期の建物としては、国内最大の面積である上に、周辺で発掘された3棟とともに中心軸が東西の同一線上に並ぶなど例のない計画的な配置だった。

邪馬台国の女王・卑弥呼が君臨した時期にあたり、専門家は「邪馬台国の中枢施設の可能性がある」と指摘している。畿内説と九州説が対立する邪馬台国の所在論争に影響を与える発見となる。

纒向(まきむく)遺跡

November 18, 2009

◆でん

社会民主連合(社民連)代表を務めた前参院議員の田英夫氏が13日、亡くなった。86歳だった。中道路線の結集に動き、保守政党の新自由クラブなどとも連携するなど縦横無尽に政界を生き抜いた。政権交代を経て田氏ゆかりの後輩議員は議長や閣僚として活躍している。かつての同僚議員からは、その死を惜しむ声が広がった。

田氏は71年に旧社会党から参院選に出馬して当選。マルクス・レーニン主義にしばられた党内最大派閥の社会主義協会と対立、77年に離党し、翌年社民連を結成した。社民連結党時、行動をともにした江田五月参院議長は、毎日新聞の取材に対し「平和、人権、核廃絶などの問題について火の玉になって頑張る人だった」と振り返った。

 菅直人副総理兼国家戦略担当相は80年の衆院選で初当選し、その後、社民連に加わった。首相官邸で菅氏は記者団に「反戦、平和に一貫した思いのある政治家だった。政権交代を大変喜んでおられたようだ」と述懐。横路孝弘衆院議長は毎日新聞に「社民連でまいた思いが、政権交代という結果として息づいている」と語った。

田(でん)英夫


November 17, 2009

◆ひふみ

16日行われた明治神宮大会・準々決勝高校の部で、東海大相模の一二三慎太投手(2年)が完投し、高岡商を5-2で下し準決勝に進出した。関東王者の貫禄を漂わせた。最後は3者連続の空振り三振。来年のドラフト候補・エース一二三が、2失点完投で“全国初勝利”を挙げた。

「立ち上がりは悪かったが、試合の中で修正がしっかりできた」。一回こそ先頭打者に与えた四球を足がかりに1点を先制されたが、六回以降は無安打に封じ、終わってみれば99球で料理。10月に負傷した右手人さし指のつめは完治しておらず万全ではなかったが、その中で145キロをマーク。初めての全国の舞台で存在感を示した。

一二三(ひふみ)慎太

November 16, 2009

◆けいえん

山形県の民放さくらんぼテレビは13日、主催する第2回さくらんぼ文学新人賞の大賞が、北京市生まれで大阪市在住の翻訳業、邢彦(本名非公開)さん(35)の「熊猫の囁き」に決まったと発表した。大賞賞金100万円。

邢彦さんは中国の大学で日本語を学び、2000年から大阪で暮らす。08年に日本国籍を取得した。邢彦さんは「日本語で小説を書き出したのは昨年4月からです。楊逸さんが芥川賞を受賞したことも励みになりました。日本語や日本人の持つ柔らかな感性を失わないよう心がけました」と話した。

邢彦(けいえん)
熊猫(ぱんだ)
楊逸(ヤン・イー)

November 15, 2009

◆さだかね

スピードスケート・ショートトラックのW杯最終第4戦は12日、バンクーバー五輪予選を兼ねて開幕。男子1500メートルで伊藤潤二(山梨学院大)が予選と準々決勝の計3レースを勝ち進み、上位19人による14日の準決勝に進出した。高御堂雄三(トヨタ自動車)と吉沢純平(とらふぐ亭)は準々決勝で敗退。女子1500メートルは小沢美夏(サンコー)、貞包紘子(サテライト)が準決勝に進んだが、桜井美馬(早大)は予選落ちした。

高御堂(たかみどう)雄三
貞包(さだかね)紘子

November 14, 2009

◆てんがん

体が壁に向かって滑っていった――。13日早朝、三重県尾鷲市の沖合を航行中に突然、船体が傾いたフェリー「ありあけ」(7910トン)。乗員乗客計28人のうち、乗客7人と乗員の大半は海上保安庁のヘリコプターなどで救助され、乗員の一部は救命いかだで自力で脱出した。

尾鷲海上保安部(三重県尾鷲市)によると、「ありあけ」には男性6人、女性1人の乗客がいた。乗客の1人、沖縄県の無職天願栄順さん(51)は寝ていたところ、突然、体が滑っていった。何がなんだかわからず、「船が転覆したのか」と思った。床をはい上がるようにして廊下に出て、ほかの乗客と合流。「客室の窓から外を見ると海面や波がすぐ近くに見えたので、ぞっとした」と声を震わせた。

天願 栄順(てんがん えいじゅん)

November 13, 2009

◆せじま

イタリアのベネチア・ビエンナーレ事務局は9日、建築家の妹島和世さん(53)を来年8月末から開かれる第12回国際建築展の総合ディレクターに起用すると発表した。 美術と建築の最先端を年ごとに交互に見せる同ビエンナーレの最高責任者に日本人が就くのは初めてで、女性が選ばれるのも建築展では初めてという。

妹島さんは04年の第9回建築展で、「金沢21世紀美術館」などの作品が展示部門最優秀の金獅子賞を受賞するなど、国際的に活躍している。同ビエンナーレのパオロ・バラッタ代表は妹島さんについて「21世紀建築の名匠たちの中で最も適任者であり代表する1人だ」と述べた。

妹島 和世(せじま かずよ)

November 12, 2009

◆てぐらもり

プロサッカーJからJ1へ、27年ぶりの歓喜、敵地に紙テープが舞う。他会場の結果を知った仙台ベカルタの選手は跳びはね、抱き合い、サポーターのもとへと駆けだした。

昇格決定には勝利が最低条件だったが、気負いはなかった。開始2分のFW中島の先制ゴールを皮切りに、4得点。2年目の手倉森誠監督は「重圧がかかる中でこれほど自分たちを制御できるのは、あまり見たことがない」。

相手の水戸はここ10試合でわずか1勝。終始圧倒するのは、当然にも思える。だが昇格を争う湘南、甲府が足踏みするのを見れば、監督の称賛は仙台の成長を表している。

今季、監督はメンタル重視の指導をした。「勝ち切れ。試合の中でどこでエネルギーを使うか考えろ」と口酸っぱく言った。結果、引き分けは9に減った。降格した04年入団のMF関口は「肝心なところで勝てるようになった」と終盤戦で手応えをつかんだ。

手倉森(てぐらもり)誠

November 11, 2009

◆しみずがみ

第3回朝日杯将棋オープン戦でアマチュアとして初めて2次予選に進出した清水上徹さん(29)=東京都府中市、会社員=は8日、2次予選1回戦で松尾歩七段(29)に105手で敗れた。

 清水上さんは1次予選で吉田正和四段(23)、千葉幸生五段(30)、上野裕和五段(32)、松本佳介六段(37)のプロ4人に4連勝し、2次予選進出を決めた。松尾七段との対局では得意の中飛車を採用したが、松尾七段の堅実な攻めに屈した。清水上さんは「全然ダメだった。ここまで来れたのは出来すぎ。またプロと1局でも指せるように頑張りたい」と話した。

 朝日杯は持ち時間各40分で、使い切ると1手1分の早指し戦。2次予選には、シードされているA級棋士ら16人と1次予選を勝ち抜いた16人が出場する。05年、前身の第24回朝日オープン選手権で、当時アマチュアだった吉田四段がプロを相手に3連勝したことはあったが、予選決勝で敗れていた。

清水上 徹(しみずがみ とおる)

November 10, 2009

◆ちょうな

阿修羅像などを展示する「国宝特別公開2009」が開かれている奈良・興福寺で7日、17年の完成を目指す中金堂(東西36.6メートル、南北23メートル、高さ21.2メートル)の地鎮法要が営まれた。宝飾品などの鎮壇具を中金堂の基壇に埋納し、建物の永続を願った。

法要では、正倉院宝物を模した金属皿7枚に、奈良時代の基壇から過去に出土した宝物を参考にそろえた金銀などを載せた。それを基壇中央部に納めた後、砂をかぶせてコンクリートで封じた。その後、釿始め(仕事始め式)があり、宮大工が柱に釿(手おの)を打つしぐさなどを披露した。 中金堂の基壇は、「国宝特別公開」の主会場である仮金堂前にあり、阿修羅との対面を待って長い列をつくった拝観者も見守った。

釿(ちょうな)始め

November 09, 2009

◆ここのぎ

日本海の冬の味覚ズワイガニ漁が6日、富山から島根県まで1府6県の沖合で解禁となった。日本海の冬の味覚ズワイガニ漁が6日、富山から島根県まで1府6県の沖合で解禁となった。福井県越前町の小樟漁港からは、5日夜に底引き網漁船7隻が若狭湾沖十数~50キロの漁場に向けて出航。午前0時になると、一斉に網を海に入れ、越前ガニの名で知られる雄を次々と甲板に引き揚げた。

 今年は、若狭湾の定置網に2万匹もかかるほどエチゼンクラゲが大量発生するなかでの漁。カニの網にも多くひっかかり、乗組員は除去作業にも追われた。

小樟(ここのぎ)漁港

November 08, 2009

◆おおみや

7日、青森市であったカーリング女子の代表決定戦で圧勝し、バンクーバー五輪への出場権を手にした「チーム青森」。06年トリノ五輪から連続だ。トリノを知っている目黒萌絵(24)と本橋麻里(23)を新たに加わった3人が支えた。

特に目立ったのが、チーム最年少の近江谷杏菜(20)だ。チーム入りは08年1月と最も遅かったのに今季から早々とレギュラーに。この日も好ショットを連発した。カナダに「カーリング留学」した後に入った最年長の石崎琴美(30)も、ストーンを狙い通りに置くための「ブラシ技術」でチームに尽くした。そして、控え(リザーブ)に回った中堅の山浦麻葉(25)。

阿部晋也コーチは「3人のおかげでチームの結束力はとても強い。(トリノ五輪で7位だった)前のチームより実力は上」と胸を張った。

近江谷 杏菜(おおみや あんな)

November 07, 2009

◆がりゅう

広島県北広島町の臥竜山で6日午後、若い女性とみられる遺体の頭部が見つかった事件で、島根、広島両県警は7日未明、DNA型鑑定の結果、遺体の身元が島根県浜田市で10月26日から行方不明になっていた島根県立大総合政策学部1年の平岡都さん(19)と確認し、発表した。両県警は頭部を切断して捨てた死体損壊・同遺棄事件として浜田署に合同捜査本部を設置した。

 島根県警によると、頭部が発見された現場周辺の6日の捜索で、遺体の他の部分や所持品は見つかっておらず、血痕なども確認されていないという。両県警は7日午前9時すぎから、浜田市と遺体発見現場方面を結ぶ国道186号周辺などを約200人態勢で捜索している。

臥龍(がりゅう)山

November 06, 2009

◆かえつ

横浜Mの来季監督にクラブOBで元日本代表の木村和司氏(51)の就任が内定した。5日、同氏と嘉悦朗社長代行(54)が直接会談、細部について交渉。関係者によると、本人は年俸など条件面にこだわらず、古巣の指揮に意欲を見せ、合意に達した模様だ。

嘉悦社長代行は強化部門のてこ入れも示唆。すでにフロント入りが浮上しているOBの金田喜稔氏(51)以外に、昨オフにクラブを離れた下條佳明氏(55)らの復帰を画策。日産OBを中心に名門復活を目指す構えだ。一方、リーグ戦4試合と天皇杯を残す現場サイドは少なからず混乱。クラブ側から選手に対して何の説明もないまま、4日に木村浩吉監督解任を発表し、この日の練習前には指揮官自ら去就について選手に説明。「俺はいつどんな時でも100%の力を尽くす」と気丈に話した。

嘉悦 朗(かえつ あきら)

November 05, 2009

◆うけど

福島県浪江町の請戸川のやな場で「鮭狩り」といわれる地引き網漁が最盛期を迎えている。豪快な漁を見ようと、観光客らが川沿いを埋め、サケがたぐり寄せられると大きな歓声が上がっていた。同町の請戸川と高瀬川の合流点付近にあるやな場は東北最大級。124メートルのやなが川幅いっぱいに広がり、遡上を阻まれたサケを捕っている。泉田川漁協によると、3年ほど前から遡上が10日ほど遅くなり10月下旬から増え始める傾向にあるという。

請戸(うけど)川

November 04, 2009

◆はるうらら

序ノ口力士で、初土俵後、史上ワーストの38場所連続負け越し中の森川(22)=千葉県出身、大嶽部屋=がしこ名を「森麗」に改めた。

同部屋の右肩上(右肩上りから改名)に続く珍名。心機一転で勝ち越しを願う師匠らが「みんなから愛されるように」と「麗」の字をつけた。連敗記録で話題を集めた競馬のハルウララを意識したわけではなかったそうだが、似たしこ名になったという。

ただ、本人は「勝ち越したいです。一生懸命頑張ります」。負け越し続きで話題となるよりも、初の勝ち越しに意欲を見せていた。

森麗(もりうらら)
右肩上(みぎかたあがり)

November 03, 2009

◆からくにだけ

宮崎、鹿児島両県にまたがる韓国岳(標高1700m)で、家族5人で登山中に行方不明になった宮崎市宮田康史さんの長男、将希君(11)の遺体が2日、捜索中の消防団員らにより見つかった。

将希君が見つかったのは、韓国岳山頂から南西方向に下山する途中にある避難小屋の付近。8合目付近にある避難小屋からは約500メートル離れており、登山道の約20メートル下にある沢の近くで倒れていたという。

将希君は先月31日午前11時20分ごろ、父、母、妹、祖父とともにえびの高原の登山口から山頂を目指して登り始めた。2合目付近から1人で先に登り、頂上でも姿が見えなかったため、下山後に家族が県警えびの署に連絡した。

韓国岳(からくにだけ)

November 02, 2009

◆いてや

大阪府泉佐野市にある1台のたばこ自動販売機が今年度、15億円規模の市町村たばこ税を市にもたらすことが関係者への取材でわかった。1日に20本入りが6万箱以上売れた計算で、実態と大きくかけ離れている。市外で大量にたばこを販売する小売業者が書類上の操作で納税を集中させ、市は見返りに業者へ奨励金を支払っている。

同じ手法でたばこ税収を増やしている自治体は、朝日新聞の調べで他に大阪府摂津市、滋賀県竜王町、同県高月町の少なくとも三つある。消費地に納税されるのが原則の市町村たばこ税を、奨励金制度によって他の自治体から奪っている格好だ。

一方、泉佐野市は企業誘致条例を07年度に改正。一つの税目で3千万円以上の納税効果がある企業に対し、3千万円を超えた分の10%を奨励金として支払う制度を08年度に始めた。問題の業者は自販機を置いた08年度に約6千万円を受け、09年度は約1億5千万円になる見通しだ。

市は関西空港の関連事業で多額の借金を抱えている。市商工労働観光課の射手矢光雄課長は取材に対し、たばこ税収を増やすため奨励金制度を設けたことを認め、「法的にぎりぎりの範囲で税収確保に努めた」と説明した。

射手矢(いてや)光雄

November 01, 2009

◆きやしき

プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が29日、都内のホテルで行われた。巨人は2位で近大高専・鬼屋敷正人捕手(18)を指名した。

小さな町から夢物語をスタートさせる。名前が全国区になったのは昨秋。熊野市内の高校は8年前から全国の強豪を呼んで練習試合を行っており、二塁送球が1秒64というメジャー並みの強肩が関係者の目にとまった。5年制の高専の3年生がドラフト指名対象となったのは8月。高専初のドラフト指名に「僕がきっかけで道が開けたならうれしい」と感激した。

 生まれ育った三重県南牟婁郡紀宝町は人口1万2000人あまり。小、中学校は1学年13人で、他のチームから選手を借りて練習試合にこぎつけた。それでも「絶対にプロになる」と繰り返し、父・良行さん(44)と隣町のバッティングセンターで毎晩300球を打ち込んだ。県外の高校からの誘いを断り、地元から「高専初の甲子園出場」というハードルを選んだのは、環境が障害にならないと信じたからだ。

鬼屋敷(きやしき)正人
南牟婁(みなみむろ)郡

« October 2009 | Main | December 2009 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks