« February 2010 | Main | April 2010 »

March 2010

March 28, 2010

◆いとうず

全国八幡宮の総本社、宇佐神宮(大分県宇佐市)の宮司職をめぐる騒動で「宮司は到津家の世襲」と主張する先々代宮司(故人)の長女、到津克子権宮司(41)が、同神宮と穴井伸久・現宮司を相手取り、宮司の地位不存在確認を求める訴訟を大分地裁中津支部に起こした。訴えは3月4日付。世襲をめぐる争いは法廷の場に移ることになった。

訴状によると、2008年7月、同神宮の先代宮司は病気のため退職するとともに到津氏を後任に推薦し、責任役員会で到津氏は宮司に選任された。だが、神社本庁(東京)に具申したところ「経験不足」として認められず、09年2月に穴井氏が特任宮司として任命された。

これについて到津氏は「当方は神宮の規則手続きにのっとり、選任された」とし、神社本庁が穴井氏を特任したのは神社本庁規則や宗教法人法などに違反し、無効だと主張している。

訴えでは、到津家は南北朝時代には宮成家と二家で宮司を務めたが、宮成家の後継者がいなくなってからは基本的に到津家が世襲してきたという事情もあげている。宇佐神宮の穴井宮司は「神社としてあってはならないこと。突然のことで困惑している。宮司の任命権は神社本庁にあるので本庁と相談して対応したい」と話している。

世襲をめぐる争いで、到津家側と支持する同神宮役員は穴井氏が宮司についたことで09年2月、神社本庁に脱退届を出したほか、同年3月の例大祭では本殿で座る宮司の席をめぐって双方が押し問答する事態も起きている。宇佐神宮は725年の創建とされ、皇室にとっては伊勢神宮に次いで格式が高いとされる。本殿は国宝指定。

到津 克子(いとうず よしこ)

March 25, 2010

◆かじかざわ

国が主導した「平成の大合併」によって市が増えて町村が減る中、全国の市の数が8日、初めて町の数を上回った。同日、山梨県の増穂、鰍沢両町が合併して富士川町が誕生することで町が一つ減り、市の数が784、町の数が783となったためだ。

 総務省によると、小さな自治体の財政立て直しなどをめざし、1999年4月に始まった平成の大合併の直前(同年3月末)、市は670、町は1994、村は568。町は市の3倍近くあったが、合併特例法で国が税財政の優遇措置を実施したこともあり、町村同士の合併や新市の発足が進んだ。

増穂(ますほ)
鰍沢(かじかざわ)

March 24, 2010

◆のぞえ

 富士通は24日の取締役会で、秋草直之取締役相談役(71)ら6人の取締役が、6月下旬の株主総会で退任する人事を決めた。4月1日に山本正已副社長が社長に昇格するのに伴い、経営陣を刷新する。野副州旦前社長が辞任の撤回を求めて経営陣と対立している問題に、区切りをつけるねらいもあるとみられる。

野副 州旦(のぞえ くにあき)

March 23, 2010

◆ひふみ

一二三慎太(神奈川・東海大相模3年)は最速149キロの速球を投げ、変化球も多彩。打っては秋の公式戦3本塁打。大車輪の活躍で、チームを関東大会優勝に導いた。

入学当初から速球はうなりをあげたが、「未完の大器」と言われ続けた。転機は昨年6月。守備練習でうまく捕球できず、悪態をつく姿に門馬監督の雷が落ちた。グラウンドへの立ち入りを禁じられ、寮の掃除などに明け暮れた。昨夏は先輩たちが監督に頼み込み、大会直前にメンバー登録された。新チームになり、心を入れ替えた主戦を監督は主将に指名した。

 昨秋は12完投勝利。秋の県大会3回戦で、バント失敗の際に右手人さし指のつめを負傷したが、「ここで投げなければ、これまでと同じ」と翌週も痛み止めをのんで登板。つめに負担が少ないチェンジアップも覚え、投球の幅を広げた。

 今大会の「ナンバーワン投手」の呼び声高く、チームも優勝候補に挙げられる。今や仲間に「背中で引っ張る」と信頼される主将は「初戦突破だけを考えている。スピードガンには興味がない。勝つための投球をするだけ」と冷静だ。

一二三(ひふみ)慎太

March 18, 2010

◆たご

14日まで英国・バーミンガムで行われたバドミントンの全英オープン男子シングルスで、20歳の田児賢一(NTT東日本)がロンドン五輪に向け、羽ばたいた。決勝こそ北京五輪銀メダルのリー・チョンウェイ(マレーシア)に0-2で敗れたが、第100回を迎えた伝統の大会で秋山真男さん以来となる44年ぶりの準優勝を果たした。

準々決勝で五輪銅の陳金に競り勝つと、準決勝では五輪王者を降して絶好調の鮑春来に逆転勝ちした。王国中国の2人を連破する強さの要因は、粘りだけでない。基本に忠実な一般的な日本選手とひと味違う「相手のシャトルを操る」と表現するフェイントが入った多彩なラケットワークが特長だ。

2007年世界ジュニア選手権では準優勝。同じ英国での五輪にメダルが期待されるホープは「出ることを目標にしていても駄目。毎回大会で上位に行くようにならないと五輪でメダルを取る力はない」とさらなる成長を見据えている。

田児(たご)賢一

March 16, 2010

◆おびなた

バンクーバー冬季パラリンピック第3日は14日、当地などで行われ、アルペンスキーの女子回転座位で大日方邦子(電通PR)が3位に入り、銅メダルを獲得した。今大会の日本勢で最初のメダル。大日方はパラリンピックに5大会続けて出場し、1998年長野大会から4大会連続、通算9個目のメダルとなった。アイススレッジホッケーの1次リーグA組で日本は韓国に5-0で快勝し、2連勝で同組2位以上が確定。準決勝進出を決め、初のメダルへ前進した。

大日方(おびなた)邦子

March 15, 2010

◆なまず

日米の密約問題の調査結果を受けて、外務省北米局の鯰博行・日米地位協定室長が10日、神奈川県横須賀市役所を訪れ、吉田雄人市長に調査の報告書について説明し、これまでの政府対応について謝罪した。吉田市長は「今後のことに明確な答えがなく、納得していない」とし、近く岡田克也外相あてに質問文書を提出する方針。

鯰(なまず)博行

March 14, 2010

◆うつべ

11日午前9時40分ごろ、三重県四日市市小古曽3丁目の近鉄内部線内部駅近くの線路に、女性が運転する乗用車が進入した。けが人はなかった。四日市南署によると、女性は線路沿いに止めていた車を発進させようとして誤ってバックさせ、約1.5メートル下の線路に転落したという。この事故の影響で、近鉄は午前10時45分現在、同線の一部区間(日永~内部)で運転を見合わせている。

内部(うつべ)線

March 11, 2010

◆おみたま

全国98番目の空港となる茨城空港(茨城県小美玉市)が11日開港した。定期便は、この日運航を始めた韓国アシアナ航空のソウル便と、4月16日就航のスカイマークの神戸便各1往復だけ。事業着工前年の1999年に政府が「年約81万人」としていた利用予測は、現在、茨城県の試算で年約16万7千人に下方修正されている。赤字必至の空港がまた一つ増える。

小美玉(おみたま)市

◆うつだ

日本貿易会は9日、5月に任期満了を迎える勝俣宣夫会長(67)=丸紅会長=の後任に、三井物産の槍田松瑩会長(67)を内定したと発表した。就任は5月31日付。槍田・次期会長は会見で「日本は内向きと言われがちだが、対外活動を積極的に行っていきたい」と抱負を語った。

槍田 松瑩(うつだ しょうえい)

March 09, 2010

◆ぐすてんのう

牛頭天王とは、日本の神仏習合における神である。京都祇園や播磨国広峰山に鎮座する神であり、蘇民将来説話の武塔天神と同一視された。インドの釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神ともされ、祇園神とも呼ばれた。陰陽道では天道神と同一視された。神仏習合では薬師如来の垂迹であるとともに、スサノオの本地とされた。感神院祇園社から勧請されて全国の祇園社、天王社で祀られた。

蘇民祭は、岩手県を中心に日本各地に伝わる裸祭りである。1000年以上の歴史を持つと言われる。岩手県内では毎年1月から3月にかけて複数の蘇民祭が行われ、岩手の蘇民祭の名称で国の選択無形民俗文化財として選択されている。その中で最も著名なものは日本三大奇祭ないし日本三大裸祭りの一つに数えられることもある奥州市の黒石寺蘇民祭である。

牛頭天王(ごずてんのう)
蘇民祭(そみんさい)

March 08, 2010

◆えびすばし

スウェーデンのカジュアル衣料の専門店、H&M戎橋店が6日正午、大阪市中央区の心斎橋筋にオープンした。雨にもかかわらず開店前から若い女性らが並び、店側発表で約2500人に達した。近くの道頓堀川沿いには店が配った傘で長い列ができた。

 流行をいち早く取り入れた衣料品や雑貨などを低価格で提供する「ファストファッション」として人気を集め、2008年に東京・銀座に日本で初出店。戎橋店は日本で7店目となり、首都圏以外では初めて。戎橋北側の7階建ての商業ビル「ラズ心斎橋」の地上1~3階に入居。売り場面積は約900平方メートル。

戎橋(えびすばし)

March 06, 2010

◆きょうし

両国は総武線のガード近くにある「蕎肆 穂乃香」。「蕎肆」とは“そば屋”のこと。先代の父親から食堂を引き継いだ兄弟が2年前にオープン、当初から全席禁煙だ。

そばは、国産そば粉が主の二八そば。ちょっと細めのメンに、鹿児島産高級かつお節の上品なうま味がきいたつゆがぴったり。人気のせいろ(2段650円)に、揚げモチ、大根おろし、特製みそなどのトッピングが盛りだくさんのぶっかけ(1100円)がイチ押し。更科そばに桜の葉を打ち込んだ季節限定の桜切り(800円)も好評。

つまみはそばがきの揚げ出し(700円)、そばがきの鴨南蛮(1300円)、そばつゆ仕立ての牛スジ煮込み(700円)がいける。酒は、小さい蔵元のうまい酒を厳選。島根・蛍舟(1合・750円)、静岡・喜久酔(同・700円)が人気だ。

蕎肆 穂乃香(きょうし ほのか)

March 04, 2010

◆うめだ

Jーオイルミルズ社社長に楳田純和氏が就任する。楳田氏は慶大経済卒、74年味の素に入社、05年6月からJーオイルミルズ取締役専務執行役員、59才、6月29日付け。

楳田(うめだ)純和

March 02, 2010

◆しゅにえ

奈良・東大寺の修二会(お水取り)が1日、本行入りした。午後7時から二月堂の舞台に長さ約6メートルのたいまつが次々に登場。燃えさかる炎が古都に春の訪れを告げた。

 たいまつは、二月堂へ向かう練行衆(こもりの僧)の足元を照らすためのもの。童子が肩に担いでお堂への石段を上り、練行衆が中へ入るのを見届けて舞台に回る。欄干から突き出して火の粉を降らせると、舞台の端から端までの数十メートルを勇壮に駆け抜け、約3500人の参拝者から歓声があがった。

本行は14日まで。毎夜10本のたいまつがともされ、12日には一回り大きな籠たいまつ11本が登場する。修二会は752年以来続いており、今年は1259回目。

修二会(しゅにえ)

March 01, 2010

◆しゃたり

「お腹に排便袋(パウチ)を付けて生活するのはもう耐えられない」
直腸ガンの手術で左腹部に人工肛門をつくられ、こんな悲痛な声を上げる「オストメイト」(人工肛門造設者)にとっては朗報だ。水戸赤十字病院第5外科部長・捨田利外茂夫は肛門再建の第一人者だ。

左腹部の人工肛門から大腸を外し、会陰部を切開して造った新たな穴に大腸を縫い付ける。そして肛門を締める肛門括約筋の代わりに、左足筋肉(薄筋)を大腸にグルっと巻き付けて肛門を再建するという。肛門の再建により、便意を覚えるのはもちろん、排便をガマンすることや、いきんで一気に排便することも可能になる。

捨田利 外茂夫(しゃたり ともお)

« February 2010 | Main | April 2010 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks