« July 2010 | Main | September 2010 »

August 2010

August 30, 2010

◆かなえ

JR東海は、願い事がかなえられる駅として知られる飯田線鼎駅(長野県飯田市)の記念切符セットの販売を始めた。鉄道マニアらの間で人気を集めている。鼎駅の入場券のほか、同駅から千代(飯田市)、金野(同)、伊那福岡(駒ケ根市)までの乗車券の4枚一組。千代は「長寿」、金野は「金運」、伊那福岡は「幸福」に結びつけようと到着駅も縁起の良い名前を選んだ。

鼎(かなえ)駅

August 28, 2010

◆かげさと

陰里鉄郎氏(美術評論家)は7日午前3時37分、心不全のため横浜市の病院で死去、79歳。長崎県出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。10月に「しのぶ会」を開催する予定。 三重県立美術館館長や横浜美術館館長、名古屋芸術大教授などを歴任。著書に「陰里鉄郎著作集」(全3巻)がある。

陰里 鉄郎(かげさと てつろう)

August 27, 2010

◆やたい

「日本一の山車パレード」を誇る国重要無形民俗文化財の山形の新庄まつりが24日、開幕した。まつりは26日まで。初日の「宵まつり」は最上公園での新庄囃子の奉納で始まった。最大の呼び物の山車パレードは、夕闇が迫る午後6時過ぎ、千門町若連の歌舞伎「義経千本桜・伏見稲荷鳥居前の場」をあしらった一番山車を先頭に出発。20基の山車が続々と新庄駅前広場を目指した。山車に明かりがともると、豪華な歴史絵巻が闇に浮かび、沿道を埋めた人々の目を楽しませた。

山車(やたい)

August 26, 2010

◆ますとび

23日午後3時20分頃、群馬県沼田市利根町追貝の「鱒飛の滝」付近で、女性が岩場から数メートル下の川の中に転落した。沼田署や消防が捜索したところ、約700メートル下流の片品川で発見したが、女性はすでに死亡していた。

有名な「吹割の滝」などを含む渓谷一帯は国の天然記念物に指定されており、観光客が集まる地点では、川沿いに近づかないように白線が引かれている。しかし、白線を越えて滝や川に近づく観光客が後を絶たず、過去に転落事故も起きている。市利根町振興局は「絶対に白線を出ないように」とアナウンスしているほか、土日と祝日には警備員を置いている。

鱒飛(ますとび)の滝

August 25, 2010

◆せいさ

23日午後8時36分ごろ、東京都新宿区西新宿1丁目の京王線新宿駅ホームで電車を待つ客の列に男がぶつかり、先頭に立っていた通信制の星槎大学(本校・北海道芦別市)学長の佐藤方哉さん(77)が押し出され、入ってきた電車とホームの間に頭から転落した。佐藤さんは首から胸付近を挟まれたまま約10メートル引きずられ、間もなく死亡が確認された。

佐藤さんは慶大や帝京大の教授などを経て、2009年4月に星槎大の学長に就任した。星槎大などによると、詩人・小説家の佐藤春夫の長男で、行動分析学の第一人者として知られ、日本行動分析学会や国際行動分析学会の会長も歴任した。

 歌山県新宮市立佐藤春夫記念館によると、佐藤春夫は、自身の文壇デビューを後押ししてくれた作家の谷崎潤一郎と離婚した千代と結婚した1930年の「細君譲渡事件」で話題となったが、死亡した佐藤さんは春夫と千代の間にできた子供だった。

星槎(せいさ)大学

August 24, 2010

◆きちせい

2008年2月、千葉県房総半島沖で海上自衛隊のイージス艦「あたご」と衝突した漁船清徳丸の吉清治夫さん(当時58)、哲大さん(同23)父子が死亡した事故で、業務上過失致死と業務上過失往来危険の罪に問われた自衛官2人に対する初公判が23日、横浜地裁であった。2人は「検察が主張する事実認定は真実と全く異なる」などと述べ、無罪を主張した。

2被告のうち、衝突当時あたごの当直士官だった元水雷長の長岩友久3等海佐(37)は罪状認否で「衝突したことは間違いなく、道義的責任を感じている。しかし、(検察が主張する)航跡図は私の過失を作り上げるための虚構だ」と述べた。一方、衝突の約12分前まで当直士官を務めた元航海長の後瀉桂太郎3等海佐(38)は「当直の引き継ぎで長岩3佐を混乱させたことはない」と述べた。

吉清(きちせい)治夫
後瀉(うしろがた)桂太郎

August 23, 2010

◆たっきり

大分県宇佐市院内町の岳切渓谷が、連日の暑さで人気を呼んでいる。溶岩でできた平らな一枚岩が2キロにわたって続き、冷たくて透明な水がゆっくりと流れる。水深が1~10センチと浅く、子供連れが多く訪れる。水着姿や上半身裸の子供たちは、走り回ったり、水を掛け合ったり、清流での水遊びを満喫していた。

岳切(たっきり)渓谷

August 22, 2010

◆あびる

交通事故で仕事ができなくなり、収入が得られなかったと偽って休業損害補償金をだまし取ったとして、警視庁は17日、東京都世田谷区、山口組系暴力団組員沢尾勇喜(35)、同品川区、職業不詳阿蒜規之(36)、同大田区、職業不詳神田俊穂(42)の各容疑者ら6人を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。

 組織犯罪対策4課によると、2007年3月下旬、大田区内で阿蒜容疑者が運転していた乗用車がトラックに追突され、乗っていた沢尾容疑者を含む3人が軽いけがをした。3人とも仕事をしていなかったにもかかわらず、神田容疑者が代表者になっている実体のない会社などで働いていたように装い、損害保険会社に休業損害補償金を申告し、07年6月下旬、計約300万円をだまし取った疑いがある。

阿蒜(あびる)規之

August 20, 2010

◆れきふね

北海道・日高山系の沢で夏山合宿をしていた東京理科大ワンダーフォーゲル部の男子部員3人が流された事故で、道警は18日午前5時前からヘリコプターで一帯を捜索し、行方不明だった3人を相次いで発見した。3人は死亡が確認され、死因はいずれも水死だった。道警が遭難時の状況などを調べている。

 死亡したのは千葉県市川市、宮城島久紀さん(20)、埼玉県上尾市、荒木悠児さん(21)、千葉県柏市、神野博司さん(18)。

 3人は同じ部員の小池真紀夫さん(23)と計4人で9日に入山した。15日午後6時ごろから大樹町にある歴舟川上流の中ノ川でテントを張って野営していたが、同日午後8時半ごろに鉄砲水でテントごと流された。小池さんは自力で岸に上がり、17日に下山して道警に届け出た。

大樹(たいき)町
歴舟(れきふね)川

August 19, 2010

◆さなぎ

18日午後3時10分ごろ、香川県多度津町の佐柳島沖の瀬戸内海に第6管区海上保安本部広島航空基地のヘリコプター「あきづる」(ベル式412EP型)が墜落した。ヘリの乗員5人のうち4人が海底から引き揚げられたが、搬送先の病院でいずれも死亡が確認された。残る1人の捜索が続けられている。

佐柳(さなぎ)島

August 18, 2010

◆さいない

(16日、聖光学院5―2履正社) 10奪三振で2試合連続完投。それでも聖光学院の右腕歳内は開口一番、反省点を挙げた。6回1死から四球を与え、3番山田に左翼席に同点弾を運ばれた。外角低めを狙った直球が内寄りの高めに。完全な逆球だ。「負けていたら、あの1球。勝ったから消えたミス」

 初戦は落ちる球を多投して選抜大会4強の広陵を完封した。これを逆手に、この日は追い込むと直球で攻めた。「三振狙いではなく、詰まらせよう」という意図の球は次々とバットの上を通過した。だが、5回には本塁打も放った歳内が自賛したのは、投球でも打撃でもなく、守備だ。

広陵に履正社。抽選の際、斎藤監督は「あちゃー、と思った」と言う。堂々の8強入りに「守りが崩れなかった。強豪を連破できたのは、泥臭くやったから」。冷静なエースと堅守。4年連続出場の聖光には、強さを裏付ける力がある。

歳内(さいない)

August 17, 2010

◆しぼ

先月、27日午前10時25分ごろ、大阪府高槻市中川町の「芥川」(幅約30メートル)で、子ども3人が流された。高槻署などによると、バイクでそばを通りかかった同市芝生町のふぐ料理店長、野村純さん(45)が気づき、別の男性とともに川に入って約40メートル下流で救助した。3人は病院に運ばれたが、けがはないという。

野村さんは28日、朝日新聞の取材に「夢中で飛び込みました。助かってよかった」と話した。別の男性は署員が到着する前に現場を立ち去ったという。

芝生町(しぼ)町

August 16, 2010

◆ますみ

升味準之輔さん(東京都立大名誉教授・政治学)が13日、膵臓がんで死去、84歳。日本政治学会理事長も務め、著書に「日本政治史」「比較政治」などがある。

升味 準之輔(ますみ じゅんのすけ)

August 15, 2010

◆たから

寶 山左衛門さん(長唄鳴物の人間国宝、本名若林英次)が7日、老衰で死去、88歳。喪主は孫福原百之助さん。

長唄囃子方の福原家に生まれ、太鼓など長唄鳴物を学び、戦後は笛に専念。64年に六代目福原百之助、92年に歌舞伎囃子方の名跡である四代目寶山左衛門を襲名。笛の奏者として高い技量を保持し、93年に人間国宝に認定された。

寶 山左衛門(たから さんざえもん)

August 13, 2010

◆いでい

夏の甲子園序盤戦から

仙台育英―開星 1回裏開星1死一、二塁、出射の三塁手横を抜く二塁打で二塁走者岩田が生還、

本庄一―明徳義塾 6回裏明徳義塾1死、代打座覇は左越えに本塁打を放つ。

九州学院ー松本工 1回1死満塁で、九州学院の富高が134キロの高めのボール球を思い切りたたいた。左中間を深々と破る走者一掃の二塁打を放つ。

興南ー鳴門 興南の我如古は、春の選抜で大会最多タイの13安打。夏は3安打の滑り出し。「暑い方がやりやすい。記録は後からついてくる」

出射(いでい)
座覇(ざは)
富高(とみたか)
我如古(がねこ)


August 12, 2010

◆よべ

10日午前9時15分ごろ、足利市五十部町のJR両毛線五十部街道踏切で、小山発高崎行き普通電車(4両編成)の男性運転士(34)が踏切内に男児が座っているのを発見。急ブレーキをかけたが間に合わず、男児は頭を強く打ち死亡した。乗客約70人にけがはなかった。

 足利署によると、死亡したのは近くに住むペルー国籍で派遣社員、サカモト・ヨシタロウさん(33)の長男オルティーショ・ヒデキ・ヨエル君(2)。両親は同日午前8時半ごろ、ヒデキ君が自宅にいないのに気付き近所を捜索。踏切で電車が止まっているのを見つけ事故に気付いた。現場は自宅から南西約300メートルの踏切。遮断機や警報機はなかった。

五十部(よべ)町

August 11, 2010

◆はぜやま

鹿児島県の高校野球の伝統校、樟南(旧鹿児島商工)を38年間率いた枦山智博監督(66)が引退を発表した。甲子園に春夏計23回出場し、通算26勝23敗。「長年のノックで足などを痛め、グラウンドに立つのもきつい時があった。体力的な面から、後進につないだほうがいいと考えた」。すでに監督は前野球部長の山之口和也氏(43)に引き継いだ。

枦山(はぜやま)智博

August 09, 2010

◆がねこ

第92回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は7日、阪神甲子園球場で開幕する。打者部門で、ヒットメーカーの代表格は我如古(興南)。選抜で個人の大会通算安打タイ記録の13本を放った右打者は、今夏も沖縄大会で打率5割9分1厘と好調だ。大阪大会で4割1分4厘、13打点の山田(履正社)は「目線がぶれないようにすり足を徹底」して、ミートがうまい。打率では山岸(遊学館)が7割5分で群を抜く。小岱(常葉橘)も地方大会で4割5分台をマーク。

「俊足好打」という言葉が似合うのは、地方大会で3三塁打の佐藤貴(仙台育英)と後藤(前橋商)、4二塁打・2本塁打の糸原(開星)。後藤は肩も強く、球速も140キロ台中盤を記録する。外野からの返球は必見だ。

我如古(がねこ)(興南)
小岱(こぬた)(常葉橘)

August 08, 2010

◆またぎ

五所川原市で4日夜、立佞武多祭りが始まった。太鼓が打ち鳴らされ、笛が鳴る。熱気を帯びた「ヤッテマーレ、ヤッテマーレ」のかけ声が街全体を包んだ。ビル7階分にもなる高さ22メートルの大型ねぷた3台は、沿道を埋めた観客を圧倒しながら進んだ。

今年の新作「又鬼」は、猟をしながら山で暮らす雄々しい男の姿を題材にし、自然への感謝の気持ちが込められているという。間近で見ると首が痛くなるほど大きいねぷたに観客は目を丸くしていた。今年の有料観覧席の売り上げは昨年に比べて好調で、4日は桟敷・イス席合わせて1356席が満席。ほかの日もほぼ満席状態だという。

立佞武多(たちねぷた)祭り
又鬼(またぎ)

August 07, 2010

◆しんぼう

大阪・読売テレビの元アナウンサーで、現在同局の解説委員長を務める辛坊治郎氏(54)が、9月30日付で同局を退社することが3日、わかった。辛坊氏は大阪府政に強い興味を持っているという声もあり、来春の統一地方選や2012年に予定されている大阪知事選への出馬をにらんだ判断との見方もされている。

読売テレビの“顔”ともいえる辛坊氏の突然の退社‐。3日、レギュラーを務める情報番組「す・またん!」(月‐金、前5・20)で、自身の退社報道について「事実です」と認めた上で、理由については「9月30日までに辞めないと、年金と退職金が減額されるんですよ」と冗談めかしてけむに巻いた。また、ウワサされる選挙への出馬については「出ません!」と否定しつつも、「将来はわかりませんよ」と含みを持たせた。

 関係者の話を総合すると、辛坊氏はかねて政界、とりわけ大阪府政に強い興味を持っているという。現府知事の橋下徹氏(41)とは、読売テレビのレギュラー番組「たかじんのそこまで言って委員会」で共演しており、親交も深い。一部では、辛坊氏は2012年に予定されている大阪府知事選に出馬し、橋下知事は辛坊氏に“禅譲”する形で出馬をせず、大阪市長選を狙うという見方もされている。

辛坊(しんぼう)治郎

August 06, 2010

◆おにたけ

4日午前10時20分頃、京都府福知山市大江町の鬼嶽稲荷神社の駐車場から、乗用車が約50メートル下の谷に転落した。車には同府宇治市木幡、無職谷田倶晴さん(72)と妻の登喜恵さん(67)が乗っており、登喜恵さんは全身を強く打って死亡した。倶晴さんは腕や顔などに軽いけが。

同神社は大江山(標高833メートル)の8合目にあり、美しい眺めから参拝や登山に訪れる人も多い。

鬼嶽(おにたけ)稲荷神社

August 02, 2010

◆はっさく

京都五花街の一つ、祇園甲部(京都市東山区)の芸妓や舞妓が1日、お茶屋や芸事の師匠らに「八朔」のあいさつをして回った。芸妓らは午前10時ごろから、黒紋付きの礼装で、京舞井上流家元の五世井上八千代さんを訪問。「おめでとうございます」「相変わりませず、おたのもうします」とあいさつを交わした。

強い日差しの下、日傘を差して石畳の道を歩く芸妓らの姿に、観光客らからは「きれい」とため息が漏れ、辺りは華やかな雰囲気に包まれていた。八朔は旧暦の8月1日のこと。この日に、日ごろ世話になっている人に、礼や贈り物をする風習がある。

八朔(はっさく)

August 01, 2010

◆さめがい

中山道の宿場町として栄えた滋賀県米原市の醒井。そこを流れる地蔵川に群生する梅花藻がライトアップされている。ウメに似た花が咲くこの時期、約400メートルにわたって、清流に揺らめく姿が光に浮かび上がる。ライトアップは午後7時30分~午後9時。期間は8月8日までだが、花の見ごろは9月まで続く

醒井(さめがい)
梅花藻(バイカモ)

« July 2010 | Main | September 2010 »

December 2013
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Categories

  • 日記・コラム・つぶやき

Recent Comments

Recent Trackbacks